スポンサーリンク

あやかしトライアングル10話ネタバレ考察感想あらすじ!ルーシーと意気投合する祭里

あやかしトライアングル

2020年8月31日発売の週刊少年ジャンプ2020年39号で、『あやかしトライアングル』10話が掲載されました。

 

あやかしトライアングル10話は、祭里はアプリゲームであるスイッチON陽師をしていると、ルーシーもスイッチON陽師の事を知っていたので、2人は意気投合します。

 

そして体育の時間が近いので、着替えようと言う事になりましたが、すずは祭里は女子の姿を良い事に一緒に着替えようとしているのかと考え、自分が盾になって皆を守ろうとしていたのです。

 

シロガネもまた祭里から巻物を奪い取ろうと目論んでいました。

 

それぞれの思惑が蠢く中、それを知らない祭里はどうなるのでしょうか。

 

本記事では、あやかしトライアングル10話『視える、視えない』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 9話 一覧 11話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

あやかしトライアングル10話のあらすじネタバレ

学校でアプリゲームをしている祭里にルーシーが声をかけてきて、そのゲームはスイッチON陽師じゃないか、と聞きます。

 

祭里は、知ってるの、と驚き気味に言うとルーシーは、結城先生の漫画はデビュー作からコンプリートしている、と答えたのです。

 

結城の漫画が100冊以上あるので、全部持っているというルーシーに驚きつつも、結城の漫画は男向けだし青年誌向けの過激なのも描いたりしているだろ、と言う祭里。

 

対するルーシーは、エログロは歓迎だし、面白さに性別は関係ない、と笑みを浮かべながら言うと、女子でスイッチON陽師が分かる人は初めてだ、と嬉しそうに言います。

 

それは祭里も同じなので、完全に意気投合していたのです。

 

祭里はルーシーと趣味合うんだ、と遠くからポッキーを食べながら呟くすず。

 

そこへ弥生がやって来て、次は体育だよ、と言うと祭里は、着替えないとな、と言って動き出します。

 

すずは、女子の姿なのをいい事に堂々と着替えるつもりなのか、と祭里に向かって言ったのです。

 

流石にそれは駄目でしょ、と思いつつ、ここは自分が祭里の前で着替える事で皆を守ろう、と決意しますが考えている事はハレンチなので赤面していました。

 

密かに後をつけていたシロガネは今のすずを見て、またハレンチな事を考えているようだが、ああいう奴だからこそ妖巫女なのか、と心の中で呟いていました。

 

そしてシロガネは、祭里は制服の時には背中に巻物を入れているから気が散る着替えの際に奪おう、と考えていたのです。

 

しかし、祭里は早着替えで体操着に着替えて去っていったので、あてが外れたシロガネは悔しがっていたのです。

 

すずも、ちゃんと考えていたんだ、と感心しながらもさっきまでハレンチな事を考えていた自分を恥じていました。

 

そんな中、ルーシーが、祭里のお腹、と呟いたのですずは、普通な人には視えないはずの性転紋が視えたのか、と思います。

 

しかし、ルーシーは、祭里のおへそを撮ろうと思ったのに、と言ったのですずは、危なっかしいからやめなさい、と注意します。

 

そしてルーシーは、操作ミスで撮れたけど、巻物みたいなのは何なんだろう、と言ってすずと弥生に見せたのです。

 

一体どう説明すれば、と悩むすずだったが、授業中のランニングの際に祭里が、自分の家は忍者の末裔だからこれは秘伝の巻物だ、と誤魔化します。

 

この説明にルーシーは、合点がいった、と言い、弥生も、そう言う設定か、と感心したので何とかなったのです。

 

すずは、本当の事は言えないもんね、と心の中で言いつつも、視えない人には何も言えないからね、と悲しい表情をしました。

 

そうしたら祭里の揺れている胸に目が行っている男子がいたので、弥生とルーシーが注意したので彼らはすたこらさっさと走り去っていきました。

 

祭里は、普通の人には妖は視えなくて当然だけど、この2人にだけは少しでも視えていいのに、と心の中で呟いたのです。

 

そして帰宅時間になり、帰ろうとするのだが祭里のスマホから妖注意報が鳴り、小美呼市の北彩高校付近に空間の歪みが出たから該当地区の組合員は警戒しろと言う情報が載せられたのです。

 

そんな中、ルーシーがやって来て、筋森先生が校庭で筋トレをやっているのを写真に撮ったら心霊写真が撮れた、とハイテンションの様子で2人に写真を見せます。

 

しかし、その心霊写真の正体はルーシーにとりついている妖である異魂の仕業でした。

 

異魂は人間への外的な攻撃力はないが、放置したらルーシーの魄を吸い取って正中するから何とか追い出さないといけない、と考える祭里は、ルーシーの漫画コレクションが見たい、と言い出します。

 

すずと弥生も便乗してきたのに対し、ルーシーは、どうせ明日は休みだし、と言いつつも、自分の家は広いから皆でお風呂に入れる、と言います。

 

この事を知った祭里とすずは驚き、シロガネは、ハレンチの予感、と心の中で呟いたのです。

 

スポンサーリンク

あやかしトライアングル10話の感想と考察

最近色々な事があり過ぎてすっかり忘れていましたが、シロガネは祭里の巻物を常に狙っているみたいですね。

 

背中に巻物を入れているという事をシロガネは分かっていましたが、きっと祭里も分かっていて早着替えをしたのではないかなと思いましたね。

 

シロガネなら更衣室で油断している隙に奪うだろうと考えていたのと、自分は男だから更衣室に長くいたらすずに怒られるだろうなと思って、早着替え出来るように練習していたんじゃないかなと思いましたね。

 

次回11話はルーシーの家に行き、お風呂に入りつつも妖を祓う事になると思います。

 

正直、お風呂シーンなのでサービス回にはなると思いますが、祭里とすずにとっては色々不味いでしょうね。

 

祭里は今でこそなりは女性ですが、元は男性なので女性同士のお風呂に入るのは抵抗があると思いますし、それ以前に彼女達に気付かれる事なく妖を無事に倒せるかどうかも分からないので不安だと思います。

 

すずも祭里がルーシー達と共に更衣室に入る事だけでシロガネが言うようにハレンチな事を考えていたので、お風呂に一緒に入る事を考えたら余計にハレンチな事を考えてしまうかもしれませんからね。

 

それだけではなく祭里がルーシー達の体を見て、彼女達を意識してしまうのではないかと言う不安もあるのでしょうね。

 

<< 9話 一覧 11話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました