スポンサーリンク

アクタージュ122話ネタバレ考察感想あらすじ!真波の墓で真美と会ってしまう景達

アクタージュ

2020年8月3日発売の週刊少年ジャンプ2020年35号で、『アクタージュ』122話が掲載されました。

 

アクタージュ122話は、鎌倉に来てから4日が経過し、最終日を迎えていました。

 

皐月も初めて来たときに比べて肩の力が抜けていて、自分の知る可愛さが垣間見えてきたと感じる景。

 

東京に帰る前に3人は真波の墓へ挨拶しに行くと、かなりのお供え物があったので皐月は驚いており、環もこうまで愛されるのは真波は日本一の女優なんだよと言います。

 

そこへ墓参りをしに来た娘の真美が現れたのです。

 

果たして、真美は3人に対して何を語るのでしょうか。

 

本記事では、アクタージュ122話『挨拶』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 121話 一覧 123話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

アクタージュ122話のあらすじネタバレ

鎌倉生活も4日目を迎え、同時に最終日ともなっていました。

 

台本を読んでいる皐月を見ていた景は、確実に皐月の芝居が変わり始めた、と感じていました。

 

肩の力が抜けているし、自分の知る皐月の愛らしい姿が垣間見えるようになった、と感じる景。

 

台詞を言っていく皐月を見ている景を見た環は、景は同調しようとしている、と心の中で言いつつ、皐月の役作りを手伝うと言ったのはこの事か、とも思っていたのです。

 

環は、景は同心を演じる皐月の気持ちを追体験していく事が目的であり、これまでもそうする事で役を増やしていったんのだから、怪物だ、と心の中で言っていました。

 

その間にも皐月が台詞を読み終わっており、どうだった、と聞いてきたので環は、いいね、と言ったのです。

 

帰る時間が迫る中、皐月は母親のお土産を持って帰るために浜辺で綺麗な石を探していました。

 

環は、皐月は着実に成長しているし、景も皐月で役作りをしているから凄いし怖い、と言うと景は、環は違うのか、それならどうして自分達と鎌倉に来たのか、と問います。

 

環は、もし心配しているのだとすれば、甘く見られているな、と言いつつ、景と墨字の狙いは今回の大河は景が主役である世間に印象付けさせるためだ、と言います。

 

狙いを読まれたことに内心驚く景。

 

環は、墨字がやりそうなところだから気にしないで、と言ったので景は、それが分かっていてどうして協力したのか、と尋ねます。

 

環は、後輩のために協力するのは先輩である自分の役目だし、2人が実力を最大限までに発揮させるようにしてから自分がその上を行けば、作品としても最善だ、と答えたのです。

 

この答えを聞いた景は、自分の事を脅威と思っていない、と感じていました。

 

そして環は今だに探している皐月に対して、そろそろ行くよ、と言いますが皐月は真美の事があって余り気が進みませんでした。

 

その事を察した環は、気分転換に挨拶してから帰ろう、と言います。

 

やって来たのは真波の墓であり、墓の前で手を合わせる3人。

 

皐月は墓が近くにあったのと、お供え物と花の数が多い事に驚いており、環は、今日は彼女の命日だから、と言いつつ、命を落として長くなるけどこうしてお供え物が多いのは愛されている証拠だし、真波は日本一の女優だと思う、と言います。

 

その会話を聞いていた景は子供の頃、真波が出演していた作品を見ていた事を思い出していました。

 

当時は、モノクロだけどモノクロだと感じさせず、鮮やかなのに落ち着いていて、それでいて見ているだけで眠くなるような子守歌みたいな女優だ、と感じていた景。

 

皐月は、会ったこともないのに勝手に演じてごめんなさい、と言う思いも込めて何度も手を合わせていました。

 

環は、そう言う意味で連れてきたわけじゃないし、既に御遺族や関係者から承諾を得ているし、その人達が託したスタッフに選ばれたんだ、とたしなめますが、皐月は真美に認められていない事を気にしていたのです。

 

そんな中、花束を持ってきた真美が現れました。

 

自分が来る意味がないくらい毎年沢山お供え物や花がある、と言いつつ、見境なくドラマ、映画、大河になっていったけど誰も真波を演じることは出来ない、と墓の前で言う真美。

 

景は、真美も承諾されたんですよね、と聞くと真美は肯定したので、どうしてそう言うのかと言おうとしたら、彼女は何も言わずに去っていきました。

 

不安げな表情の皐月に環は、21世紀の女優を見せてあげよう、と言ったのです。

 

スポンサーリンク

アクタージュ122話の感想と考察

確かに真波は生前では有名な女優であり、命を落としてもなお多くの人に愛されている人なので真美が他の女優では彼女を演じられないと言う考えも分かります。

 

しかし、解せないのはそんな真波を大河もそうですし、映画でも、ドラマでもモデルにする事を許したかです。

 

顔合わせの時もそうでしたし、今回の話もそうでしたが、若い皐月や景では演じることが出来ないし、この世の誰にも演じる事が出来ないと言っておきながらモデルにするのを許すのはおかしいと思います。

 

それならスタッフとかからそう言う話が来たら拒否すればいいだけの話なのですが、真美だけが反対していて、他の関係者やご遺族が了承しているからモデルになるのが許されたのでしょうね。

 

環も命を落とした者をモデルにするにはご遺族や関係者の許可が必要と言っていたので、ご遺族や関係者は許可しているのだと思います。

 

真美は反対でも他の人が了承しているのであればと仕方なく許可をしたのではないでは無いかと思います。

 

次回はリハーサルが始まるのではないでしょうか。

 

顔合わせ以来となる出演者との再会となり、トップバッターを務める事になる皐月は緊張しつつも、これまでの練習の成果を生かしていくのではないかと思います。

 

<< 121話 一覧 123話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

アクタージュ漫画ネタバレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました