スポンサーリンク

ブラクロ261話ネタバレ考察感想あらすじ!アスタの前に現れるフードを被る者!

漫画ネタバレ

2020年8月24日発売の週刊少年ジャンプ2020年38号で、『ブラッククローバー』261話が掲載されました。

 

ブラッククローバー261話は、ヤミを攫われてしまったアスタ達は一度王都に戻り、治療を受けますが悪魔の力を使ったアスタの右腕は元には戻りませんでした。

 

グレイによって治療されたゴーシュの傷は、とっくに治っていてしかも組織も組み変わっていたのです。

 

そして眠っていたアスタは目を覚ますと、ヤミを攫われた時の事を思い出して気持ちに焦りが出始めたのか、助けに行こうと向かいます。

 

そうしたら何故か体が動かなくなってしまっていて、しかもフードを被っている男性がやって来たのです。

 

果たして、フードを被っている男性は何者なのでしょうか。

 

本記事では、ブラッククローバー261話『夜の影』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 260話 一覧 262話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ブラッククローバー261話のあらすじネタバレ

ダンテに勝利したのも束の間、ゼノンによってヤミを連れていかれてしまったアスタ達は王都へと向かい、オーヴェンの治療を受けます。

 

オーヴェンは、アスタの怪我に関しては命に別状はないが、悪魔の力を使った代償として黒くなった右腕は治せない、と口にし、金色の夜明け団の方も壊滅しているから他の回復魔導士にすぐ診せる事は出来ないと言います。

 

 

それ故に、アスタ達の怪我が軽傷で良かった、と言うオーヴェンだったがフィンラルは俯いた状態で、アスタとヤミが守ってくれたから、と言ったのです。

 

グレイはオーヴェンに、ゴーシュの事をちゃんと調べてほしい、と頼み、オーヴェンは調べてみると、本当に大剣に貫かれていたようだけど回復はしているがそのレベルを超えて組織が組み変わっている、と言います。

 

同時に、グレイの魔法の本質は変身ではない、と確信を持っているオーヴェン。

 

暫く間を置いてからオーヴェンはフィンラルとバネッサに、後日また団長会議が開かれるから皆に出来る事はしっかりと休む事だ、と諭したのでした。

 

その夜、アスタはふと目を覚ますと隣に置かれてあった魔導書を手に取ると、ヤミの刀が出現したのです。

 

その刀を見て、ヤミが連れ攫われたのを思い出したアスタは一人でヤミを助け行こうと病院から出ていき、外を走ります。

 

そんな中、急に体が動かなくなってしまったのでアスタは困惑していると背後からフードを被っている男性が現れ、何処へと行くのか、問い詰めたのです。

 

アスタは、今動けないのは男性の魔法によるものだ、と心の中で察すると共に、ヤミを助けに行く、と言いました。

 

対する男性は、アスタ一人じゃ無理だし、アスタが行こうとしている場所にはアスタ一人では手も足も出なかったダンテを始め、ゼノン、ヴァニカと実力者が集っているし、悪魔にも見限られているし、腕の事も分かっていないのに動くのは無謀だ、とアスタに言います。

 

それでも、自分がこうしている間にヤミが酷い目に遭っているから行かないといけない、と言って退かないアスタ。

 

そんなアスタに呆れたのか男性は、ヤミは粗暴で乱暴で凶暴で不真面目で不道徳で不誠実な男だから助ける価値もないし、負けてしまった大馬鹿野郎だ、と罵りました。

 

敬愛しているヤミを侮辱されたと感じたアスタは、滅魔の剣を出現させて斬りかかろうとするも、男性は地面から無数の手を出現させてアスタを押さえつけ、自分に勝てないようではヤミは助けられない、と言い放ちます。

 

その言葉で悪魔の言葉を思い出したアスタは涙を流しながら、自分がもっと強かったら、と言ったら男性は、アスタは愚かだけどいい人間だから自分は好きだ、と笑みを浮かべながら言ってフードを脱ぐと、ヤミはまだ生きている、と言ってヴェーグを出現させたのです。

 

アスタは驚愕な表情をしながら、何者だ、と聞くと男性は、自分は黒の暴牛副団長のナハトで、アスタが望むなら悪魔の力の使い方を教える、と言うのでした。

 

ブラッククローバー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやraw以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ブラッククローバー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ブラッククローバー261話の感想と考察

負傷したアスタは手当てを受けていますが、右腕が治らないと言う事はこれが悪魔の力を使った代償になり、やがてダンテ達みたいになっていく事になるのではないかなと思いましたね。

 

金色の夜明け団の者達の事も知らされましたが、ノエル達の事が一切触れられていないことが気がかりですね。

 

そして黒の暴牛の副団長であるナハトが現れ、ヤミを助けに行こうとしたアスタに対してヤミの悪口を言っていましたが、これはアスタにまだ戦う気概があるかを確かめるためだったと思いましたね。

 

黒の暴牛にいる者達はヤミに救われ、誘いを受けたから所属しており、ナハトもまたヤミに誘われて騎士団に属していると思いますので、敢えて悪口を言って、気概があるかどうかを確かめたのでしょう。

 

次回262話は、アスタがナハトから稽古を受けることになるでしょう。

 

今回の話で、これからどうするのかの会議が始まっていくと思いますが、アスタにとっては一刻も早くスペード王国に行きたいと思っているはずです。

 

しかし、ナハトにも言われ、悪魔にも言われましたが、今の自分の力ではヤミ達を助けるどころか、一矢報いる事も不可能なのは分かっていると思います。

 

それ故に強くなれるならとナハトの申し出を受け入れ、稽古をつけてもらう事になると思います。

 

<< 260話 一覧 262話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました