スポンサーリンク

ヒロアカ256話ネタバレ考察感想あらすじ!成長したA組の生徒たち

漫画ネタバレ

2020年1月4日発売の週刊少年ジャンプ2020年6・7合併号で、僕のヒーローアカデミア256話が掲載されました。

 

255話は、黒霧となった白雲朧と相澤先生、プレゼントマイクとの友情により、脳無の研究所を明らかにすることができました。

 

これにより、ヴィランズ連合に潜入しているホークスにも情報が入り、プロヒーローたちの動きに期待がかかります。

 

しかしそれと同時に死柄木弔の準備も着実に進んでいたのです。

 

果たしてヒーローたちは、ヴィランズ連合に勝つことができるのか。

 

本記事では僕のヒーローアカデミア256話「空、高く群青」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア256話のあらすじネタバレ

時刻は相澤先生たちが学校を飛びだした頃に戻ります。

 

雄英高校ではA組の生徒たちがそれぞれ、冬休み期間中にインターンで学んだことのお披露目会と称して模擬戦を行っていました。

 

青山は腹部のビームを改良し、新技、ネビルセイバーというビームを剣状にして使う技を披露しています。

 

そして葉隠が青山に近付くと、その透明な体に彼のビームを通すことで光を屈折させるという協力技も見せます。

 

その次に現れたのは芦土、粘性を最大限まで高めた酸で確実にロボットを仕留めます。

 

彼ら三人は具足ヒーローヨロイムシャのもとでこれらの技術を学びました。

 

これはヨロイムシャが攻防一体の策が多く、三人でついていくためにコンボや新技を増やしていったと言います。

 

そして最大限の粘性を用いた芦土の攻撃、アシッドマンは切島のアンブレイカブルからパクった、と芦土が切島に言います。

 

同じ中学のよしみであり、なんだか仲の良さをうかがえるのもいいですね。

 

そしてここからはそれぞれ、インターン先におけるグループで強化したところの発表が続きます。

 

チャートNo.13のライオンヒーローシシドのもとで学んだ尾白と砂藤は手数と先読みの力。

 

チャートNo.12の鯱ヒーローギャングオルカのもとで学んだ耳郎と障子は索敵の強化。

 

チャートNo.23のチームラーカーズの峰山ヒーローMt.レディたちのもとで学んだ瀬呂と峰田は最短効率とチームプレイ。

 

チャートNo.222のノーマルヒーローマニュアルのもとで学んだ飯田は物腰。

 

チャートNo.8の洗濯ヒーローウォッシュのもとで学んだ口田は円滑なコミュニケーション。

 

チャートNo.2のウィングヒーローホークスのもとで学んだ常闇は総合力の向上。

 

チャートNo.58のBMIヒーローファットガムのもとで学んだ切島は効率と速さ。

 

チャートNo.10のドラグーンヒーローリューキュウのもとで学んだ麗日と蛙吹は決定力。

 

魔法ヒーローマジェスティックのもとで学んだ八百万は予測と効率。

 

そして、チャートNo.1のフレイムヒーローエンデヴァーの元で学んだ爆豪、轟、緑谷は底上げ、スピード、そして、経験値。

 

デクのその姿を見ていたオールマイトは一人感傷に浸っています。

 

もう振り返ることなく進んでいけるだろうという感想と共にその成長した背中を見つめていたのでした。

 

そしてみながそれぞれの成長と健闘を称えあっている際に、デクはお茶子に声を掛けます。

 

それは以前B組との合同訓練の際に暴発した黒鞭についてでした。

 

エンデヴァーのもとで修業したことにより、ある程度それを使えるようになったことで、その時に支えてくれたお茶子に対して、どうしても感謝したかったようです。

 

それお茶子は笑い飛ばし、おちゃこ自身もワイヤーの導入をしたり、と力に変えたことを明かします。

 

お互いに向上した、と拳と拳を突き合わせる二人に、峰田は目を血走らせ、芦土は嬉しそうにぴょんぴょん跳ねるのでした。

 

そして刑務所から帰ってきた相澤とプレゼントマイクのもとにミリオ達三年生が訪ねてきます。

 

雄英で預かっているエリちゃんの角が徐々に伸びてきていたのです。

 

その痛みにぼろぼろと泣いてしまうエリに、相澤は「大丈夫、ここは雄英高校だ」と言うのでした。

 

そしてさらなる強化、と称してオールマイトはデクと爆豪を仮眠室に呼び出します。

 

そんな彼が差し出したのはワンフォーオールの歴代継承者の個性を書き記したノートでした。

 

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア256話の感想と考察

前回がヴィランズ側の拠点を明かすものであり、今回はヒーロー側、しかも雄英の生徒たちの成長を描くものでした。

 

ということはもちろん雄英の生徒たちも4か月後の戦いには巻き込まれることが確定しているということですよね。

 

それはなんだか心苦しいです。

 

しかしそれをはねのけるようなA組生徒たちの成長ぶりには目を見張ります。

 

それぞれの弱点を補ったり、長所を生かしたり、また、全く別のことにチャレンジしていたり、そういった生徒たちの成長を見るのはとても楽しく、また彼らがヒーローになったときのことを期待させます。

 

個人的には戦っている時のデクくんの表情や瞳がとても生き生きしているのに感動しました。

 

いつもボロボロになっているか、回想では泣いていることの多いデクくんのあんな男らしいヒーローたしい表情を見てしまうと、オールマイトのように進んでいってほしい、という気持ちになります。

 

またそれ以外でも、エリちゃんの存在や三年生たちの存在を明かすことによって、これはミリオくんの復活がありえるのではないかと考えられます。

 

生徒たちが巻き込まれるほどの大きな被害、もしくは学校への直接攻撃があるのか、今はまだわかりませんが、確実に4か月後はかなり大きな戦いになることは間違いないでしょう。

 

そして最後にオールマイトがデクと爆豪に差し出したワンフォーオールの歴代継承者の個性を記したノートです。

 

これをマスターするのにおそらく四か月の期間が用意されていると考えても問題はないでしょう。

 

オールフォーワンの弟子ともいえる死柄木とワンフォーオールの継承者であるデクの戦いが、今から楽しみですね。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました