スポンサーリンク

極主夫道ネタバレ7話8話9話/1巻感想考察も!子供と一緒に遊ぶ龍!

漫画ネタバレ

『極主夫道』はウェブコミックサイト「くらげバンチ」で2018年2月から連載されたおおのこうすけ先生による人気漫画です。

 

2020年10月には俳優・玉木宏主演でドラマ化されるなど、大注目の作品です。

 

『極主夫道』1巻(7話~9話)は、かつて一晩に敵対している相手の事務所十か所を丸腰で制圧したとされる伝説のヤクザであり、不死身の龍と評された龍が今では足を洗い、仕事をしている奥さんに代わって専業主夫をしていました。

 

ある日、龍はPTAがあるからと言う事で近所に住んでいる保護者の子供である亮太を預かる事になりました。

 

しかし、元ヤクザだった龍が提案する遊びは、亮太にとっては楽しくない遊びばかりでした。

 

果たして、龍はちゃんと面倒を見れるのでしょうか。

 

本記事では、『極主夫道』1巻(7話~9話)のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 6話 一覧 10話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画『極主夫道』1巻(7話~9話)のあらすじネタバレ

第7話

近所に住んでいる保護者が、急にPTAの仕事が入った、と言って可愛い熊のエプロンをつけている龍に、息子の亮太を預かった欲しい、と頼んだのです。

 

龍は快く承諾するが亮太は龍の事を、たまに見る怖そうなおじさん、と言う余り良くない印象を持っていたのでした。

 

家に上がった亮太だったが、龍が怖そうな顔をして、何して遊ぼうか、と言ってきたので明らかに嫌な予感を覚えて、お世話になりました、と言って帰ろうとします。

 

そうしたら龍は未だに怖そうな顔をしながら、クッキー焼いたから食べないか、と言ってクッキーが乗っている皿を持ってきます。

 

亮太は1つ食べてみたら、美味しい、と口にしたので、用意しておいて良かった、と安堵する龍。

 

そして龍は、ゲームでもしようか、と提案してきたので亮太はテレビゲームかなと思っている様子でした。

 

しかし、実際のゲームは、麻雀とかヤクザがするような遊びでしたので、一通りやった亮太は家の端に行って、思っていたのと違う、と言ったのです。

 

その様子を見て、お姉ちゃんがいた方が良かったかな、と心の中で思う龍。

 

そうしたら亮太は美玖のコレクションであろうポリキュアのコバルトポリスを見つけると、それを手に掴んで走り回ったが、途中で転んでしまい、しかも転んだ衝撃で真っ二つに破損していたのです。

 

不安な表情の亮太を見た龍は、ケツモチは任せろ、失敗は誰にでもあるから大事なのはその失敗をどう取り戻すかだ、と言って庭へと行きます。

 

そして空き地の地面をスコップで掘って、小さなドラム缶にポリキュアのコバルトポリスを入れて、埋めようとする龍。

 

うちの組長もやってしまったら埋めれと言っていた、と言う龍だったが、亮太は良く分かっていませんでした。

 

そんな中、美玖が帰ってきたので龍はすぐさま土下座したのでした。

 

スポンサーリンク

第8話

ある日、龍の元舎弟だった雅がヤクザとぶつかってしまったので、一触即発になるのだが数的には雅が不利でした。

 

雅は必勝法をスマホでググろうとするも、その前にやられそうになっていたのです。

 

そこへ、主婦のためのおしゃれDIYBOOKを読みながらかつ板を持って歩いていて、可愛らしい熊のエプロンを纏っている龍が現れました。

 

雅はヤクザ達に、龍が来たらお前らはもう終わりだ、と言ったら何故か龍に叩かれたのです。

 

自分で売った喧嘩だから自分で片づけるのが筋だからだ、と雅に言う龍。

 

ヤクザ達は龍の事を知っていたので、手を出さずに去る事にしたみたいです。

 

しかし、雅が、逃げるのか、と余計な挑発をしたのでヤクザは龍が持っていた板を掴んで、それを振るう事で龍の顔面を思いっきりぶん殴ったのです。

 

対する龍は頭から血を流していたが、2×4材の板は頑丈だから椅子にピッタリ、と余裕そうに言います。

 

今度は仕込み刀を抜いて龍を突き刺そうとするヤクザだったが、龍は本を使ってガードすると共に、木材を切るのに刃物を使う時には周りに人がいないのを確かめろ、と言い放ちます。

 

ヤクザ達は勝てないと察したのか、そそくさと撤退していったのです。

 

この様子を見ていた雅は、主夫とヤクザは表裏一体で、主夫の道とヤクザの道は繋がっている、と察して龍に、教えてほしい、と頼みました。

 

そして2人は協力して椅子を作り、満面の笑みを浮かべていたがその顔は怖かったのです。

 

スポンサーリンク

第9話

ある日、龍は美玖と共に大型スーパーに来て、買い物をしていました。

 

龍は店員に、白い粉はないか、と聞くと、店員は龍の見た目から麻薬かと思ったのか、ありません、と答えたのです。

 

美玖は、小麦の事を言っている、と言ってフォローしました。

 

それから買い物を続けるが、美玖がコーラを始め、ゲームやフィギュア、VRを買おうとしており、龍は全部駄目だと言いました。

 

余りに駄目だと言うので美玖は龍に対して、ちょっとぐらいいいじゃん、ちょびひげ、グラサン、と文句を言うと龍は、そんなわがままな子にはゲームは買わない、と反論したのです。

 

その様子を見ていた他の客が怖がっており、その姿を見た美玖は龍を人気のない場所へと連れていきます。

 

そこで龍に、皆から怖がられている、と言う美玖。

 

しかし龍は、そんなわけないし、自分は近所とは上手く言っているしひょうきん者とされている、と言いました。

 

美玖は、今の服装は威圧感があるから別の服を買ったら、と提案して服屋に行くと、龍に色々な服を着させてみるが結局変わりませんでした。

 

仮にも主夫なんだし、可愛げが欲しい、と言う美玖に威圧感を感じる龍。

 

それから龍は一人で歩きながら、自分に可愛げはいらない、と言っているとあるものを見つけます。

 

龍を待っている美玖は出会った頃の血まみれで今よりおっかなかった龍の姿を思い浮かべながら、当時に比べれば大分マシになった、と心の中で呟いたのです。

 

そこへ龍がこれまでつけていた可愛い熊のエプロンからポリキュアのエプロンをつけて現れると、美玖は、可愛い、と言うのでした。

 

しかし通りすがった子供が親に、あの2人やばい、と言うのでした。

 

スポンサーリンク

漫画『極主夫道』1巻(7話~9話)の感想と考察

第7話では龍が亮太と遊ぼうと、彼なりに頑張っていたようですが、上手くいきませんでしたね。

 

クッキーに関しては効果てきめんでしたが、その後のゲームが良くなかったなと思いましたね。

 

長い間ヤクザをしてきた龍にとって、麻雀とかがゲームなのだと思っているみたいですが、亮太ぐらいの子供はそう言うゲームは一切遊びません。

 

これからも今回のように子供の面倒を見ると言う機会があるはずですので、今回の失敗を糧に頑張ってほしいですね。

 

第8話は、雅が主夫はヤクザと表裏一体と大きな間違いをしていますが、足を洗ういい機会になるんじゃないかなと思います。

 

今回行ったのは椅子づくりでしたが、これを機に主夫の楽しさに目覚めてほしいですね。

 

第9話は、ヤクザの男性と結婚している女性にとって、旦那が怖がられていると言うのは辛い事なのが分かりましたね。

 

美玖が初めて会った時の龍の事を思い浮かべましたが、今と比べれば確かに良くなりましたし、イメージを変えるのに大分苦労したのが分かりますね。

 

後は愛想が必要だと思って、可愛げが欲しいと言ったのでしょう。

 

龍も龍なりに考えてポリキュアのエプロンを購入して纏いましたが、美玖には好評でも子供から見たらおかしいとされているので、きっと他の人も同じ思いの筈です。

 

それ故にエプロン以外での可愛げが欲しいなと思いましたね。

 

<< 6話 一覧 10話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 極主夫道
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました