スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ166話ネタバレ考察感想あらすじ!タケミチの何が稀咲にとって脅威なのか?

漫画ネタバレ

2020年7月15日発売の週刊少年マガジン2020年33号で、『東京卍リベンジャーズ』166話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』166話は、タケミチと鶴蝶のバトルと思いきや、稀咲が乱入してきますが、彼はこの戦いには相応しくない武器を持っていました。

 

果たしてそれは一体何だったのか?

 

しかし、それでもタケミチは屈しませんでしたが、他の人には負けられないあるものが彼をここまで強くさせていましたが、それこそが稀咲が恐怖で震える原因でした。

 

それは何なのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ166話『Brave heart』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 165話 一覧 167話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

東京卍リベンジャーズ166話のあらすじネタバレ

「オレがいる限り東卍は負けねぇんだよ」

 

ボロボロにも関わらず立ち続けていたり、勝利を信じているタケミチに鶴蝶は圧倒されており震えが止まりません。

 

また、九井や千冬も驚いてその場に立ち尽くしていました。

 

「早くとどめを刺せ!」

 

タケミチを早く倒すよう指示をイザナはしますが、それでもなお震えが止まらない鶴蝶。

 

この時、タケミチは鶴蝶に負ける気がしていませんでした。

 

その理由は、鶴蝶から勝つことに対する執着を彼の目から感じることができなかったからです。

 

「じゃあテメェにはあんのか?タケミっち」

 

「その「死んでも負けられねぇって覚悟」がよぉ!」

 

タケミチの前に突然現れたのは稀咲でした。

 

彼は拳銃を持っており銃口をタケミチに向けていました。

 

当然、彼の後ろにいた天竺の隊員たちは驚いていましたが、九井や鶴蝶もただの喧嘩にも関わらず銃を使うという稀咲の行動に驚いていました。

 

一方、ムーチョやイザナはこの状況に対して全く動じていませんでした。

 

しかし、稀咲はタケミチのある状況に対して疑問を抱いていました。

 

それは、銃口を向けられているにも関わらず視線からは恐怖を感じることができないと言うことです。

 

銃口を向けられえているのに恐怖を感じていないタケミチには脳裏に今まで散っていった仲間たちの姿が浮かんでいました。

 

ナオト(大人の姿)や血のハロウィンで亡くなった場地。

 

さらには大人の姿の千冬。

 

彼らから託された想いが自分のことを支えていることを実感していたので、稀咲に銃を向けられているにも関わらず恐怖を感じていませんでした。

 

「お前何びびってんだよ?」

 

この時びびっていたのは、銃を向けられていたタケミチではなく銃を向けていた稀咲でした。

 

そして、鳴り響く銃声。

 

銃声が響いた瞬間、発砲したことに驚く千冬たち。

 

一方、震えが止まらない稀咲の銃は下を向いていました。

 

稀咲が撃ったのはタケミチは左足でした。

 

「足撃ったってオレは死なねぇぞ」

 

撃たれてもなお、稀咲を睨みつけるタケミチとそれに怯える稀咲。

 

そして、タケミチの脳裏に再び浮かんだたくさんの人の姿。

 

その中には大人のマイキーやこの戦いの前に亡くなってしまったエマ。

 

さらに、ヒナの姿がありました。

 

「俺にはマイキー君みてぇなカリスマもねぇ」

 

タケミチが突然話し始めたので、驚く稀咲。

 

その後、自分にはナオトのような賢さや九井のような器用さ、さらにはムーチョのような体型やドラケンのような強さがないと語り続けます。

 

「諦めねぇ‼︎!」

 

「死んも諦めねぇ事だ‼︎」

 

今の自分にできることは、“諦めないこと”であると立ち上がりながら言うタケミチ。

 

彼の言葉は千冬だけではなく敵である鶴蝶や九井、さらにはムーチョの心に響いているようでした。

 

一方、タケミチの執念に対して、稀咲は圧倒されて震えが止まりませんでした。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ166話の感想と考察

気持ちで鶴蝶を圧倒したタケミチ。

 

それはイザナの命令すら凌駕していました。

 

一応、2人のバトルが決着したようですが、そこに稀咲が拳銃を持って乱入!

 

蘭も警棒を使っていましたがこれで即死にはならないけれども、稀咲が使うのは拳銃。

 

みんなは喧嘩しているにも関わらず、稀咲はエマだけでなくタケミチを殺害しようとしています。

 

これには主要キャラ以外だけではなく他の天竺の隊員たちも驚くのは当然の結果だと思います。

 

ちなみに、稀咲には東京卍會(特にマイキー)を手に入れるために失敗に終わってしまいましたがドラケン殺害や血のハロウィンで一虎を使って場地を殺害させた過去があるので、今回も邪魔者を排除ということでこの行為に及んだのだと思います。

 

しかし、それでも屈しないタケミチ。

 

自分でも恐怖を感じていないことに対して違和感を覚えているようですが、今まで散って行った仲間がというのもあると思いますが、それだけではないと思います。

 

それは、稀咲との直接対決という展開になり彼を倒せば未来が変わるかもしれないという想いだと思います。

 

そして、タケミチの最後の発言で天竺の大半が戦意喪失しているようですが、最後のページの描写を踏まえるとその中に鶴蝶や九井さらにはムーチョも含まれると思われるので、この3人とのバトルはもう描かれないと思います。

 

しかし、このままの流れで行くとイザナのバトルがぺーやんの時だけでこの戦いが終わってしまう可能性が出てきた気がします。

 

このまま終わってしまうのか?

 

それとも、更なる展開が待っているのか?

 

今後も目が離せないですね。

 

<< 165話 一覧 167話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました