スポンサーリンク

少年のアビス22話ネタバレ考察感想あらすじ!引き寄せられた二人

漫画ネタバレ

2020年8月27日発売の週刊ヤングジャンプ2020年39号で、『少年のアビス』22話が掲載されました。

 

『少年のアビス』22話は、東京へ行くことを断念させられたチャコは家を飛び出し、令児の元へ走りました。

 

絶望に落ちていくチャコに令児は何を思い、何を話すのでしょうか。

 

本記事では、『少年のアビス』22話『光』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 21話 一覧 23話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

少年のアビス22話のあらすじネタバレ

チャコが進学しようとしていた大学で起きた事件の影響で、家族に東京の大学に行くことを許されなくなったチャコは部屋で一人涙を流した後、家を飛び出しました。

 

部屋では似非森に渡した感想文の返事を抱きかかえていたチャコでしたが、向かったのはその似非森の家ではなく、令児の家でした。

 

急に来たことに、驚いた令児は忘れ物をしたのかと思いましたが、突然涙を流すチャコに似非森に何かされたのかと尋ねます。

 

先日玄と訪れた公園に向かった二人は、滑り台の上で話しました。

 

今までと逆で、令児が東京に行くことになりチャコがこの町を出られないと言うチャコ。

 

まだ受験まで1年以上あるし、それまでに説得すればいいと言う令児ですが、東京に行かせるなと言ったのが『おじいちゃん』であることをチャコは主張します。

 

東京に行かせるのをやめると決めたのはお父さん、それをチャコ本人に伝えてきたのはお母さんと言うチャコは、自分の決定権を持つ人が直接自分に行ってこない事をどうしてだと思うと令児に問うチャコ。

 

気まずいからと答える令児に、チャコは冷たく、なめ腐ってあたしを人だと思っていないからと言います。

 

先日、お客さんが言った、『東京に行ったら向こうで立派な婿さん見つけて恩返ししないと』と言ったことに対してお父さんが笑っていたこともチャコは引っかかっていました。

 

お父さんもそのつもりで、大学に行けるのは自分のおかげで自分の元に戻ってくるのが絶対条件であり、かわいい大事な一人娘でありながらも絶対に対等には話さないのはペットとして扱っているからだとチャコは言います。

 

スマホの電源を切っている今も心配して電話しているものの、お母さんに電話しろと言ってさせていると思うと、チャコは続けます。

 

毎日言われたことをただこなすだけのお母さんに対しても、どんな気持ちで東京に行かせないという死刑宣告をしてきたのか、感情はあるのかとぼやきます。

 

帰ってからの事も全て想像できるとチャコは言います。

 

誰も何も言わず食卓を囲み、おじいちゃんがテレビに文句を言い、それをチャコがつっこんだり笑ったりするか試そうとするチャコ。

 

『いつも通り』を演じればチャコは怒ってない、聞き分けの良いペットで良かったとみんな内心ほっとするのだろうと言いつつ、東京に行かせてという主張を叫び団らんを壊したら、聞こえない見えない存在にして自分を殺すんだろうとチャコは絶望へと向かう一方でした。

 

泣き出すチャコの話を黙って聞いていた令児は、殺される前に一緒に死のうかと言い、思わず出てしまった言葉にナギを思い出し、すぐに冗談と否定しました。

 

『春の棺』を読んだ?と尋ねるチャコでしたが、令児は読んだことがありませんでした。

 

けれどその言葉は『春の棺』の主人公みたいだったとチャコは言いました。

 

玄関を飛び出して向かおうとした先は似非森のところだったけれど、気がついたら令児の家に走っていたと言うチャコに、令児はただ一言良かったとだけ言います。

 

本気で死にたくなったら一緒に死んでくれるの?とチャコは聞きましたが、それを令児は即否定しチャコには死んでほしくないと言いました。

 

令児の中でチャコは、自分が汚れていたり怪我したりしても気持ち悪がらずに接してくれて、チャコがいじめに遭っていてもいつか終わると笑っている、自分が知っているたった一人の明るい光のような存在でした。

 

チャコがもしも殺されそうになったら、何をやってもオレがこの町から出してやると宣言した令児。

 

涙を流し頷くチャコは自然と引き寄せられるように、それは令児も同様に何の躊躇も無くキスをしました。

 

少年のアビス最新刊含め無料で全巻全部読める?rawや漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『少年のアビス』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

少年のアビス22話の感想と考察

令児がチャコに対して、たった一人の明るい光のような存在と言っていましたが、読者も同意だと思います。

 

最近は陰りというか令児の知らない闇の部分も見せていますが、それでも作中チャコが希望のような存在に見えていました。

 

男女の友情がずっと続く二人と思っていましたが、まさかの展開でした。

 

最後に令児は驚いていたようですが、そんなつもりじゃなかったとか謝りそうな雰囲気もありますが、そこは堂々としていて欲しいところです。

 

心中を持ちかけたときにナギを思い出したのは、令児にとっても作品としてもナギは『死』の象徴的存在というか闇へ誘うものとして在るのかもしれません。

 

だから令児は自分がそうなってはいけないとすぐに否定したのかもしれません。

 

チャコに対しては漢を見せる令児ですが、まだまだ隠している事はたくさんあります。

 

それを知ったときにチャコは何を思いどう動くでしょうか。

 

チャコが自分の家の事を話していたときに、決定権を持つ人が直接伝えないで母を介して伝えられるという事を言っていましたが、自分も同じような境遇の家で、父は一切何も言わず全て母を介して話すという感じだったので、チャコの家での様子がなんとなく想像できました。

 

一線越えた二人が次にどんな反応を見せるのか、次回が楽しみです。

 

<< 21話 一覧 23話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 少年のアビス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました