スポンサーリンク

ぼく勉172話ネタバレ考察感想あらすじ!成幸はあすみにキスを迫られる夢を見る!

漫画ネタバレ

2020年9月7日発売の週刊少年ジャンプ2020年40号で、『ぼくたちは勉強ができない』172話が掲載されました。

 

ぼくたちは勉強ができない172話は、成幸は突如としてメイド姿をしているあすみがキスを迫ってきたので、また悪戯だと思って拒むも、今度はナース姿をしているあすみが迫って来ていました。

 

しかし、この光景は成幸の夢でした。

 

あすみは成幸を起こしに来た際に眠ってしまっていて、目を覚ますと何か呟きますが、先程の夢のせいか成幸はあすみの事をまともに見れていませんでした。

 

そしてこの日はお祭りがありますが、果たしてお祭りではどんな事が起こるのでしょうか。

 

本記事では、ぼくたちは勉強ができない172話『[X]=明日の夜の小妖精編④』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 171話 一覧 173話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ぼくたちは勉強ができない172話のあらすじネタバレ

成幸はメイド服姿のあすみからキスを迫られていましたが、またそうやってからかっているんでしょ、と言います。

 

そうしたら隣から別の声がしたので成幸は振り返るとそこには、ナース服姿のあすみがいて、成幸に迫っていたのです。

 

なんだこれ、と動揺している成幸は意識を取り戻すと部屋の中にいたので、今までのは夢でした。

 

しかも何故かあすみが隣で寝ていたので成幸は大いに驚き、あすみは目を覚ますと、起こしに来てそのまま寝ちゃった、と言いつつ、ドキドキしたか、と何時も通りの口調で言いました。

 

そしてあすみは何かを呟いていましたが、成幸は先程の夢のせいなのかあすみの唇に目がいっていて、全然聞いていませんでした。

 

あすみが、聞いているのか、と言うと聞いていなかった成幸は謝り、あすみは、今日はしっかりしてほしいし、今夜は島の年に一度のお祭りだ、と言ったのです。

 

そして夜になり、成幸達の学校ではメイド茶屋を行う事になりました。

 

成幸はメイド茶屋に釈然としていませんでしたが、他の先生達は、生徒の希望だから構わない、と言ったのです。

 

そうしたら志摩と氷室がメイド服と浴衣を合わせたような衣装を着て現れ、成幸は志摩の姿を見て、少し印象が変わった、と言います。

 

氷室は志摩に、前髪あげた方がいい、と言うと成幸も、とても可愛いと思う、と言ったら志摩は恥ずかしくなって氷室の後ろに隠れたのです。

 

そしてあすみとかすみも志摩達と同じ服装で現れるとあすみは、自分がメイドの何たるかを教える、と言いましたが成幸はまたあすみの唇を見てしまっていました。

 

そしてお店の方は、成幸やあすみがまだよそ者と言う認識がされているのか、人が殆ど来ていませんでした。

 

そこでかすみは成幸とあすみに、チラシを配って、顔を覚えてもらおう、と提案し、2人はその提案に乗る事にしました。

 

成幸はチラシを配りながらも、島の人とはまだ距離があるな、と感じていましたがあすみはチラシを配りつつ、祭りを満喫していたのです。

 

折角のデートなのに少しくらいいだろう、とあすみは言うと手にしていた綿あめを成幸にくっつけると、生徒には言えるのに自分には全然言わない、と意味深な言葉を述べました。

 

何のことだか分からない成幸にあすみは、何時もの冗談だし、その綿あめ間接キスだからな、と言って別の店へと行きます。

 

その際に成幸は、キスならもうした仲だ、と心の中で言いつつ、昔の事を思い浮かべていたのです。

 

あの頃、自分はあすみの事が好きなのではないのか、と思っていた成幸だったが、氷屋の老人が腰を痛めているのをあすみと共に見つけて駆けつけます。

 

老人を心配する成幸達でしたが老人は、よそものの手は借りない、と言い放つもあすみは、いいから見せろと言わんばかりに抑えつけて応急処置をしたのです。

 

そして成幸は氷が入っている鞄を持ち、島への恩返しみたいなものなので誇りも傷つかないと思う、と言うと老人は何か思う事があったのか、届け先は10件あるから走れ、と言いました。

 

氷配りを終えた成幸とあすみは戻ると、メイド茶屋は大繁盛していたのです。

 

その理由は成幸とあすみが老人を助けたからでした。

 

そのお礼に酒を勧められ、成幸は口にしましたが一杯で頭を痛めていてしまい、あすみと2人きりになった際に、その事であすみにからかわれました。

 

そして成幸は不意に、似合っています、と言ったのであすみは急にそう言われたことに驚きつつ、さっきのはいつもの冗談だ、と言ったのです。

 

続けて成幸は、高校時代の時のキスも冗談だったのか、と言うとあすみは、試してみるか、と言ってキスしようとしますが、こんなの卑怯だ、と言って拒むと、みんな心配しているから戻る、と言ってこの場から去っていきました。

 

一人残された成幸は、ボロボロになったドハっちゃんランドのチケットを見つめていたのです。

 

その様子を木の陰からみていた志摩は心の中で、あの2人はどういう関係なのか、と思っていました。

 

ぼく勉を漫画BANKや漫画タウンやzip以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『ぼくたちは勉強ができない』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法です...
スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない172話の感想と考察

島育ちの者達は中々他所から来た人達に対してよそ者扱いして、中々認めたりしませんが、今回の話で認められたみたいで良かったです。

 

それに今回の話で、成幸は色々なコスチュームの姿をしているあすみがキスを迫る夢を見ていましたし、ドハっちゃんランドのチケットを見つめていますし、高校時代にキスしたその頃から成幸はあすみの事を意識し始めているようですね。

 

あすみは出店の一件が終わった後、流れで成幸とキスしようとしていましたが、途中で拒んで去ってしまったのでキスするんだったら、ちゃんとしたムードづくりしてからキスしたいのでしょうね。

 

それだけではなく、2人の関係は普通の関係ではないと志摩に気付かれてしまいました。

 

成幸とあすみが普通の関係じゃないと分かっているであろう人物は、この島では今のところタイチだけかもしれませんが、きっと志摩は女の勘で気づいた可能性がありそうですね。

 

志摩は成幸が島に来てから助けてもらった事で、好意を持っている可能性がありそうですし、しかも一度あすみが勤めている診療所の場所を知っていますので、彼女に直接確かめに行くのではないかなと思います。

 

その際に志摩が察しているような関係ではないとあすみが答えると、自分は成幸の事が好きだと正直に言うのではないかなと思います。

 

<< 171話 一覧 173話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました