スポンサーリンク

私の幸せな結婚ネタバレ15話(3巻)あらすじ感想も!美世、清霞への強い想い

漫画ネタバレ

『わたしの幸せな結婚』は、ガンガンONLINEにて連載されている顎木あくみ原作による高坂りとの人気漫画です。

 

わたしの幸せな結婚15話では、美世を探しに斎森家へと乗り込む清霞と幸次。

 

そこへ斎森の父親が出てきて・・・。

 

本記事では、『わたしの幸せな結婚』15話「譲れないもの」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 14話 一覧 16話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

漫画『わたしの幸せな結婚』15話のあらすじネタバレ

美世が目を覚ますと、手足を縛られていてどこかに閉じ込められていることに気づきました。

 

美世は連れ去られたことを思いだし、ゆり江は大丈夫だっただろうかと心配します。

 

清霞にも迷惑をかけてしまったと思いながら、辺りを見回すと、そこは斎森家の蔵の中だと気付きました。

 

すると蔵の戸が開く音がし、中に入ってきたのは香耶でした。

 

「おねえさま、もうお目覚めだったの?」と薄気味悪い笑顔で言うと、いい気味だ、おねえさまにはそんなキレイな着物は似合わない、汚れた着物がお似合いだと言いました。

 

そこへ義母もやってきて、「あなたのせいよ!」と美世を殴りつけます。

 

あなたのせいで私の人生はまたおかしくなった、本当に忌々しいと言いながら、倒れている美世を踏みつけます。

 

義母は美世の髪を鷲掴みにして、久堂との婚約を自分から破棄しなさいと言いました。

 

香耶は横から、私が代わりに久堂と婚約するから、そしたらおねえさまには幸次を返してあげると笑顔で言いました。

 

美世は思いました。

 

ここで諦めてしまえば楽になれる、今までもそうやってきた、婚約を破棄するといえば解放されるだろう、でも・・・

 

美世は、「嫌です」と言いました。

 

清霞の隣にいるのは私でありたい、美世の思いは強いものでした。

 

口ごたえするなとさらに義母に殴られる美世。

 

しかしどんなに殴られても美世は、自分が久堂の婚約者だ、誰にも譲らないと言いました。

 

その頃、斉森の家の門を焼きつくした清霞は幸次と二人中に入っていくと、斎森の父が何事かと外へ出てきました。

 

使用人は、門が雷で・・・と言うと二人が入ってきたことに気づき、斎森の父は清霞にどういうことかと尋ねると、清霞は、美世はどこだと尋ねました。

 

斎森の父は辰石が巻き込んだなと言うと、清霞は聞きたいことがあると言い、美世のことを父親として愛情はあるのかと尋ねました。

 

斎森の父は異能の持たないものに情などない、それでも何か利用できるかと思って生かしておいたが、もっと早くに始末しておくべきだったと言いました。

 

それを聞いた清霞は恐ろしい形相で、「やはりそれが本心か」と言い、それならもう遠慮はいらないなと言った時、辰石の主がやってきて「お帰り願おうか、久堂殿」と言いました。

 

清霞は美世はどこだと尋ねると、辰石は美世はもう清霞には会わない、戻らないと言っていると言いました。

 

清霞は本人の意思は直接本人に尋ねるからそこをどけと言うと、辰石は無理にでも通るなら不法侵入したと通報するぞと言います。

 

清霞はしたければすればいい、力づくでも通ると言うと、辰石と斎森の父は二人で結界を作りました。

 

しかし清霞はその二人がかりの結界をもろともせず、結界を破って中へ入っていき、一瞬の隙で辰石の腕をとらえ、地面にたたきつけました。

 

そんな様子を横で見ていた幸次は、同じ異能者としてもこんなにも差があるのか、涼しい顔でこれほどまでの威圧感を放つ、まるで冷酷無慈悲の魔人のようだと思いました。

 

屋敷の中に入った清霞と幸次は、美世を探していると、幸次は裏の蔵にいるかもしれないと言い、そちらへ向かおうとすると、突然、炎が二人をめがけて襲ってきました。

 

すぐさま清霞は結界を張り、炎から身を守ることができました。

 

清霞は屋敷の中で火を出すとはどこまで愚かなんだと言い、炎は瞬く間に屋敷中に広がっていきました。

 

炎を出したのは辰石でした。

 

辰石は、「美世は渡さん!」と言って清霞に近づくも、清霞は異能で感電させすぐに気絶させてしまいました。

 

幸次は、息子である自分が焼け死んでも父さんは構わなかったんだと思うと、悲しくもありましたが、奮起して、「蔵はこっちです、行きましょう」と清霞を案内しました。

 

スポンサーリンク

漫画『わたしの幸せな結婚』15話の感想と考察

今まで自分の意思なんて言うことができずにいた美世ですが、清霞の婚約者は自分だから誰にも譲らないと言ったのは、美世の強さを感じましたね。

 

清霞に出会ったからこそ美世は大事なものが増えて、それで強くなったんだろうなと思いました。

 

しかし清霞の異能の力が強すぎてびっくりしました。

 

辰石も斎森の父も全然歯が立たなくて、こんなにも差があるんだなと思いました。

 

清霞が二人がかりの結界を破ったり、一瞬で辰石を感電させて失神させたり、美しすぎるくらいきれいにやっていたのがすごかったです。

 

幸次が、「冷酷無慈悲の魔人」と思う気持ちがとてもよく分かりますね。

 

幸次も清霞の力を目の当たりにして、きっと美世を守るのは自分じゃなく清霞だと痛感したのではないでしょうか。

 

美世のいる蔵まであと少しのところまで清霞は来ているので、なんとか早く美世を助けだしてほしいです。

 

<< 14話 一覧 16話 >>
私の幸せな結婚を漫画BANKやzipダウンロード以外で無料で全巻読める方法!
本記事では漫画『わたしの幸せな結婚』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ わたしの幸せな結婚
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました