スポンサーリンク

ブラクロ259話ネタバレ考察感想あらすじ!アスタ、渾身の一撃を繰り出す!

漫画ネタバレ

2020年8月3日発売の週刊少年ジャンプ2020年35号で、『ブラッククローバー』259話が掲載されました。

 

ブラッククローバー259話は、悪魔と契約をして、右腕に悪魔の力を引き出す事に成功したアスタ。

 

しかし、長時間使ってしまってはアスタの体が持たないので制限時間は50秒となっていましたが、アスタは問題ないと言わんばかりに突撃していきます。

 

そしてダンテの重力魔法を掻い潜りながら、ダンテの右腕を攻撃する事で彼の腕を見事に切断する事に成功したのです。

 

果たして、アスタとヤミはこの勢いに乗って、ダンテに勝利する事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、ブラッククローバー259話『暴れ牛のユニゾン』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 258話 一覧 260話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ブラッククローバー259話のあらすじネタバレ

アスタは悪魔と交渉して、力を貸してもらえることになりました。

 

しかし、悪魔が力を貸せるのは50秒だけでした。

 

右腕には今まで力の垂れ流されたものではなく、自分の力そのものだから50秒以上が経過してしまえば、アスタの体が持たない、と忠告する悪魔。

 

そうしたらアスタは、それで充分、と言って悪魔の力が纏われている断魔の剣を手にしてダンテに立ち向かっていきます。

 

ダンテはアスタを近づかせまいと、重力魔法で無数の岩を操ってアスタはそのまま突撃していくと、ダンテの右腕を切断しました。

 

反魔法が纏われた剣の一撃なのか、ダンテは苦悶の表情を浮かべつつ、苦しみの声を上げたのです。

 

そして切断された右腕が地面に叩きつけられたが、同時に笑い始めるダンテ。

 

その理由は、アスタが強くなったから、と言うものでした。

 

そしてダンテは切断された右腕を再生させると共に肉体魔法で左右の腕を増やし、更に巨大な体となり、両方の腕には大きな大剣を装備してアスタと対峙します。

 

ヤミは今のダンテの状態を観察し、あの戦闘スタイルは完全にアスタを警戒しているし、あの右腕から反魔法の力が出ているから、アスタの攻撃がクリーンヒットさえすれば勝てる、と言う考えに行きつきます。

 

そして勝利への道筋が見えたのでヤミは、やりやがったなアスタ、と叫ぶと共に心の中で、自分も更に気張らないといけないな、と思って闇魔法を刀に纏わせてダンテに立ち向かい、刀を振るうもダンテの大剣に防がれてしまったのです。

 

アスタもダンテに向かっていき、ヤミと共に激しい戦いを繰り広げていきます。

 

この光景を見ていたフィンラルは、2人は見た感じでは滅茶苦茶に動き回っているけど、お互いに息が通じ合っているし、この状況なのにとても楽しそうにして戦っている、と心の中で呟いていたのです。

 

2人と戦いながら、その全てを捻り潰して自分が勝つ、と豪語するダンテ。

 

そしてアスタの悪魔の力が切れるまで残り8秒となり、アスタは宿魔の剣を出現させたのです。

 

宿魔の剣を手にしようとしたアスタでしたが、ダンテの手が先に掴んでしまい、吸収してしまいました。

 

それならばと言わんばかりにアスタは滅魔の剣を出現させて、ダンテを斬りつけましたが残り時間は3秒となってしまいました。

 

ヤミは闇魔法・死突を繰り出して、ダンテの両腕と顔を除いた上半身を消し飛ばしたがダンテは再び再生させて、2人に止めを刺そうとしていたのです。

 

残り1秒となり、ヤミはアスタに対して全てを託したぞと言わんばかりに刀を渡し、アスタはそれを右手で掴んで反魔法を纏わせました。

 

そして斜め斬りを繰り出して斬りつけた事で、ダンテは悪魔の力が解除されると共に人間態に戻り、フィンラル、バネッサ、グレイは目を見開いて見ていました。

 

反魔法の一撃を喰らってしまったせいか、ダンテは完全に気絶していて、王冠が外れていて、傷が色濃く残っていたのです。

 

そしてアスタは、自分達の勝ちだ、と言い放ったのでした。

 

ブラッククローバー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやraw以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ブラッククローバー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ブラッククローバー259話の感想と考察

熾烈な戦いでしたが、何とかギリギリで勝利出来ましたね。

 

悪魔の力を使っての勝利でしたが、50秒間しか使えない事には驚きでしたね。

 

アスタはそれなりに悪魔に憑かれてからそれなりの時が流れているはずなので、少なくても10分くらいは何とかなるかなと思っていましたので、驚きですね。

 

きっと力を発動させる前に大分ボロボロになっていましたから、悪魔はその事を考慮して50秒にした可能性もあるので、万全な状態ならもう少し力を発動できるのではないかと思います。

 

その事を踏まえるとダンテ達は長い時間悪魔の力を使えるので、改めて恐ろしいなと思ってしまいましたね。

 

それにヤミがアスタの事をかなり信頼しているのも分かりましたね。

 

アスタが武器を持っていないのを見て、すぐさま自分の愛刀を投げつけてアスタに渡したので、信頼の高さが窺い知れますね。

 

次回260話では、ダンテが切断された体を再生させて立ち上がるのではないでしょうか。

 

曲がりなりにも悪魔をその身に宿しているので、そう簡単には命は落とさないと思いますし、もしかしたらダンテの中にいる悪魔の力が無理矢理働いて復活させるのではないかと思います。

 

同時に自分にここまで傷をつけてアスタ達に襲い掛かるのではないでしょうか。

 

<< 258話 一覧 260話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました