スポンサーリンク

キングダム651話ネタバレ考察感想あらすじ!激突と駆けつける増援!

漫画ネタバレ

2020年8月27日発売の週刊ヤングジャンプ2020年39号で、『キングダム』651話が掲載されました。

 

キングダム651話は、什虎城から軍を率いてきた満羽軍3万と蒙武軍3万が、激しい戦いを繰り広げていました。

 

総大将の満羽が蒙武が疲弊する前に敵陣へと攻め上がり、兵士達と馬を真っ二つにしながら進んでいたのです。

 

満羽の姿を見た蒙武は討たなければいけない敵だと認定して、100の兵士と共に満羽の元へと向かいました。

 

そして早く戦がしたくてうずうずしている千斗雲は合図が出ていないのに勝手に出撃し始めたので、戦況は一体どうなってしまうのでしょうか。

 

本記事では、キングダム651話『援軍きたる』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 650話 一覧 652話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

キングダム651話のあらすじネタバレ

什虎城から出てきた満羽達8万の軍勢のうち、満羽軍3万と蒙武軍3万が激突しました。

 

蒙武が前へ出て敵兵達を薙ぎ倒し、他の兵士達も後に続こうと奮闘します。

 

しかし、蒙武だけではなく満羽も前へ出ていて、大きな槍を片手で振るう事で多くの兵士達を薙ぎ払っていたのです。

 

この光景を見た兵士達は満羽の事を、蒙武並みかそれ以上の大きさだ、と思っていました。

 

満羽は、自分が総大将だから遠慮せずにかかってこい、と言ったので兵士達は我先と向かっていきますが、満羽は槍を振るって多くの兵士及び馬をいとも簡単に真っ二つにしたのです。

 

それでも怯む事無く兵士達が満羽の元へと向かっていましたが、近衛兵団の迅戈達が駆け付けて、兵士達を倒しました。

 

満羽は、来るのが早すぎる、と言うと近衛兵団の者は、寿胡王の合図もなく出ていかれては困る、と言ったのです。

 

対する満羽は、そういうなよ、蒙武は体力配分をしていないし、疲れる前に戦いたい、と言うのでした。

 

蒙武の方でも、満羽に関する情報が届いており、蒙武は満羽を一目見て、野放しにしていては危険だと判断し、満羽を先に討つ、と言って満羽の元へと行きます。

 

本陣にいる蒙毅は、あの包囲陣に飛び込んだのは左右の敵の挟撃にはまる前に前方突破して敵本陣を討つ筈だったのに、それを辞めてまで先に討つべき敵が現れたのか、と心の中で呟いていたのです。

 

同時に、左右にいる軍勢が一切動かないのは何か作戦があるのか、中央軍だけで勝てると踏んでいるのか、と考える蒙毅。

 

左に陣取っている千斗雲率いる軍勢は、早く戦いたい、と思っている千斗雲が合図を待たずに動き出してしまったので、動かざるを得ませんでした。

 

寿胡王の陣でもその事を伝えられ、兵士は寿胡王に、玄右の軍勢も動かすか、と進言すると、玄右は戦況を見ていたら、左奥から何か来る、と呟きました。

 

左奥から来たのは、騰と録嗚未が率いる2万の軍勢でした。

 

軍勢を見た蒙毅は、騰は什虎城の戦いが厳しいと判断したのか、と呟きます。

 

騰は、什虎は重要拠点ではあるが、楚に吸収された国々の大将軍である満羽、千斗雲、玄右、寿胡王が根城にしているからどの国にも手にいられずにいると言います。

 

録嗚未は、そんな連中がいるのにどうして大戦には顔を出さないのか、と呟くと騰は、あの4人には忠義心がないから王都の連中からすれば都合がいいのだろう、と言ったのです。

 

録嗚未は、この軍勢を破ってから城攻めするにはあと倍の軍勢が必要だ、と呟くと騰は、今動かせる軍勢はこれで精一杯だし、怖いのなら戻ってもいい、と言います。

 

対する録嗚未は、楽しくなってきたって話してんだよ、と返したのです。

 

そして騰と録嗚未の軍勢1万ずつが左右に向かっていったので、蒙武軍が包囲されずに済むも、蒙毅は、数で劣っているから魏軍が来ないと什虎は取れない、と心の中で呟いていました。

 

そうしたら項翼と白麗がそれぞれ1万5千の軍勢と共に、戦場へと駆け付けたのです。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム651話の感想と考察

満羽は正直言って、化け物でしたね。

 

武器を振るう際に、人が真っ二つになる描写はどの漫画でもよくある光景ですが、今回の話では人のみならず馬までも真っ二つとなったので正直驚きを隠せませんでしたね。

 

満羽だけじゃなくて、千斗雲と玄右も満羽と同じくらいの力量だったらかなり厄介といっても過言じゃありませんね。

 

それに千斗雲は満羽よりも先に蒙武を始末しようと命令もなしに勝手に動き出しましたが、参謀の立場にある寿胡王が何も言わないということは基本的に千斗雲の力量なら好き勝手にやってもそれなりの戦果があると思っているのだと思います。

 

もしくは言っても聞かないから、注意するのを半ば諦めているのでしょう。

 

そしてこれだけ強いのに、楚の満羽達に対する扱いの悪さには驚きでしたね。

 

楚からすれば、満羽達は獰猛な虎としか見えていないからいずれ牙をむかれるよりも、他国から攻められやすい什虎城に置いていたほうがいいだろうと考えているのだと思います。

 

それに満羽達も、戦争がとても好きな様子なので攻められやすい城にいれば、強い敵がわんさか来ると思っているはずなので、お互いにウィンウィンなのでしょう。

 

戦況は援軍が駆け付けたとはいえ、秦の方が不利なので魏が動くのかどうかにかかっていると言えるでしょう。

 

<< 650話 一覧 652話 >>
https://jpp-zoo.jp/archives/7160
https://jpp-zoo.jp/archives/6712

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ キングダム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました