スポンサーリンク

ランウェイで笑って149話ネタバレ考察感想あらすじ!育人の売れ行きを目の当たりにした遠

漫画ネタバレ

2020年7月22日発売の週刊少年マガジン2020年34号で、ランウェイで笑って149話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って149話では、午後になり佐久間が招待した人たちが来はじめ、3位にまで上り詰めました。

 

その光景を、目の前で見ている遠はどうするのでしょうか。

 

本記事では、ランウェイで笑って149話「証明」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 148話 一覧 150話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ランウェイで笑って149話のあらすじネタバレ

孤児の頃、麻衣に拾われた遠は、その恩だけは忘れられないと感謝をしています。

 

しかし自遠がどれだけ頑張っても、世界一のデザイナーの孫という肩書きが取れません。

 

麻衣にも、遠は自分の真似をしているだけだと言われています。

 

 

お客さんでいっぱいの、育人のブースを見つめる遠。

 

その少し離れた横で、東が立っています。

 

自分は掃けた方がいいかと聞く東に遠は、お客さんの状態が分かるからここに居るのでしょうと笑って答えます。

 

丁度その時、遠に声掛けてきたのは派手な格好をした女性でした。

 

東は遠の余裕そうな表情をみて、焦っていないのかと不思議に感じています。

 

 

遠は東に、遠の資金援助をしてくれているアルマ・ベイカーを紹介します。

 

ベイカーの服装は大胆だが品があり、東は社長夫人か何かだろうと考えます。

 

東がアプロのデザイナーだと知っていたベイカーは、遠の服をどう思っているかと質問します。

 

東は遠の服は、アプロで修業していた成果が出ており、ゆったりと全身を覆う、左右非対称なデザインをよく受け継いでいると答えます。

 

 

裏で話しているテルミと麻衣も、遠は麻衣の影響下を抜けられていないと話しています。

 

それでもアプロを継ぐなら遠がいいという麻衣。

 

 

東の話を聞き、御礼を言うベイカーを見て、ふと服に目がいきます。

 

遠が仕立ててくれたと答えるベイカーに、少しまじまじと見せて欲しいと東は頼みます。

 

快く了承してくれたベイカーの服を見て、綺麗だとこぼす東。

 

今まで遠は、アプロらしく服そのもののフォルムを追求してきて、それが悪いというわけでもありませんでした。

 

 

遠は人の肉体が好きで、本質的に人というフォルムが一番綺麗だと思っていると麻衣が話します。

 

身体のラインを生かした、セクシャルなデザインが遠は得意で、麻衣が作ってきたものとは違うと言います。

 

本人も分かっていながら意地を張っているんだと、呆れたように笑う麻衣。

 

 

東はいつから遠が変わったんだと考えます。

 

アプロを追い出された時ではなくもっと後だと思い、ベイカーにその服はいつも貰ったかと聞きます。

 

9月の中頃だと聞き、TGCだと気づいた東。

 

TGCで遠は何かがあって、変わったんだと遠を見ます。

 

遠は東に、お客を増やすから戻った方がいいと声を掛けます。

 

 

オールジェンダーに向かっている時代だからこそ、性を押し出した服に需要があると納得する東。

 

麻衣は自分が求めたコンセプトは芸術でも服のフォルムでもなく、エゴだと言います。

 

遠のブースにはお客さんが集まり始め、遠は育人をまっすぐ見つめます。

 

自分はこれで、麻衣と同じデザイナーではないと自信を持つ遠。

 

遠の順位は3位、育人に追いつきました。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って149話の感想と考察

育人が売れていくのを目の前で見ていた遠は、どんな気持ちで見ていたのでしょうか。

 

焦っていなかったということは、最初からそれほどの策があったということですよね。

 

麻衣に拾われて命を助けてもらった恩で、麻衣の顔に泥を塗れないと頑張ってきた遠。

 

やはり有名な人の子供、孫というのはそれだけでかなりのプレッシャーがありますよね。

 

麻衣にもアプロから追い出され、大変な日々を送ってきた遠は、その中で自分のデザインを追求して来たんですね。

 

アプロの芸術と言われるほどのデザイン、着る人の体型ではなく、服のフォルムを重視していたデザインをよく受け継いでいるという遠ですが、元々は体型を見せるデザインが得意のようでしたね。

 

TGCで変わったといわれている遠ですが、やはり育人の影響ですかね。

 

お互いを意識し、高めあえる存在がいるのはいいですよね。

 

麻衣は遠にアプロを継がせたいようですが、実際どうなるのか分かりません。

 

遠にその意志はあるのかどうかも、微妙な感じになってきました。

 

自分の得意分野の服を出すなら、このまま独立していそうですし、あれだけ恩を感じているのなら喜んで継ぎそうですし、今回の回でわからなくなってきました。

 

アプロを継ぐのは誰になるのか、合同展示会で育人と遠は何位になるのか。

 

次回もとても楽しみです。

 

<< 148話 一覧 150話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました