スポンサーリンク

ドクスト162話ネタバレ考察感想あらすじ!Dr.クロムのトンネル大作戦!

漫画ネタバレ

2020年8月24日発売の週刊少年ジャンプ2020年38号で、『Dr.STONE(ドクターストーン)』162話が掲載されました。

 

ドクターストーン162話では、Dr.クロムの考案した「土木採掘 輪転式 ループナイフ」=ドリル作りが本格化します。

 

負傷した千空の代わりに、トンネルを掘るためのロードマップを爆誕させたクロム。

 

一方、ゼノ達も秘密の科学アイテムを作成中。

 

2週間というリミットの中、科学のクラフト勝負が加速します。

 

本記事では、ドクターストーン162話「土まみれの道を」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 161話 一覧 163話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドクターストーン162話のあらすじネタバレ

槍を構える氷月の手。

 

緊迫した表情の司。

 

涙目で声を荒げるクロム。

 

氷月は危機迫った表情で得意の槍術を繰り出します。

 

クロムを貫いたと思われたその槍は、クロムを通り過ぎ土の中に突き刺さりました。

 

コハクの提案で、氷月の槍で穴を掘っていたのです。

 

その威力にクロムも興奮。

 

しかし、氷月は自身の槍術が汚されている気がしてなりません。

 

そんな氷月にコハクは言います。

 

土にまみれながら進む地道な歩みは美しいものだ、と。

 

そんな中、この先の岩盤を破るためにはどうしてもドリルという科学の刃がいると言う司。

 

その工作はカセキに委ねられていました。

 

その頃カセキは、ペルセウス内の工房でクロムに頼まれたものを作っています。

 

巨大な釘のようんものの周りにねじれるように刃先がついた、カセキ曰く「グルグル刀」。

 

それを見たモズや松風は、それを敵に直接使って倒すものと考えます。

 

使い道を知らないカセキも、作りながら同様に人を殺すものと思いドン引きしたと話しています。

 

そんな3人に対し、冷静に「土を掘るんでしょ」と突っ込む南。

 

この科学の刃を、ラボカーと共にクロムの元まで届けなくてはなりません。

 

トンネルを掘るという大工事に、届けた人はそのまま工事に加勢した方がいいと考える二ッキー。

 

しかし、大人数になってしまうと敵に見つかるリスクが高くなります。

 

そこで、たった1人で100人力の男の出番だと指を鳴らす龍水。

 

その声に立ち上がるのは大樹。

 

出発前に大樹は、病床に伏す千空を見つめ、ルーナと杠に千空のことを頼みました。

 

そして、大樹はラボカーに乗りペルセウス号から出発していきます。

 

その様子を見ていたマックスとカルロス。

 

どちらが車の後を追うのか揉めていると、車の音が2人に近づきます。

 

何と、大樹自ら2人に声をかけに来ました。

 

驚く2人をよそに、律儀に挨拶をする大樹。

 

そして、2人が監視役だと察し、車を追ってくるなら一緒に乗っていけばいいと言います。

 

さらに驚く2人でしたが、結局カルロスが大樹と車に乗ることに。

 

カルロスは大樹にルーナは無事かと聞きます。

 

大樹はルーナが千空を護ってくれていると話し、そんなルーナを酷い待遇にはしないと断言します。

 

日本語がわからないカルロスですが、大樹が悪いやつではないことは感じ取ります。

 

そんな大樹が車を運転していますが、免許を持っていないため運転がとても荒く木という木に衝突。

 

そんな大樹に変わりカルロスが運転することになりました。

 

一方ペルセウス号では、大樹の車が監視に尾けられたりしないかと心配する金狼。

 

それに対し龍水は、ゴール前に羽京と合流させ、その耳でとらえる寸法だと話ます。

 

しかし、羽京の耳どうこう以前に一緒に車に乗ってやってくる2人。

 

クロム達の元に着いたカルロスは、木に縛りつけられてしまいます。

 

カルロスはそこで、トンネル作戦を知り目を見開きます。

 

高校生くらいのクロム達が、トンネルを掘る準備をしている姿に驚きを隠せないカルロス。

 

次第に目を奪われていきます。

 

大樹が力業で土壁を掘ろうとしますが、歯が立ちません。

 

そこに登場したのがクロム作ロードマップで完成したドリル。

 

大樹×ドリルで壁を打ち破ることに成功。

 

ここからゴールまで一歩一歩、土まみれになりながら掘り進んでいくのです。

 

スポンサーリンク

ドクターストーン162話の感想と考察

今回も寝たきりの千空。

 

千空も心配ですが、千空の代わりにクロム・大樹が大活躍の回でした。

 

敵と一緒にトンネル作戦実行の最前線へ向かう大樹。

 

大樹の敵を敵だとも思わない態度には、いつも驚かされます。

 

悪いことをした事自体にはしっかりと否定する大樹ですが、その人自身を悪い人とは思っていないように見えます。

 

そんな大樹に、懐の広さを感じます。

 

深く考えていないだけだとは思いますが。

 

しかし、大樹がいるおかげで今までの敵対勢力との関係が変わっていったのも確か。

 

今回も、天然なりにうまい具合に立ち回って欲しいものです。

 

そして、Dr.クロムの堂々たるや。

 

もう立派な科学者のたたずまいです。

 

立派にみんなを引っ張り、ドリルを完成させていきました。

 

ドリルで土壁を貫いた描写は、感動で鳥肌が立ちました。

 

クロムが爆誕させたドリルを、千空に早く見せてあげたいです。

 

千空はきっとサラッと言葉をかけるのでしょう。

 

けれども、絶対に喜んでくれるはずです。

 

そして、今回は登場しませんでしたが、ゼノ側の秘密アイテムもとても気になるところです。

 

おそらく兵器的なものだとは思うのですが、何とかそれよりは先にゼノの身柄を捉えたい。

 

しかし、その兵器を見てみたいのも事実。

 

今後の展開も楽しみにしたいです。

 

<< 161話 一覧 163話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました