スポンサーリンク

ドクスト160話ネタバレ考察感想あらすじ!受け継がれる科学の力

漫画ネタバレ

2020年8月3日発売の週刊少年ジャンプ2020年35号で、『Dr.STONE(ドクターストーン)』160話が掲載されました。

 

ドクターストーン159話では、スタンリーが千空を狙撃銃で撃ったその後から始まります。

 

ゼノに千空の存在が知られてしまい、声のみで千空の身長を割り出されてしまいます。

 

その情報とスタンリーの洞察力でついに正体も見破られてしまう千空。

 

とっさに千空は葛粉を水と混ぜ、急激な力が加わると突如個体になるというダイラタンシー流体の入った袋を抱えます。

 

その時、スタンリーの打った銃弾が千空に襲いかかりました。

 

本記事では、ドクターストーン160話「科学の灯」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 159話 一覧 161話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドクターストーン160話のあらすじネタバレ

千空の体に縦断が撃ち込まれたと同時に、銃声がこだまするペルセウス船内。

 

その銃の音にタマが飛んでくると慌てる銀狼。

 

しかし、龍水は音よりも着弾の方が早かったと気がつきます。

 

もう撃ち終えている事を察し、千空の名を叫ぶ大樹。

 

千空は倒れ、口から血のようなものが流れています。

 

仕事を終え、その場を立ち去ろうとするスタンリー。

 

カルロスとマックスに、見張りで残るよう命令します。

 

ルーナはどうするんだと尋ねる2人に、スタンリーは自分の仕事じゃないと冷たく言い放ちます。

 

一方ペルセウス号では、千空が殺されてしまったと激しく狼狽る船員たち。

 

千空は、マグマと金狼によって船内に運ばれます。

 

龍水は船員たちに言います。

 

科学のリーダー千空が死んだ今、敵は油断する。

 

今こそ反撃のチャンスだと。

 

その言葉に、この状況でチャンスとか思えない陽。

 

そして、千空の死を涙を流し悲しむ銀狼。

 

そんな2人に、龍水は指を鳴らし「早合点するな!」と言います。

 

千空は死んではいませんでした。

 

虫の息で、玉も体から綺麗に抜けていると話します。

 

その傍らには的確な処置をするフランソワ。

 

直前に抱えた、葛粉を水と混ぜ生成したダイラタンシー流体で弾の威力を止めたというのです。

 

涙を流しながら感心する化石。

 

ヘッドショットなら即死だったが、復活液のレシピを遺言とし残させるため胸を狙ってくることを読んでいた千空。

 

あの状況でそこまで頭の回る千空に、ルーナも涙を流し感心します。

 

そして、気絶してしまう千空。

 

応急処置以上のことは医者の手を借りないと、とフランソワ。

 

ルーナは千空に近づき、うろ覚えの知識で千空の腕を握り血圧を測ります。

 

血圧が落ちていることに気がつくルーナに、龍水が「医者か?」と尋ねます。

 

ルーナは、医学生だったのです。

 

授業は頑張って聞いていたが、意味がわからず落第生だったとルーナ。

 

大樹はルーナの手を強く握り、千空を俺達の友達を護ってくれと頼みます。

 

一方、ゼノの科学要塞を視野に捉え潜んでいる、クロムとコハク。

 

攻め込む方法を考えている2人の背後から、語りかける声がします。

 

驚き振り向く2人の目に映ったのは、司、西園寺、右京、スイカ。

 

頼もしいメンバーにクロムとコハクは喜びます。

 

コーン畑を抜け城内に潜りこみたいが、周りに遮蔽物がなく開けており厳しいと、司。

 

少し考え「掘るしかない」と言う司に、同意する右京。

 

敵城内までの潜入地下通路、つまりトンネルをクラフトすると言うのです。

 

そのために必要な科学アイテムを千空に頼もうとする右京達。

 

丁度その時、ペルセウスからの連絡が入ります。

 

上杉謙信が使っていたと言われる上杉信号を使った連絡。

 

いろは表に対応した数字を読み上げるため、日本人しか知らないだろうと右京は言います。

 

その連絡で知る、千空への狙撃。

 

生きてはいるものの、千空の科学なしで穴を掘る事になってしまいました。

 

さらに千空から、たった3文字のメッセージが届きます。

 

「クロム」

 

今までの千空との科学の日々が、走馬灯のように蘇るクロム。

 

クロムの目からは涙が溢れます。

 

一方、千空の脳裏には白夜の言葉が蘇ります。

 

どんな状況でも、世界の仕組みを知りたいって奴が必ず出てくるー。

 

「科学者はテメーだ」と言葉を送る千空。

 

クロムの目から涙は消え闘志が宿り、心には灯が点ります。

 

スポンサーリンク

ドクターストーン160話の感想と考察

千空が死ぬはずは無いと思いつつも、千空が生きていると確信するまでは緊張が走りました。

 

ギリギリ生きていたものの、相当重症の千空。

 

まさかの医学生というルーナの力も借り、何とか回復を急いで欲しいものです。

 

そして久々に登場した、戦闘部隊の面々。

 

最近のゼノとの展開が濃くて、やや存在が薄れていましたが、千空側も攻め込んでいたのでした。

 

しかし、やっと合流しこれから攻め込むというところでの千空の悲報。

 

そして、千空からクロムへのメッセージ。

 

千空が動けない今、「クロム」という言葉を残す意味は一つしかありません。

 

千空はクロムに託したのです。

 

クロムも涙を流していましたが、同じく感動して涙が出てしまいました。

 

今まで、千空の科学を間近で見てきたクロム。

 

時には、千空が驚くような科学を自力で獲得していました。

 

千空を尊敬しつつも、自身の感覚や発見も発揮できるクロム。

 

そんなクロムであれば、今回のミッションに必要な科学アイテムも作り出してくれると信じています。

 

そして、戦闘部隊には頭のきれる、司、右京、西園寺もいます。

 

必ず力になってくれる事でしょう。

 

今までに見たことのない、クロムの闘志溢れる表情に期待せざるを得ません。

 

千空にはゆっくり療養してもらい、クロムの活躍を期待したいと思います。

 

<< 159話 一覧 161話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました