スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい189話ネタバレ考察感想あらすじ!手を抜いたのか確かめたいかぐや

漫画ネタバレ

2020年8月27日発売の週刊ヤングジャンプ2020年39号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』189話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜189話は、石上の成績が上がっているのを見たつばめは急にどうして勉強を頑張るようにしたのかと聞くと、石上はつばめと肩を並べられる人間になりたかったからと言い、つばめは嬉しそうにします。

 

一方で白銀は語学の勉強に力を入れているため、成績は12位となり、かぐやがマキと共に1位となっていたのです。

 

かぐやはその事を柏木に話すと、柏木は白銀はかぐやと付き合ったから手を抜き始めたと言い出したので、不安を覚えたかぐやは白銀に大事な話があるとラインを送りました。

 

果たして、白銀は手を抜き始めたのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜189話『かぐや様はきかせたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 188話 一覧 190話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい189話のあらすじネタバレ

石上の成績を見たつばめは、引きレベで順位が上がってる、と言うと石上は、引くレベルって意味ですか、と言います。

 

つばめは、どうして急に勉強を頑張ろうとしたの、と聞くと石上は、うばめと肩を並べられる人間になろうと頑張った、と答えたのでつばめは嬉しそうな表情をしたのです。

 

一方で、2年生の方ではかぐやがマキと同率で1位となっており、白銀は12位となっていましたが白銀は特に動揺していませんでした。

 

マキは、調子悪かったの、と聞くと白銀は、今回は試験対策していなかったし、半年後にはアメリカの大学に行くから向こうで生活できるように語学の勉強に力を入れている、と答えました。

 

それだけじゃなく今まではかぐやと対等でいるために勉強をしてきたが、今はその必要がなくなった、と答えたのです。

 

それからかぐやはその話を柏木に話したら、柏木は、男は釣った魚に餌をあげないということですよ、と怒った表情をしながら言います。

 

続けて、自分の彼氏も最初はラインの返信が早かったし、我儘も聞いてくれたのに最近は面倒くささを隠せてないし、今の白銀もかぐやと付き合いだしたからだんだん手を抜き始めているんだ、と言う柏木。

 

しかもかなり捲し立てながら言っていたので、かぐやは圧倒されていました。

 

そして不安に感じたのかラインで、大事な話があるから生徒会室に来てほしい、と送りました。

 

白銀は言われた通りに生徒会室に来たが、もしかしたら付き合い始めて成績落ちたから受験終わるまでデートせずにいようと言おうとしているのか、それともかぐやより低い点数を取ったから軽蔑されるのか、とネガティブな事を考えていたのです。

 

やがてかぐやがやって来て、柏木が言っている事は本当なのかを確かめるために、何か飲み物を買ってきてほしい、と言います。

 

しかし、ちゃんと買ってきてくれればいいけど、自分で買いに行けと言われてしまったら、と心の中で呟く不安な表情なかぐや。

 

そうしたら白銀は水筒を持ってきたので、思っていたのと違う、と呟くかぐや。

 

もっと別の攻め方をしなければ、と思ったかぐやは、石上が溜めている仕事を電卓を使わずに手伝ってほしい、と頼みます。

 

電卓使った方が良くないか、と白銀は言うもかぐやが譲らなかったので、順位が下がったから算数の勉強でもしなさいって事なのではないか、と思い、渋々やることにしました。

 

かぐやは、通った、と内心喜びましたが、この我儘では仕事が大事なのか、自分が大事なのか分からない、とも思っていたのです。

 

そして、試験勉強で疲れてしまったから足をマッサージしてほしい、と頼むかぐや。

 

白銀は、何で足なんだ、と呟きつつもここまでの経緯を考えると、自分はかぐやに完全に見下され、下僕としか見られてないのではないか、と思っていたのです。

 

そしてかぐやは謝罪すると、柏木とした話を白銀に洗いざらい話しました。

 

話を聞いた白銀は、かぐやから見放されたと思っていたから焦った、と汗をぬぐいながら言います。

 

かぐやは、そんな事をするわけないし、クリスマスの時に完璧じゃない白銀を見せてほしいと頼んだし、それで今回少し背伸びをやめてくれた、と言うと、その事に早く立ち返るべきだった、と言って謝罪したのです。

 

そのお詫びとして足のマッサージをしてあげる、と良い笑顔をするかぐや。

 

白銀は遠慮するも、かぐやは問答無用と言わんばかりにマッサージを開始し、足の裏が弱い白銀は笑っていました。

 

この光景をたまたま見た伊井野は、白銀は彼女に対しては王様系なんだ、と心の中で言ったのです。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい189話の感想と考察

白銀が成績を1位から12位にまで落ちてしまい、かぐやが1位になりましたが、それでも仲が変わらない様子で良かったと思いましたね。

 

所々で誤解が生じたりしていましたが、それでも2人の仲は不変なのでしょうね。

 

かぐやも柏木の言葉を受けて、白銀は自分に対して真剣じゃなくなりつつあるのではないかと疑いこそすれども、信じたいという思いもあると感じがしましたね。

 

かぐやは1年の頃から白銀の事を見ていたが、白銀が常に自分と並び立つために真剣だったのも知っていますから、すんなりを受け入れずに試したのでしょうね。

 

むしろ、柏木が言っている事が間違いとは言いませんが、中には付き合って暫くしてからもちゃんと努力している人はいるはずなので、そういう人達に謝ってほしいなと思いました。

 

そして白銀が半年後にアメリカに行く事になりますが、アメリカに行った後にかぐやへの扱いが悪くなる可能性があって、不安ですね。

 

白銀はそんなことはしないとは思いますが、アメリカでの生活に馴染まないといけませんし、色々な手続きをしないといけませんので、大変な日々を送ることになり、かぐやへの対応が後回しになる可能性が高いと思います。

 

それ故にアメリカに行った後も、ちゃんと連絡とかしてほしいですね。

 

<< 188話 一覧 190話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました