スポンサーリンク

彼女お借りします150話ネタバレ考察感想あらすじ!おばあちゃんの願いが叶った瞬間

漫画ネタバレ

2020年7月29日発売の週刊少年マガジン2020年35号で、『彼女、お借りします』150話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』150話では、一人おばあちゃんの傍で涙を流す水原。

 

そこに和也が持ってきたのは、完成した映画でした。

 

映像が流れ始めるとおばあちゃんの目が開き、静かに微笑みました。

 

本記事では、『彼女、お借りします』150話「嘘と彼女③」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 149話 一覧 151話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

彼女、お借りします150話のあらすじネタバレ

おばあちゃんと手を繋ぎ、壁に映し出されている映画を見る水原。

 

おばあちゃんが目を開けられていたのは、最初の10分だけでした。

 

それから一時間が経ち、水原は反応の無いおばあちゃんを見つめます。

 

もうこのままお別れだろうと考えている水原は、再び壁に目をやります。

 

エンドロールが流れ、自分の名前と和也の名前が流れます。

 

和也の言葉が頭から離れず、水原は立ち上がり、パソコンを閉じに行きます。

 

この先一生に一度も後悔しないかなど自分でもわからず、ずっと悩んでいる水原。

 

おばあちゃんも傍へ戻り、罪悪感がないというのは嘘だと考えます。

 

おばあちゃんから嫌われるのが嫌で、自分を守っているだけかもしれません。

 

しかし本当のことを伝えたところで、おばあちゃんを悲しませたことを後悔するということになります。

 

もうおばあちゃんの反応もなく、今言ったところで自分が救われるだけだと思う水原。

 

女優とは嘘をつく仕事で、幸せな嘘があると思いながら水原は過ごしてきました。

 

 

水原が学生の頃おばあちゃんに、女優は嘘をつく仕事だと伝えたことがあります。

 

しかしおばあちゃんは、人の心は99%の嘘と1%の真実で出来ていると話します。

 

水原はおばあちゃんの演技を見ていて、100%嘘じゃないと思っていました。

 

おばあちゃんは誰しも嘘をつかずには生きていけない、でもその嘘は大切な真実を守る為かもしれないと言います。

 

その好意を悪とは呼べないし、その真実が好きだというおばあちゃん。

 

たった一つの真実の為に99個の嘘をついても構わない、演技の本質はそこにあるのではないかと話します。

 

その時水原は、話がすり替わっていると笑い話にしました。

 

 

水原はおばあちゃんの言葉と和也の言葉を思いだし、どうしたらいいか分からないと涙が溢れます。

 

おばあちゃんを悲しませたくない、でも罪悪感もある、結論が出せない自分に胸がいっぱいになる水原。

 

顔をぐしゃぐしゃにしながら泣く水原の頬に、おばあちゃんの手が触れます。

 

おばあちゃんは弱く小さな声で、水原の名前を呼びます。

 

スポンサーリンク

彼女、お借りします150話の感想と考察

前回に続き涙が止まらない回でした。

 

映画も最初の10分しか見られなかったようですが、音は聞こえていたのかもしれません。

 

ずっと水原の演技を、耳で聞けていたと信じたいですね。

 

水原もずっと頭の中で、グルグルと考えていたんですよね。

 

本当のことを言うべきか、このまま言わないべきか。

 

決められないですよね。

 

同じ立場で考えても決められないと思います。

 

最期の最期に本当のことを伝えて、悲しませたままお別れをしたくはない。

 

でもずっと罪悪感を抱えて、すっきりしないまま生きていくのかとも思いますよね。

 

すごくすごく考えて、私なら言わないほうを選ぶかもしれません。

 

やっぱり最後は心配などかけたくはないと思ってしまいます。

 

ちなみに私は、自分の親で想像しました。

 

今まで沢山面倒をかけてきたのに、最後にまた心配をかけるのかと思ったら言えないですね。

 

水原も同じようなことを考えているから、こんなに悩んでいるのでしょうね。

 

しかももう時間がありません。

 

こうゆうとき人の脳内って、正常に動かないですよね。

 

最後、おばあちゃんが泣く水原に手を伸ばしましたが、このまま行くと水原は本当のことを言いそうですよね。

 

あのおばあちゃんなら受け止めてくれるだろうし、水原が和也に特別な想いがあることも分かっていると思います。

 

今後一人で生きていく水原の為に、話を聞いてくれると思います。

 

次回もまた泣きそうですね。

 

<< 149話 一覧 151話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました