スポンサーリンク

彼女お借りします154話ネタバレ考察感想あらすじ!相談役の墨がとった行動は!?

漫画ネタバレ

2020年9月2日発売の週刊少年マガジン2020年40号で、『彼女、お借りします』154話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』154話では、小百合おばあちゃんのお通夜へ向かう和也と和おばあちゃん。

 

淡々と受付をする水原を見て、とても強い女性だと改めて思いました。

 

しかし、それでも何かしてあげたいという思いで思い出したのが、墨の存在でした。

 

本記事では、『彼女、お借りします』154話「思いきりと彼女」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 153話 一覧 155話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

彼女、お借りします154話のあらすじネタバレ

レンタル彼女として一時間だけ、墨とデートをすることにした和也。

 

墨と会うのはビラ配りの時以来です。

 

墨は手でOKの形を作り、映画製作は大丈夫だったかと聞いてきます。

 

墨のジェスチャーだけでも、理解ができる和也は笑顔で答えます。

 

和也は墨に、相談があると伝えます。

 

墨は周りを見渡し、少し感動したような表情で和也に迫ります。

 

和也は顔を赤くしながらも、墨が話を聞いてくれる姿勢に感心します。

 

一旦落ち着こうと和也に言われ、頭を下げる墨を見て癒される和也。

 

喫茶店にでも入ろうと、二人は歩き始めます。

 

 

テーブルにうつ伏せ、静かに号泣している墨。

 

小百合おばあちゃんの話を聞き、墨は泣いているようです。

 

先程から一変し、全然癒されないと和也は青ざめます。

 

勢いよく頭をあげ、水原の名前を言いかけた墨は、慌ててスマホに文字を打ち込みます。

 

墨が喋るかと思った和也は、少しがっかりします。

 

墨が見せてきた画面には、水原のことを心配している内容でした。

 

和也はゆっくりと、水原の様子について話し始めます。

 

唯一の肉親が亡くなり、悲しいはずなのに気丈に振る舞う水原。

 

そんな水原が心配で、何か助けてあげたいけれど笑顔で平気と言われ、何も出来ずにいます。

 

友達に、一人で生きていける女は居ないと言われたが、水原は生きていけるのではないかと和也は思っています。

 

それで、墨なら水原の気持ちがわかるかもと思い、今日相談しに来たと話します。

 

墨はダージリンティーを一気に飲み干し、和也の手を引いて喫茶店を出ます。

 

 

和也が連れてこられたのは新宿駅です。

 

訳も分からず混乱している和也をよそに、改札を通っていく墨。

 

墨はきょろきょろとしたかと思うと、人差し指を一本たて和也の方を振り向きます。

 

一番線のことかと察し、時刻表を見ると行き先は湘南です。

 

まさか海に行くのかと驚いていると、墨はスマホを取り出し、悩みには海がいいと書かれた画面を見せてきます。

 

あまりの思い切りの良さに戸惑う和也。

 

そもそも今日は一時間の約束だと話すと、墨はスマホをカバンにしまいます。

 

自分も水原の為に何かしたい、ここからはお友達だと顔を真っ赤にして声を発する墨。

 

墨が喋ったことに驚き、固まっている和也。

 

海に行くと決めた墨の背中は、覚悟が決まっていました。

 

スポンサーリンク

彼女、お借りします154話の感想と考察

墨に相談するために、レンタル彼女を利用した和也でした。

 

久しぶりにこのシステムを見て、ああそうだったなと思い出しました。

 

相談してくれると分かり、気合が入っていた墨でしたね。

 

やはり相談されるイコール頼られていると思い、少し嬉しいですよね。

 

ある程度の信頼もないと相談はされません。

 

それで墨は嬉しくなったんでしょうね。

 

水原のことを心配し、和也から水原の様子を聞いた墨は、何をどう思ったのでしょう。

 

誰がみても、今の水原は無理をして気丈に振る舞っていると思います。

 

しかし和也は、水原を強い女性だと思っていますが、それは女と男の思考の違いなのか、それとも和也は、水原のことが好きだからこそわからなくなっているのか、どちらなんでしょうね。

 

傍について助けてあげたいけれど、一度断られたので臆病になっているのでしょうか。

 

水原の気持ちが少し落ち着くまで、時間も必要だとは思います。

 

とても難しい問題ですよね。

 

そんな和也を海に連れて行こうとする、墨の思い切りの良さと行動力に驚きました。

 

いつもとは違い、和也を引っ張って行っている姿はとても逞しいですね。

 

確かに人は悩むと海に行く傾向があります。

 

あれは何でなのか不思議です。

 

広大な海を見て、気持ちを落ち着かせるためでしょうか。

 

臆病になっている和也の背中を押すためでしょうか。

 

あの墨がスマホではなく、自分の口で喋ったことにも驚きました。

 

海に行き、和也の悩みは解決するのでしょうか。

 

次回も楽しみです。

 

<< 153話 一覧 155話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました