スポンサーリンク

チェンソーマン80話ネタバレ考察感想あらすじ!戦いの果て!デンジの望み!

漫画ネタバレ

2020年8月11日発売の週刊少年ジャンプ2020年36・37合併号で、「チェンソーマン」第80話が掲載されました。

 

前話の「チェンソーマン」79話では、銃の魔人に撃たれ内臓を吹き飛ばされたデンジ。

 

頭の中の早川少年は降参か、と問いかけますが、デンジは立ち上がります。

 

再び激しい銃撃に晒され、吹き飛ばされるデンジの前に街の人たちが集まってきました。

 

街の人たちから血を分けてもらい復活したデンジは、助けてという声に応えて早川の前に立ちはだかります。

 

頭の中の早川少年は、デンジが泣きながら攻撃をしてくる様子に、戦意を喪失してしまいます。

 

弟の姿を見つけ、雪合戦はやめてキャッチボールをしようと駆けていく早川少年。

 

現実世界では、デンジのチェーンソーが早川を貫き、力ずくで彼の暴走を止めるのでした・・・。

 

本記事では、「チェンソーマン」第80話「犬の気持ち」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 79話 一覧 81話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

チェンソーマン80話のあらすじネタバレ

デンジのチェーンソーが早川を貫いてから、数日が経っていました。

 

早川は十分に貯金を残しており、遺言で半分をデンジに、もう半分を姫野へと渡すことになっていました。

 

デンジはその金で、狭いが眺めのいい部屋を借り、パワーと一緒に美味い食べ物を食べます。

 

初めて食べたウナギも、デンジのお気に入りになりました。

 

ゲームを買って仕事以外の時間はそれに没頭し、飽きたら映画を見る生活をデンジとパワーは続けます。

 

ある日、アイスを買うために買い物に出たデンジは、食べたアイスの棒に当たりの文字を見つけます。

 

ふと、早川を殺したのは自分自身であることを思い出し、全て吐き出してしまうデンジ。

 

起きてから寝るまで、何をしていてもそのことばかりがちらつき、脳味噌が糞になったんだとデンジは嘆きます。

 

ベンチに横たわり、ポチタの名前を呼ぶデンジの前に、マキマが現れました。

 

アイスが当たったことを報告すると、手が冷たいよ、とマキマはデンジの手を握ります。

 

別に自分は死なないからと応えるデンジでしたが、体が冷たいと気持ちが落ち込んでしまうのだとマキマは言い、デンジを立たせます。

 

一緒に温かいお茶を飲もうと提案され、亡霊のように力なく歩きながらデンジはマキマについていきました。

 

着いた場所は、とてつもなく大きな建物で、その2階と3階が自分の家だと言うマキマ。

 

唐突に犬は大丈夫かと聞かれ、家に通されたデンジの前に、十頭を超える犬たちが飛び掛かってきました。

 

顔をべろべろと舐められ困惑するデンジを横目に、犬たちを上手に撫でるマキマ。

 

家に上がると、マキマから紅茶、緑茶、玄米茶のどれがいいかと聞かれ、一番上手いお茶が良いとデンジは返します。

 

するとマキマは、自分が作ったのだと奥からティラミスを出してきました。

 

一匹の犬が飛びついてきますが、その理由はその犬の名前がティラミスといい呼ばれたのと勘違いをしたからなのでした。

 

お菓子を食べ、犬たちと戯れているうちに、ここは世界で一番いい場所だと思うようになるデンジ。

 

マキマがデンジの手を握り、体温が戻っていることを確認して安心したと話します。

 

手が冷たいときには生きているものに触れるのが一番だと話すマキマに、デンジは感謝を伝えます。

 

おかげでダメージが回復しましたと笑うデンジを、とってもいい子だとマキマが撫でます。

 

すると、なぜかデンジの目から涙がこぼれて止まらなくなりました。

 

犬と遊んでごまかそうとするデンジに、マキマは自分はデンジに助けられたことがある、だから私に叶えて欲しいことを言ってみて、と話します。

 

デンジは少し考えると、マキマさんの犬になりたい、とおもむろに願うのでした・・・。

 

チェンソーマン漫画BANKやpdf無料ダウンロード以外で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では漫画『チェンソーマン』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後ま...
スポンサーリンク

チェンソーマン80話の感想と考察

早川の死にデンジが苦しんでいる様子が、見ていて辛い話でした。

 

しかし、未来の悪魔の予想とはやはり違ってまだパワーは生きています。

 

早川を殺して、最悪の悪魔としてデンジが覚醒するという予言でしたが、それが起こるのはもう少しあとのことなのでしょうか。

 

今回、マキマの部屋へと上がったデンジでしたが、恐らくあの部屋はマキマの思考を現しているのでしょう。

 

恐らく地上の生命全てを、支配できる犬のようにマキマは考えているのです。

 

そして、マキマの前で願いを言うことで契約が完了されるのだとすれば、デンジはこのまま彼女の支配下に置かれてしまうのかもしれません。

 

それこそがパワーを殺し、最悪の悪魔として覚醒する未来なのかもしれませんね。

 

デンジが思い直してマキマと戦うような展開になるには、デンジを導く存在が必要です。

 

それはポチタなのかもしれませんし、もしかしたら地獄で死んだ早川と再会して諭されるなんて展開も考えられます。

 

とにかく、デンジには自分の頭で考えて、戦う敵を見定めて欲しいものです。

 

このままだと絶望の展開ばかりが続いてしまいますから・・・。

 

引き続き81話以降も目が離せないですね。

 

<< 79話 一覧 81話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました