スポンサーリンク

センゴク権兵衛181話ネタバレ考察感想あらすじ!豊臣関白太政大臣秀吉の外交の極意とは!?

漫画ネタバレ

2020年7月20日発売の週刊ヤングマガジン2020年34号で、『センゴク権兵衛』181話が掲載されました。

 

センゴク権兵衛181話は、豊臣関白太政大臣秀吉は毛利壱岐守吉成と小西摂津守行長に、唐入りを早めると伝え、その理由を話していました。

 

続いて外国の極意を教えようと言うと共に、小西摂津守行長に対して一番大切な物を自分に見せるように豊臣関白太政大臣秀吉は言いだし始めたのです。

 

ロザリオを見せてきた小西摂津守行長に、豊臣関白太政大臣秀吉はもっと大事な物を隠しているだろうと言われてしまったので、聖像を見せました。

 

果たして、豊臣関白太政大臣秀吉のこれらの行動の真意は何なのでしょうか。

 

本記事では、センゴク権兵衛181話『大望』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 180話 一覧 182話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

センゴク権兵衛181話のあらすじネタバレ

手始めに外交の極意を教えよう、と言う豊臣関白太政大臣秀吉に対し、毛利壱岐守吉成と小西摂津守行長は心臓をドキドキさせながら聞いていました。

 

そして豊臣関白太政大臣秀吉は小西摂津守行長に、小西摂津守行長が一番大事にしている物を自分に見せてみろ、と言い始めます。

 

小西摂津守行長が出した物はロザリオであり、豊臣関白太政大臣秀吉は、火で焼いていいか、と聞くと小西摂津守行長は、駄目だ、と言ったのです。

 

豊臣関白太政大臣秀吉は初花と言う茶器を取り出し、これと交換はどうか、と言うと小西摂津守行長の意志が一瞬揺らぐも、丁重に断りました。

 

そんな中、豊臣関白太政大臣秀吉は笑みを浮かべながら、自分に嘘をついていないか、もっと大事な物を隠し持っているのではないか、と問い詰めたのです。

 

続けて、聖像があるはずだから早く出せ、と迫る豊臣関白太政大臣秀吉。

 

もし出さなければ命を奪われてしまうと感じたのか、小西摂津守行長は冷や汗を掻きながら聖像を出しました。

 

聖像は流石に焼けないか、と豊臣関白太政大臣秀吉は言うと小西摂津守行長はすぐさま、無論、と言います。

 

それならロザリオと聖像、焼くとすればどちらを選ぶのか、と豊臣関白太政大臣秀吉は問い詰めると小西摂津守行長は悩みながら、ロゼリオを焼く、と答えたのです。

 

その答えを聞いた豊臣関白太政大臣秀吉は、それが外交だ、と笑いながら言いました。

 

ロザリオを小西摂津守行長に返した豊臣関白太政大臣秀吉は、二つの手段を組み合わせるわけじゃ、と言います。

 

第1の手段は徳川家に使った小さな要求を飲ませてから少しずつ大きな要求を飲ませる手段、第2の手段が北条家に使った敢えて飲めない要求を突き付けてからお互い譲歩出来るような要求を飲ませる手段だ、と語る豊臣関白太政大臣秀吉。

 

この話を踏まえつつ豊臣関白太政大臣秀吉は、大明国で派手に暴れてから大きな要求を突きつけるが、大明国は恐らく拒否するはずだからその際に寧波の開港と貿易の約定をとりつけるように持ちかける、と語ります。

 

続けて、通商圏奪取の策を成就させるために唐、天竺、安南、呂宋、高山の五か国同時脅嚇を仕掛ける、と豊臣関白太政大臣秀吉は言ったのです。

 

同時に仕掛ける事によって脅威の伝播を引き起こさせ、一斉に要求を飲ませる事で、日本、高麗、寧波、琉球、高山、呂宋、安南、天竺、南蛮と全ての港を開港させ、世の果てまで結ぶ商賈往還が大望である、と豊臣関白太政大臣秀吉は語りました。

 

改めて豊臣関白太政大臣秀吉は、この話を知るのは自分達のみであり、敵を威嚇するためにも諸大名が外交譲歩を促すための威嚇ではいけない、と言うのでした。

 

そんな中、権兵衛は竹を取って手作りの花入れを作っていた事に家臣達は驚いていました。

 

権兵衛は、小諸に行ってもどれくらい年貢が取れるか分からない、と言う事で花入れを作っていたのです。

 

それに権兵衛の妻であるお藤も、竹の花入れは千利休が作ったから重宝されている、と言いますが家臣達は興味がなかったので、お藤は頭を痛めます。

 

こうして価値転換の時が訪れようとしていました。

 

センゴク権兵衛を無料で全巻全部読める?漫画BANKやzipダウンロード以外で安全に読む方法!
本記事では漫画『センゴク権兵衛』を無料で全巻全部を読むことができるのか調べてみました。 もちろん星のロミや漫画BANKなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので...
スポンサーリンク

センゴク権兵衛181話の感想と考察

豊臣関白太政大臣秀吉はかなり壮大な計画と言うか、外交を考えていたようですね。

 

しかし、威嚇するなら大明国だけ攻め入ればいいのではないでしょうか。

 

後々明国から清国になる際、清国は諸外国から眠れる獅子と言う異名があったので、今の大明国も似たような異名があったのではないかと思います。

 

そんな国に百戦錬磨の日本軍が攻め入り、ド派手に大暴れすれば大明国の周辺の国は、日本は恐ろしい国だ、日本は大明国を恐れることなく攻め入っているから自分達では勝ち目はないと考えると思う筈です。

 

そして日本軍の強さに恐れた大明国に、豊臣関白太政大臣秀吉は頃合いとして貿易の事を持ち掛けて成立させれば、他の国も日本は自分達の国と貿易したいだけなら、戦争になるくらいなら貿易をしようと考えると思います。

 

これで豊臣関白太政大臣秀吉が望む通商圏の奪取が出来るのではないでしょうか。

 

残る問題は大明国の広さです。

 

大明国は他の国々よりもかなり広大な領地を持っているので、採れる食料も多く、人口も多いので軍隊もかなりの人数がいると思います。

 

もし大明国が豊臣関白太政大臣秀吉の思っているように早々に降参しなければ、日本軍は物量で追い込まれる可能性が高いので、その事を豊臣関白太政大臣秀吉が考えているかどうかが不安ですね。

 

<< 180話 一覧 182話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレセンゴク権兵衛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました