スポンサーリンク

彼女お借りします151話ネタバレ考察感想あらすじ!悩む孫へ、おばあちゃんからの言葉

漫画ネタバレ

2020年8月5日発売の週刊少年マガジン2020年36・37号で、『彼女、お借りします』151話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』151話では、おばあちゃんに本当のことを言おうか悩んでいる水原。

 

涙を流す水原の名前を呼んだのはおばあちゃんでした。

 

おばあちゃんは水原に、何を伝えようとしているのか。

 

本記事では、『彼女、お借りします』151話「嘘と彼女④」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 150話 一覧 152話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

彼女、お借りします151話のあらすじネタバレ

自分の名前を呼ぶおばあちゃんに驚く水原。

 

おばあちゃんの意識が戻ったと慌てながら、急いでナースコールを押そうとします。

 

しかしおばあちゃんは、水原の手を強く握り離そうとしません。

 

ゆっくりと呼吸をするおばあちゃんは、水原が何か悩んでいることをついて優しく触れます。

 

水原は自分の声が聞こえていたんだと思い、目に涙を溜めます。

 

和也の言葉を思いだし、自分はおばあちゃんにずっと嘘をついていたと伝えます。

 

しかし和也を恋人だと紹介してからのおばあちゃんの喜んだ顔を思い出す水原。

 

やはり悲しませてしまうと思い、それ以上の言葉が出ません。

 

おばあちゃんは水原の右頬に手を添え、その嘘を知りたいとも思うし、知りたくないとも思うと答えます。

 

それでも自分の可愛い孫が選んだ答えなら、どちらでも大丈夫だと優しく呟くおばあちゃん。

 

水原はおばあちゃんの優しさに胸がいっぱいになり、目をぎゅっと閉じます。

 

それでも自分で答えを選びきれないと、水原は言葉が詰まります。

 

そんな水原におばあちゃんは優しい声で、この世には答えのあるものが少なく、日々悩み、苦しみ続けると話しだします。

 

それを考え続けることが生への唯一の誠実さだと言い、水原はそれが出来ているのでおばあちゃんは十分幸せだと、両手で水原の両頬を包み込みます。

 

その後、おばあちゃんが何か言葉を発しましたが、よく聞き取れなかった水原。

 

聞き返すと、映画をありがとう、とても綺麗だったと言ってくれました。

 

水原は涙で顔がぐしゃぐしゃになっています。

 

和也にもお礼を伝えといて欲しいと頼み、おばあちゃんは水原を引き寄せます。

 

水原を優しく抱きしめながら、愛していると伝えるおばあちゃん。

 

同じ言葉を返す水原の目からは、たくさんの涙が溢れ出ます。

 

おばあちゃんの目からも一粒の涙が流れています。

 

 

ずっと病室の前の椅子で座っている和也。

 

外は明るくなっています。

 

スポンサーリンク

彼女、お借りします151話の感想と考察

おばあちゃんが倒れてから、ずっと涙が止まりません。

 

声は聞こえているだろうが反応は無いと言われていたのに、映画を見せたら目を開けてくれたり、話しかけたら答えてくれたりと、すごくおばあちゃんが頑張っているのが分かり、胸がいっぱいになります。

 

最後まで水原のことを想って、優しく言葉を返してくれるおばあちゃん、水原への愛情が凄いんだなと改めて思いました。

 

まだ私はここまで身近な人が亡くなったりなどの経験がないので、想像しかできませんが、もし自分の身内の最期のときを考えてみました。

 

なんて言葉をかけてあげるんだとか、聞きたいことはないかなど考えましたが、恐らくそんなことも考えられないんだろうなと思います。

 

悲しい、嫌だなどで頭がいっぱいでしょうし、もっと一緒に色んな事したかったなど、後悔ばかりが頭の中でぐるぐるとしていると思います。

 

自分が亡くなる方だったとしても、そんなに色んなことを考えて伝えられるかなんて、絶対無理だろうなと思います。

 

なのでおばあちゃんの最期の言葉だろう今回の話は、とても感動しました。

 

水原の最後まで本当のことを言うか言わないかの気持ちも分かるし、おばあちゃんの知りたいような知りたくないようなの気持ちも分かります。

 

すごくすごく、胸が苦しくなる回だなと思いました。

 

外で静かに待っている和也も、自分に出来ることはもう待つことのみと思い、ひたすらに待っていましたね。

 

外は明るくなってきましたが、次回おばあちゃんの容態はどうなっているんでしょうか。

 

最後の時を見るのがとても辛いです。

 

<< 150話 一覧 152話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました