スポンサーリンク

ブラクロ257話ネタバレ考察感想あらすじ!アスタに手を貸すように言うヤミ

漫画ネタバレ

2020年7月13日発売の週刊少年ジャンプ2020年32号で、『ブラッククローバー』257話が掲載されました。

 

ブラッククローバー257話は、ダンテも、アスタ達も、自分自身すら驚くくらいの突き攻撃を繰り出してダンテの顔、腕、翼、下半身以外の部分を消し飛ばしたヤミ。

 

しかし、ダンテは体を失ったのに不敵な笑みを浮かべました。

 

寧ろ、お礼を言って切り口から細胞を活性化させて失ってしまった体を復活させることに成功したのです。

 

おまけに、体つきも先程よりも大きくなっていました。

 

果たして、一体どのような事をして復活する事が出来たのでしょうか。

 

本記事では、ブラッククローバー257話『奮起』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 256話 一覧 258話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ブラッククローバー257話のあらすじネタバレ

ヤミが自らの限界を超えた強力な突き攻撃である闇魔法・死突を繰り出してダンテの顔、翼、両腕、下半身以外を吹き飛ばしました。

 

余りに強烈な一撃だったので、繰り出したヤミ自身がビビっており、ダンテに対して、体吹き飛ばしちゃってごめん、丁度的みたいな模様だったし、と冷や汗を掻きながら言います。

 

対するダンテは、本気の自分と戦える人間がいるとは、と驚愕しながら思うと同時に、そんな人間がいるから自分はこのような醜態を晒しているんだ、と思うと薄気味悪い笑みを浮かべ始めたのです。

 

その笑みを見たヤミは、体を震わせてしまいます。

 

そして、本当に憎たらしいが有難う、とダンテはヤミに対してお礼を言うと体を再生させていき、この光景を見ていたフィンラル、グレイ、バネッサは驚きを隠せませんでした。

 

ダンテが言うには、自身の本来の魔法は肉体魔法であり、悪魔の力で自己再生機能が爆発的に高められているので、自分が死ぬ事も、年を取る事も、衰える事もない、との事です。

 

そして再生と同時に巨大な体の化け物となり、ヤミはこの姿を見て、もう人間ではない、と言います。

 

再生時と変形時の時の醜さが嫌いだから肉体魔法は使いたくないが、自分が肉体魔法を使うくらい追い詰められたという事だから喜ばしくもある、と言うダンテ。

 

そして両腕を振るって攻撃を仕掛け、ヤミは回避していくともう一度闇魔法・死突を繰り出して右半身を吹っ飛ばします。

 

しかし、ダンテはこの状況で、本当に素晴らしい、戦闘におけるセンスや技術は自分よりも上で嫉妬する、と褒めるも、自分は死なないから勝つ事は不可能、と言い放ちます。

 

ダンテは、世の中は理不尽で不平等であり、世の中には自分のようにどうしようもできない事象がある、と言って傷を再生させていきます。

 

例え才能がある者や鍛錬で鍛えた者が、万が一自分の喉元に刃を突き立てたとしても自分が全てを上回って叩き潰すのが至高の喜びだ、とダンテは言ってヤミに攻撃を繰り出していくのです。

 

ヤミはただひたすらに避けていくも、避け続けるのも限界が来てしまったのか、避けきれずに強力な一撃を喰らってしまいました。

 

そんなヤミに、ここまで来てくれてありがとう、とお礼を言うダンテ。

 

傷を負っても戦うヤミの姿を見たアスタは心の中で、ヤミが限界を超えて戦っているのに動けよ俺の体、と言って立ち上がろうとするも気持ちとは裏腹に体は言う事を聞きませんでした。

 

その事に悔しさを覚えるアスタ。

 

そして追い詰められたヤミは一呼吸つくと、自分だけじゃ目の前にいる滅茶苦茶キモくて魔力無限で死なないダンテは倒せない、と弱音を吐きます。

 

同時に、お前がいないと勝てないぞアスタ、と言うヤミ。

 

これまで自身のピンチの時は何時もヤミが駆けつけてくれたが、今回はヤミが助けを求めてきた、と思ったアスタは無理をしてでも立ち上がると、断魔の剣を自分の元に呼び寄せたのです。

 

そしてヤミの隣に立って、剣を構えるのでした。

 

ブラッククローバー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやraw以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ブラッククローバー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ブラッククローバー257話の感想と考察

やはりダンテも2つの魔法を持っていましたね。

 

ダンテが宿している悪魔であるルチフェロはかなり上位クラスみたいなので、憑依されたと同時に不死の肉体になったんじゃないかなと思います。

 

それにただでさえ、強いダンテが肉体魔法の恩恵によって戦闘力が高まるのは反則ですね。

 

ヤミがアスタに力を貸せと言ったのも、アスタの力で一時的にダンテの魔法を無力化させたかったんじゃないかなと思いますね。

 

肉体魔法さえ無力化出来れば、肉体が回復する事が無くなるのでヤミが先程の一撃をダンテに叩き込めば、間違いなく倒す事が出来る筈です。

 

次回は、アスタが限界を超えるのではないかと思います。

 

前回の話で、ヤミが悪魔の力を解放させたダンテ相手に、限界を超えた一撃をダンテに浴びせました。

 

団長であるヤミ自らが限界を超えたのですから、団員であり、魔力を持たなかったのに騎士団に入れてくれたヤミのためにも、限界を超えないといけないでしょう。

 

アスタもダンテと同じように悪魔憑きなので、今の自分の状態で限界ギリギリまで制御できるくらいの悪魔の力を解放していくのだと思います。

 

そしてダンテの攻撃を避けていき、反魔法でダンテを無力化させるのではないでしょうか。

 

<< 256話 一覧 258話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました