スポンサーリンク

エデンズゼロ102話ネタバレ考察感想あらすじ!ジギーがとる2つの衝撃行動とは?

漫画ネタバレ

2020年7月15日発売の週刊少年マガジン2020年33号で、『エデンズゼロ』102話が掲載されました。

 

『エデンズゼロ』102話は、ジギーはピーノに自分のもとに来るよう声をかけますが、それにはピーノのある秘密が理由にありました。

 

その秘密とはいったいなんなのか?

 

そして、エデンズワンでグランベル脱出したジギーはエデンズゼロのメンバーにあるものを紹介します。

 

果たしてそれは?

 

本記事では、エデンズゼロ102話『別れの時』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 101話 一覧 103話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

エデンズゼロ102話のあらすじネタバレ

「お前はこちら側だ」

 

ジギーはピーノに自分のもとに来るよう呼びますが、ピーノは困惑していました。

 

一方、ジギーの行動わからないので涙を流しながら説得するシキやハーミット。

 

そして、上空に浮かぶ戦艦の名前を見て驚くレベッカ。

 

“EDENS ONE”

 

この戦艦にはそう書かれていましたが、その戦艦の存在を知らないのハーミットは混乱していました。

 

「ピーノお前はワシの命令には逆らえぬように作られている」

 

ピーノの秘密をジギーが明かした直後、ピーノはジギーのもとに震えながら向かおうとしました。

 

「プログラムに従え…お前に自我などない」

 

この一言が引き金となり、ジギーに命令権限を設定したりシステム再起動や人物ファイルの削除を始めました。

 

そんなピーノの行動を必死に止めようとするハーミットやハッピー。

 

一方、演技だと思っていたレベッカとシキ。

 

そして、ジギーは再び重力の攻撃を放ちました。

 

重力に押しつぶされて崩れゆくグランベルの街。

 

重力の攻撃によりできた穴に落ちていったハッピーやレベッカ落ちますがシキが救助します。

 

一方、ハッピーたちと同じように落下していたホムラをアーセナルの姿に変身したワイズが救出しました。

 

「負けるな‼︎‼︎自分の生きたい道を思い出してくれー‼︎‼︎」

 

レベッカの無事を確認してすぐにピーノに声をかけるシキ。

 

その彼の言葉に反応してピーノは涙を流していました。

 

「ご主人たちと一緒にいたいです‼︎‼︎」

 

我に返り自分の想いをピーノは叫びました。

 

我に帰ったピーノに安堵するシキとピーノの考えを知ったあとにエデンズワンに乗り込むジギー。

 

そしてエデンズワンはグランベルから脱出しました。

 

エデンスゼロが飛び立った直後、シキたちのもとにエデンズゼロがやってきました。

 

みんなを乗せてエデンズワンを追いかけようとしますが、艦内ではグランベルに降りたハーミットと艦内にたシスターやウィッチが口論を始めました。

 

そして、一同が気になっていたのはエデンズワンとは何なのかということ。

 

そんなエデンズゼロのモニターにレベッカが知る人物の姿が出てきました。

 

「エデンズゼロのクルー及び四煌星の諸君こちらエデンズワン」

 

モニターに映ったのはコナーでした。

 

それに対してレベッカはなぜエデンズワンにコナーが乗っているのか気になっていました。

 

続いて映像に出てきたのはジギー。

 

「0は1に進むための試作品にすぎぬ」

 

ジギーはエデンズゼロを消そうとしていました。

 

そして、ジギーは何かを紹介しようとします。

 

「魔王四黒星」

 

彼らはジギー曰く、シスターたち魔王四煌星の上位互換機とのこと。

 

魔王四黒星を見て戸惑いを隠せないウィッチ・ハーミット・シスター。

 

「オレに友達の大切さを教えくれたじゃねーか」

 

「その友達とともに死ねるのは幸せなことだ」

 

モニター越しで話すシキとジギーでしたが、2人の考えは真っ向から対立していました。

 

スポンサーリンク

エデンズゼロ102話の感想と考察

まず、自分のもとに来るようピーノに声をかけたジギー。

 

そんなピーノにはジギーの命令には逆らうことができないという秘密がありました。

 

ジギーに命令権限が一時的に奪われるものの最終的にはシキの説得で我に帰りましが、もしもジギーの軍門に下ってしまったら、エーテルギアにも影響があるEMPがエデンズゼロのメンバーに猛威を奮っていたかも知れません。

 

そして、レベッカはエデンズワンにコナーが乗っていたことを知ります。

 

100話でグランベルに向かう理由を「約束を果たす時が来た」とコナーは最後に言っていますが、ジギーのためにグランベルに向かったということはわかりました。

 

しかし、この2人の約束の詳細やつながりはまだわからないので、今後この謎があきらかになることを期待したいと思います。

 

そして、魔王四黒星という魔王四煌星の上位互換機が登場しました。

 

ピエロのようなのはシスター、その隣の人型はウィッチ。

 

宇宙人のようなやつはハーミットで一番右の巨人はヴァルキリーの上位互換ではないかと思いました。

 

そして、次回のタイトルは『激突の宇宙』となっているので、魔王四煌星と魔王四黒星との戦いになると思います。

 

魔王四黒星の実力も当然気になりますが、対戦カードがどうなるかもとても気になります!

 

<< 101話 一覧 103話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました