スポンサーリンク

アクタージュ121話ネタバレ考察感想あらすじ!一日を思いきり過ごす景達!

アクタージュ

2020年7月20日発売の週刊少年ジャンプ2020年33・34合併号で、『アクタージュ』121話が掲載されました。

 

アクタージュ121話は、皐月は迫りくる大河ドラマのリハーサルに備えて本読みをしますが、景に今日はここで終わりと言われてしまったのです。

 

まだ全然本読みをしていないと皐月は文句を言うが、景は一応本読みはするけれど、それよりも大事な事があると言うと同時に自分を知る事が大事だと言いました。

 

2人にこのように言われた皐月は、取りあえず自分の詳細の全てを自由帳に書き記したのでした。

 

果たして、この事に何の意味があるのでしょうか。

 

本記事では、アクタージュ121話『また一歩』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 120話 一覧 122話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

アクタージュ121話のあらすじネタバレ

大河ドラマのリハーサルが迫る中、皐月は台本に書かれている台詞を読み上げていきますが景が突然、今日はこれでおしまい、と言われてしまいました。

 

今日はまだ本読みをしていない、と反論する皐月に景は、台詞の感じくらいは覚えておいたほうがいいから本読みはするけど大切な事がある、と言います。

 

それは自分を知る事だ、と言う景。

 

景に言われた通り、皐月は自由帳に自分についての事を全て書きましたが景は、自由帳を全部埋めるくらいじゃないと駄目だ、と酷評します。

 

皐月は、こんなことに意味はないんじゃないか、真波は撮影場が憧れていたが自分は何かに憧れた事がない、と不安を口にしたのです。

 

皐月の言葉から環は、憧れのものを今から作りたいとなると気が遠くなる、と言って余りお勧めしないと言う口ぶりで言い、それは景も同じであり、それよりも自由帳を埋めれば真波に近づく、と言います。

 

皐月は、昨日の景の言葉を思い出すと、やる、と口にしました。

 

そして行った事は釣りでした。

 

もう2時間もこうしている、と愚痴を言う皐月に、こういう退屈な時間を楽しむのが大人の遊びだ、と諭す環。

 

そうしたら皐月は、自分は真波の子供時代を演じるんだけど、と叫ぶと共に、自分達は明日に帰って明後日にはリハーサルしてその次は本番なのだからこんな事してる場合ではない、と言いました。

 

対する環は今の皐月の姿をスマホで撮っていたので、皐月は、自分は怒ったりしないと言う設定だからインスタにあげないでほしい、と言います。

 

そんな皐月を見て、皐月はブリっ子だ、とメモする景。

 

この事に怒ると共に、自分はブリっ子じゃない、と訴える皐月に環は、さっきのはブリっ子だよ、と言います。

 

景は、皐月は案外自分の事は自分で分からないからこのように遊びながら皐月を知っていこう、と言うと同時に、皐月は怒ると顔が赤くなる、とメモに書きました。

 

それから歩くのが嫌い、毛虫が嫌い、お風呂が好き、シラスは美味しいけど目が合うから嫌だ、ファンは好きであり、自分の事を好きな人が好き、と自分の事をメモっていく皐月。

 

そして夜になり、我に返ったかのように、これは結局ただの観光じゃないか、と叫ぶ皐月。

 

全然真波に近づけてないし、自分の事を書いていくうちに真波に似てないことが分かるし、今回の泊まり込みも母親に無理して許してもらったから作戦を成功させたいのに、と皐月は呟きます。

 

そんな彼女に、また一歩近づいた、と言う景に皐月は遂に我慢の限界を迎えて彼女に噛みつくと、一人で頑張るから、と怒って去っていったのです。

 

嫌われてしまった、と呟く景に環は、今日の皐月は景の言う事を聞いていたのだから信用されている、とフォローしました。

 

その夜、眠れなかった皐月は目を覚ますとスマホで景と自分が出演したCMを見て、汗を掻いているのに景は綺麗だ、と感じていました。

 

どうすれば景みたいになれるのか、と呟いたら横顔を撮っていた景が傍にいたので驚きます。

 

景は、自分はカメラマンの才能がある、と言って環が密かに撮っていた皐月の動画を編集して彼女に見せます。

 

皐月が動画を見ている間に景は、皐月は可愛いと言われるのが嫌いみたいだけど元が可愛いから仕方ないし、子供の頃からお芝居をする皐月には芝居をしないのが難しかったのかもしれないね、と言ったのです。

 

同時に、また一歩近づけた、と言います。

 

そして景は、さっきの横顔はいい表情だったし、真波が初めて撮影場に来た時もそんな表情だったかも、と言ったのです。

 

話を聞いていた皐月は、自分の憧れは景ではないかと思い始めますが即座に、違うから、と言ったので景は何が何だか分かりませんでした。

 

そして皐月が寝た後、景は一人で皐月の動画を見ていました。

 

出生も時代も関係なく、何時の世の子供が持っている目の前の事に笑って怒って泣く感覚は、大人になると共に失われるから皐月を経て、自分は真波になる、と景は心の中でつぶやきます。

 

その呟きが聞こえたのか環は、おっかない、と呟いたのでした。

 

スポンサーリンク

アクタージュ121話の感想と考察

今回の事から、景と環は皐月に女優としての皐月ではなく、何処にでもいる皐月の姿を撮って、彼女に素の姿を見せたかったのではないでしょうか。

 

真波の場合は子供の頃から女優ではなく、撮影所とそこで働いていた母親の影響を受けて女優の世界へと足を踏み入れました。

 

対する皐月は真波よりも前から女優であり、普通の子供として過ごしていた真波の演技が出来ないと景と環は感じていたのかもしれませんね。

 

それ故に皐月の本読みがしたいと言う反論を押し切って、2人は一日鎌倉を歩いて皐月の素の姿を撮り、彼女にこれが演技ではなく、皐月本来の姿であると自覚させたのだと思います。

 

後はこの事を皐月がどのように糧にしていくかにかかっているでしょうね。

 

そして景は景で恐ろしいなと思いましたね。

 

景もある程度成長した真波の子供時代を演じる事になっているので、皐月のように感情をむき出しにしながらも、大人になっていく真波のイメージを作り出しているのでしょうね。

 

そうなって来ると、景の次に真波を演じることになる環にプレッシャーが少しでもかかっていくので、環はおっかないと呟いたのだと思います。

 

次回で、環達はギリギリまで役の事を考えてから、鎌倉から去っていく事になるのではないでしょうか。

 

<< 120話 一覧 122話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

アクタージュ漫画ネタバレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました