スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい186話ネタバレ考察感想あらすじ!バッティングセンターで楽しむ!

漫画ネタバレ

2020年7月30日発売の週刊ヤングジャンプ2020年35号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』186話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜186話は、かぐやがいない日に、マキがやって来て、白銀と石上を遊びに誘ったのです。

 

その途中で早坂に会ったので、彼女も誘う事にしました。

 

私服に着替えた4人がやって来たのは、秀知院学園の会長、書記、名家のお嬢様や元メイドには馴染みがないバッティングセンターでした。

 

果たして、何故バッティングセンターへと来たのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜186話『早坂愛は見付けたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 185話 一覧 187話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい186話のあらすじネタバレ

ある日、かぐやと千花が不在の生徒会室にマキがやって来たので、石上は取りあえずハーブティーを出すと、今日はどんな悲しいエピソードを持ってきたのか、と聞きます。

 

続けて、マキが来るという事は大体そんな話ばかりだし、片思いしている翼の事で傷を負ったんじゃないのか、と言っていく石上。

 

しかしマキは、バレンタインデーではちゃんと翼にチョコレートを渡せたし、これまでの人生で立ち塞がった壁を1人で乗り越えてきた自分を馬鹿にするな、と言います。

 

それなら何をしに来たのか、と石上は聞くとマキは乙女の顔をしながら、今日は2人と遊びたい気分だったから来たんだ、と答えました。

 

帰り道、何処へ行くか、と言う話題になりますが白銀は、一旦着替えてから行った方がいい、と言ったのです。

 

そんな中、早坂がやって来て、マキと少し話を始めたので白銀は話が終わるのを待つと、一緒に遊ばないか、と言って早坂を誘います。

 

石上とマキも特に反対しなかったので、早坂も一緒に遊ぶ事になりました。

 

早坂は、何処でもいい、と言ってので石上は、カラオケはどうか、と勧めるも以前合コンに行った際に白銀の酷い歌を聞かされてトラウマになっている早坂は、カラオケだけは死んでも嫌だから行先は自分で決める、と速攻で言ったのです。

 

そして4人は着替えた後、何故かバッティングセンターへと足を運んでいました。

 

早坂は、我慢や忍耐と言った抑圧を合法的に発散させるにはバッティングセンターが一番、と言います。

 

因みに3人はバッティングセンターに来た事はありませんでした。

 

早坂はいいバッティングをするので白銀は、バカスカ飛ばすじゃん、と言うと早坂は、雇用主に不満を抱いた時によく来ていた、と言ったので皆コメントできませんでした。

 

次は白銀の番なのだが、球技系が苦手なのでもし出来なかったら蔑まれるのではないかと思っていました。

 

実際打てなかったのだが、思っている以上に馬鹿にはされませんでした。

 

次は石上の番になったが、彼もまた白銀とどっこいどっこいでした。

 

次はマキの番になりましたが、求められる技術はシンプルだから経験の組み合わせで行ける、と言っていい打球を飛ばしていきます。

 

マキはかぐやと肩を並べるくらい天才であり、家柄も対等な存在だ、と2人に教える早坂。

 

それを知った石上は、言葉遣いを変えたほうがいいかな、というもマキはそれを望んでおらず、良いか悪いかは自分の目を見て判断してほしい、と言うのでした。

 

しかし石上は心の中で、かぐや並みに完璧なのにポンコツ感が拭えないし、どうして恋愛が上手くいかないんだ、と失礼な事を思っており、それは白銀も同意見でした。

 

折角だからと白銀と早坂、石上とマキとでどちらがヒットを多く打てるかでの勝負を始め、負けたチームはジュースを奢ると言う罰ゲームを設けました。

 

結果、僅差で白銀と早坂が勝ち、白銀と石上は再びバッティングを行い始めました。

 

2人っきりになったマキは未だに様付けする早坂に、自分は認めた相手を名前呼びするからこれからは愛と呼ぶけど、そっちは如何呼ぶのかは自分の目を見て決めて、と言います。

 

少し考えてマキを様じゃなくてさん付けにすることにした早坂。

 

そして動いたらお腹が空いたという事で牛丼を食べに行くも、マキは牛丼を食べながら、翼がチョコレートを受け取ってくれたのは嬉しいけど、中途半端に仲良くなったから余計に辛いし、どうせなら関係を断ったほうがいいかも、と言って泣き始めてしまいました。

 

石上は、こういう人だからビビらずに仲良くしたほうがいい、と早坂に言うと早坂は心の中で、この素直じゃない感じに馴染みがあるな、と呟きました。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい186話の感想と考察

今回は割とほのぼの回でしたね。

 

白銀の歌のせいでカラオケボックスがトラウマになっている早坂の勧めでバッティングセンターへとやってきた白銀達でしたが、割と楽しんでいましたね。

 

多分、他の人から見れば、女の子が凄くいいバッティングするな、男の子は酷いなと言った感じて見ていたかもしれませんね。

 

それにしても早坂は行き慣れていたせいか、バッティングがかなり様になっていたので驚きでした。

 

今回は白銀達がいたから普通に打っていましたが、かぐやとの主従関係時代は四宮家の関係者に誰も入らないように言ってから入り、大声を出してかぐやの悪口を言いながら打っていたんじゃないかと思ってしまいましたね。

 

それに今回の話でマキはかぐやと肩を並べる才能がありながらも、ばってイング対決で負けたらジュース奢ろうとか、お腹空いたから牛丼食べようとか普通に庶民的な発言も目立ちましたね。

 

普通に考えれば凄い人だけど、無自覚なのか何処かポンコツなので白銀や石上にとっては普通に接したり、彼女の相談に応じる事が出来るのでしょうね。

 

牛丼を食べながら翼にチョコレートを渡せたけど、半端に仲良くなったせいで余計に辛くなったとマキは言いましたが、本当に彼女にも幸せになってほしいなと思ってしまいますね。

 

<< 185話 一覧 187話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました