スポンサーリンク

あやトラ7話ネタバレ考察感想あらすじ!大胆な行動をするすず!?

あやかしトライアングル

2020年8月3日発売の週刊少年ジャンプ2020年35号で、『あやかしトライアングル』7話が掲載されました。

 

あやかしトライアングル7話は、以前、弥生に憑いていた妖に対しておそろしの儀をする祭里。

 

祖父の清弦から悪さをしないように山に帰す儀式だと知らされたすずでしたが、この事を聞かされていなかったすずは憂鬱な気分でした。

 

それに祭里が弥生とルーシーと仲良くしている姿を見て、安堵していましたが内心では恋愛観をこじらせているのではないかと不安に思っていました。

 

果たして、彼女の憂鬱な思いは消えるのでしょうか。

 

本記事では、あやかしトライアングル7話『妖巫女の憂鬱』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 6話 一覧 8話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

あやかしトライアングル7話のあらすじネタバレ

祭里は弥生に憑いていた妖に対して、激しい舞をする事で怖がらせていました。

 

見学していたすずに、もう悪さをしないようにおどかして山へと帰すおそろしの儀をしているのだ、と説明する清弦。

 

祓いを生業としている者達は妖全てを悪だとは思っていないし、余程悪質じゃない限りは祓う事はしない、と説明する清弦。

 

一緒に話を聞いていたシロガネは、あくまで人間の基準だ、と言って面白くない表情をします。

 

対照的にすずはこの儀式自体初めて知ったので、幾ら自分を妖から遠ざけたいからってこういう大事な事を話してくれない、と憂鬱でした。

 

そして翌日、学校の昼休みで祭里に弥生が、呪いでシーズー犬にされた彼氏がヒロインのキスで元に戻るドラマにはまっている、と言います。

 

しかし、祭里は、結婚前にそういうのは駄目だ、と言ったのですずと弥生は驚いたのです。

 

昼食後も祭里が弥生とルーシー相手に先程のドラマの話をしているのを見て、ずすは安堵していますが同時に、恋愛観をこじらせていて、自分を守るのも義務とか思っていそう、と思っていました。

 

そんな中、宗牙の式鬼であるポ之助が現れ、祓忍の装束を着て校庭に来い、と言う宗牙の伝言を祭里に話したのです。

 

伝言通り、装束を着て校庭へとやって来た祭里に宗牙は、常人には見えない術式が組み込まれているのにすずだけには見えるのか、と言います。

 

祭里は、今度はすずの話か、と言うと宗牙は、同業者のよしみ、と評してポ之助に調べた事を話すように命じます。

 

ポ之助は、自分は常に情報収集をしているが、酔いつぶれる直前だった妖が、妖巫女は人であり、妖であったと言っていた、と言うと共に祭里の顔色が変わったのです。

 

まだ理解できていない祭里に宗牙は、妖巫女は人と妖の特性を併せ持った存在であり、場合によってはシロガネ同様に警戒しないといけないし、人に害を及ぼすなら祓う事になる、と言います。

 

そうしたら祭里は宗牙の胸倉を掴んで、幾ら先輩でも怒る、と言うと宗牙は冷静に、可能性の話だから熱くなるな、未熟者、と素っ気なく言います。

 

しかし、そう言ったと同時に祭里の胸が当たっている事に気づき、心の中で、冷静になれ、と言い聞かせてから撤退したのです。

 

その頃、すずはシロガネ用のだんごを作っていたが、祭里が宗牙と話していた事を教えてくれなかったので、まだ憂鬱でした。

 

そして、和菓子ばかりだから洋菓子も食べたくなる、と言ってベッドの上に横たわると心の中で、ドラマみたいにキスで術が解ければいいのに、と言って眠りにつきました。

 

そんな中、シロガネと清弦は何らかの気配を感じ取っていたのです。

 

そしてその気配に気づいていなかった祭里は、宗牙が言っていた事を考えていました。

 

しかし、付き合いが長いすずが妖のわけがない、と言い聞かせていました。

 

そう言い聞かせていると突然すずが現れたので、驚いた祭里は、シロガネの仕業か、と感じます。

 

しかし、この体温と息遣いとシャンプーの香りは間違いなく本物だ、と察する祭里。

 

そしてすずは突然祭里にキスし、祭里は無論、様子を見に来たシロガネも驚いたのでした。

 

スポンサーリンク

あやかしトライアングル7話の感想と考察

宗牙は場合によっては、すずも討伐の対象になるかもしれないと祭里に言っていましたが、近い将来なりそうな感じがありますね。

 

すずは妖巫女であり、桁外れの生命力で人里にいない強力な妖をも引き寄せる存在です。

 

彼女が学校に通えば、それだけシロガネは勿論の事、強力な妖達が学校へと現れ、多くの生徒達が被害に遭う事になります。

 

実際、そうなりかけたので宗牙はすずは討伐対象になるかもしれないと言ったのだと思います。

 

そして今回の話の最後で、すずが大胆な行動に出たのには驚きですが、同時に何かあるのかなとも思いましたね。

 

次回8話は、すずが妖に憑かれている事が判明するのではないでしょうか。

 

すずはドラマみたいにキスで祭里が元に戻ればいいのにと口にしていましたが、口にするくらいならとっくの昔にやっている筈です。

 

それにここまでの話からすずはシロガネと仲良くなろうと大胆な発言をしたりしていましたが、祭里に関しては余りそう言った大胆な発言や行動をしませんでした。

 

そんな彼女が今回のような行動をするという事は、妖に憑かれている可能性が高いと思います。

 

すずは妖が見えますが、憑かれないというわけではありませんし、祭里の事を考えていたのでその不意を突かれて憑かれたのでしょう。

 

<< 6話 一覧 8話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました