スポンサーリンク

テセウスの船ドラマ3話と原作漫画の違い!金丸刑事と一緒に捜査?

ドラマ化作品関連

ドラマ「テセウスの船」第3話では、主人公田村心が、ノートと免許証を投げ捨てた後、公務執行妨害で逮捕されるところから始まります。

 

金丸刑事から取り調べを受けるも、1日で釈放され、村に戻ってきた心は、村の人から殺人犯として白い目で見られます。

 

その後、学校では奇妙なことが起きたり、鈴がこれから事件に巻き込まれることを暗示するようなことがあり、心と佐野は犯人捜しをします。

 

心は自分が投げ捨てた免許証とノートが犯人の手に渡ったことを確信し、ついに佐野文吾に小学校で21人が殺害されること、犯人は佐野文吾で捕まること、そして自分は息子であることを告白します。

 

動揺した佐野は心を追いだし、行き場の失った心は金丸刑事にも自分は未来から来たこと、これから音臼村で起こる事件のことを話し、一緒に捜査をします。

 

学校で寝泊まりすると、心はまた新たな絵を発見しそのヒントが書かれていた、神社へ向かうと、青酸カリの瓶を発見します。

 

それを拾おうとすると心は誰かに突き落とされて怪我をします。

 

そこへ佐野文吾が到着し、これから一緒に真犯人を見つけようとすると、再び深い霧に巻き込まれた心は目を覚ますと、現代へとタイムスリップしたところで第3話は終わります。

 

 

原作漫画とテレビドラマは内容が少し違うところがあるので、今回ドラマ第3話は原作漫画とどこが違うのか気になったので調べてみました。

 

<< 2話 4話 >>

 

スポンサーリンク

ドラマ「テセウスの船」第3話は原作漫画の何話分?

2020年2月2日に放送分「テセウスの船」第3話は、原作漫画ではどこまでの内容だったのでしょうか?

 

調べてみると、

 

ドラマ第3話分は、原作漫画の第26話~第30話分まで

 

の内容でした。

 

原作マンガの単行本では、4巻のはじめ~4巻の途中までです。

 

 

スポンサーリンク

ドラマ「テセウスの船」第3話で原作漫画と違うところは?

ドラマ「テセウスの船」第3話の中で見つけた原作漫画との違いを一部紹介していきます。

 

さすがにすべては紹介しきれないので、気になる方は原作漫画を読んでみてくださいね。

 

腹芸とモノマネが家族を笑顔に?

村の人達から殺人犯扱いされた田村心は、家に戻ると何回も家に嫌がらせ電話がかかってきたことを知ります。

 

自分のせいで家族に迷惑をかけていることを知った心。

 

母と子どもたち、心が落ち込んでいるところに、浴衣姿で出てきた佐野文吾。

 

浴衣を脱ぐなり、パンツ一丁で赤いタオルを首からかけて、猪木のモノマネ「元気ですかー!」と大声をあげます。

 

そしてお腹には顔が書かれていて、腹芸をし、家族みんなを笑わせます。

 

一気に家族一丸となって元気を取り戻し、いつもの明るい佐野家に戻ります。

 

 

このシーンは原作漫画ではなかった部分です。

 

ドラマでは事件が起こる前までは明るい家族だという印象が大いに残るシーンになっています。

 

 

腹芸をする佐野文吾役の鈴木亮平のお腹がバッキバキに割れているのが、どうも気になって仕方がなかったです(笑)

 

鈴のキーホルダー?

ドラマでは、免許証とノートを投げ捨てたところを探しに行った心が、鈴の「S」のキーホルダーが木の枝にかかっているのを見つけます。

 

原作漫画では、この「S」のキーホルダーは、明音ちゃんが監禁されていた小屋で見つかっています。

 

ドラマでは明音ちゃんは生きているので、キーホルダー発見も原作漫画とは少しずつ違う内容に変わってきています。

 

校門に奇妙な絵が・・・?

独特のタッチで書かれた女の子の絵とSの文字をホッチキスで刺したものが、校門に貼られていたため、鈴が狙われているんじゃないかと、心と佐野文吾は考えます。

 

この時点で犯人が鈴のことを意識していることがドラマでは描かれています。

 

犯人の動機と結末の伏線が張られているように感じました。

 

このシーンも原作漫画にはなかったシーンです。

 

スポンサーリンク

学校にオレンジジュース?

ある日、学校に行くとクラスの子どもたちが賑わっています。

 

心が見ると、「21」と書かれた箱に瓶に入ったオレンジジュースがあり、それを子どもたちが飲もうとします。

 

「21」は音臼小で毒殺された人数21人。

 

心は慌てて、ジュースを飲むのをやめるように言い、回収します。

 

 

ここも原作漫画にはない、ドラマのみの演出です。

 

犯人がノートを拾った、中身を見たというのを印象付けるための事件として、このシーンが加わったのでしょうね。

 

金丸刑事と一緒に?

佐野文吾に音臼小の事件のこと、父親であることを告白した心。

 

動揺した佐野は心を追いだします。

 

原作漫画ではここで霧に巻き込まれるシーンに変わっているのですが、ドラマではさらにここからちょっとした展開が繰り広げられます。

 

追い出された心は、金丸刑事を呼び出し、全てを話します。

 

すると金丸刑事は、心の話を証拠はないけれど信用し、心と一緒になって犯人の手掛かりを探し始めます。

 

金丸刑事がすんなりと心の話を受け止めるとは、そして犯人の証拠探しをまさか一緒にするとは、ここは原作漫画になかったので新たな展開が面白かったです。

 

そして学校で寝泊まりした心は、また独特のタッチで描かれた新しい絵を発見します。

 

そこにはお稲荷さんが描かれていたので慌てて神社へ。

 

神社に到着すると、青酸カリの瓶を発見します。

 

瓶を手にした瞬間、心は誰かに突き落とされてしまいます。

 

心が階段下で倒れているところを、金丸刑事から聞いた佐野文吾が到着します。

 

佐野文吾は心にきつく当たって追い出してしまったことを謝ります。

 

また一緒に犯人捜しをしようと2人が神社を後にする時に、心は深い霧に巻き込まれて再び現代へと戻ります。

 

 

原作漫画では、田村心と金丸刑事が接触するのは、取り調べの時だけで、その時の様子も

明らかに心を犯人扱いをしていて、怖い印象の金丸刑事です。

 

ドラマの中で一緒に協力して犯人の証拠探しをするシーンは、原作漫画を読んだ人間からすれば、ちょっと違和感はありますね。

 

現代へタイムスリップする前、霧が起きた場所は?

心が現代へタイムスリップする直前、ドラマでは神社の鳥居をくぐる前に、霧が立ち込めてきます。

 

しかし原作漫画では、佐野文吾に追い出された後、心が学校の方へ向かうと、深い霧が出てきて、その後現代へとタイムスリップします。

 

 

原作漫画では音臼小の前で霧が出て、過去にタイムスリップし、音臼小の前で霧が出て、現代へとタイムスリップするという風に、同じ場所で霧が出ています。

 

スポンサーリンク

「テセウスの船」の原作漫画を無料で読める?

原作漫画を読んでみたくなったという方や、ドラマと原作漫画との違いを自分の目で確認したいという方に、原作漫画を無料で読める方法はないか調べてみました。

 

いくつかの電子書籍サービスでかなりお得に読めることがわかりました。

 

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

さいごに

今回のドラマ3話は、原作漫画にはない、ドラマオリジナルの部分がかなり多かったですね。

 

ドラマを見ながら、思わず漫画との違いに「えっ!えっ!」と声が出てしまいましたが、金丸刑事と協力して捜査しているシーンなんかは特にオリジナル感が出ていて、違和感がありつつもとても良かったです。

 

もしかしたら、犯人も漫画とは違ってくるのでは?!と思わせてくれるドラマオリジナルの演出で、今後の展開がますます楽しみになった3話でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<< 2話 4話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました