スポンサーリンク

キングダム650話ネタバレ考察感想あらすじ!楚との戦いが始まる!

漫画ネタバレ

2020年8月20日発売の週刊ヤングジャンプ2020年38号で、『キングダム』650話が掲載されました。

 

キングダム650話は、楚が支配している什虎城に早馬が来て、使者が遊んでいる城将達に秦軍が侵攻していて、その大将が蒙武である事が知らされました。

 

什虎城の城主である満羽と千斗雲はその報告を受けて、座っていた椅子事倒れてしまいますが、それは動揺とかではなく、戦争が出来る事への喜びと感動からでした。

 

満羽は軍師の寿胡王に五千の兵を預けると、自身は千斗雲と将軍の玄右は大軍を率いて秦軍を返り討ちにしようと出撃しました。

 

果たして、秦軍と楚軍のどちらが強いのでしょうか。

 

本記事では、キングダム650話『開戦の日』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 649話 一覧 651話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

キングダム650話のあらすじネタバレ

楚が支配している什虎城に、早馬が来ようとしていました。

 

そして早馬に乗っていた使者が什虎城へと入り、城の屋上で麻雀に興じている城将達に対して、太林を越えた秦軍が紀市も通過してこの什虎城に向かっていて、3万の軍勢を率いているのは蒙武だ、と報告したのです。

 

その報告を聞いた城主の満羽は椅子ごと後ろへと倒れてしまい、将軍である千斗雲は、本当に攻めてくるのか、と使者に尋ねると、間違いありません、と言う使者の言葉を聞いて満羽と同じように倒れます。

 

しかし、それは動揺やショックからではなく、戦が出来るという喜びからでした。

 

実際、倒れた千斗雲の目からは嬉し涙が流れており、満羽は、戦争だ、と叫びながら喜んでいました。

 

久々の戦だ、と喜ぶ満羽を尻目に玄右は今の満羽がマント以外の服を着ていない事を指摘しましたが、満羽は千斗雲と共に、靴は入っている、と得意げに言いました。

 

千斗雲もまたマント以外全裸だったので、玄右は呆れている様子でした。

 

千斗雲は、嬉しすぎて鼻血を通り越して気持ちよくなりそうだ、と発言したので玄右は、色々通り越しておかしくなっている、と突っ込みました。

 

満羽は、ここ最近どの国も攻めてこない故に何年も戦争をしてないんだからな、と言うも軍師の寿胡王は、あれだけ木っ端微塵にしていれば誰も攻めてこない、と言います。

 

玄右は満羽に、どうするのか、と聞くと満羽は寿胡王に、城壁守りは五千もいれば足りるか、と聞くと寿胡王は、十分だ、と返事をしたのです。

 

そうしたら満羽は手を鳴らし終わると軍備を整え、千斗雲と玄右と大軍を率いて、蒙武を返り討ちにする、と叫んだのでした。

 

その頃、楚の王都である郢では首脳陣が軍議を開き、続々届く報告を受けながら話し合っていました。

 

取り仕切っている男は、蒙武の本隊は対楚前線地帯に残っているからそこを見張れ、と命じると後ろから、そこを動かしたら前線が崩れるから騰軍あたりが怪しい、と言う声がします。

 

取り仕切っている男は、それくらい分かっている、と言って振り返ると男の手は後ろにいた女性の胸に当たったのです。

 

後ろにいたのは楚の大将軍と宰相を兼ねている媧燐であり、彼女は早速男をどかして、騰軍は動くと賭けてもいい、と言います。

 

媧燐は、今回の秦の意図はまだまだ分からないが、満羽が率いる軍勢が守っている什虎城を本気で落とすつもりなら舐めすぎている、と言って、すぐさま終わらせるために援軍を送った、と言ったのです。

 

一方、蒙武率いる三万の軍勢は満羽の軍勢と月知平原で向かい合うように布陣するも、満羽の軍勢は八万であり、蒙武の軍勢を包囲していました。

 

蒙武の息子である蒙毅は、自分達の軍勢だけで満羽軍相手に戦えないし、そもそも魏軍がまだどう動くのかも分からないのに動くのは危険だ、と言って止めました。

 

しかし、蒙武は、昌平君は今日の日付を什虎攻めの日であるという書簡を魏に送ったのだから今日が開戦の日だ、と言って退きませんでした。

 

そして蒙毅に、これが自分の姿だからよく見ておけ、と言って敵陣に切り込んで多くの雑兵を蹴散らしていきます。

 

対する満羽達は余裕の表情をしながら、蒙武の戦ぶりを見ていたのです。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム650話の感想と考察

什虎城は日本でいうところの小田原城みたいに堅い守りで相手の攻撃を跳ね返していくから、誰にも落とせないと思っていましたが、それだけではなさそうでしたね。

 

堅い守りがあるからなのもあると思いますが、城内には満羽と千斗雲を始めとした歴戦の兵達が待機しているから落とせないのだと思います。

 

戦好きな面々が揃っている様子なので、士気が高いのは間違いないでしょう。

 

幾ら、秦の蒙武が猛将だとしても布陣的には完全に包囲されているので、勝ち目は薄いでしょうね。

 

満羽達からすれば、軍勢の数は確実に勝っているのでじっくりと構えながら蒙武軍が疲弊してきたところを一気に攻め入って、せん滅するのではないかと思います。

 

それに魏が一向に向かってくる気配がないのは、恐らく秦の出方を伺っているのではないでしょうか。

 

秦が本当に楚の什虎城を落とするつもりでいるのか、自分達を捨て駒にして漁夫の利を得るのではないかと疑心暗鬼になっていると思いますし、そもそも同盟には乗り気じゃない者も少なからずいます。

 

それ故に一応出陣はしているものの、両軍から見えない場所に待機していて、秦が本気なのかどうかを見て、本気だと感じ取ったら攻め入るのではないかと思います。

 

<< 649話 一覧 651話 >>
404 NOT FOUND | マンガのZOO
漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介
404 NOT FOUND | マンガのZOO
漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレキングダム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました