スポンサーリンク

ハイキュー401話ネタバレ考察感想あらすじ!日本代表になる日向と影山

漫画ネタバレ

2020年7月13日発売の週刊少年ジャンプ2020年32号で、『ハイキュー』401話が掲載されました。

 

ハイキュー401話は、ネット越しに飛ぶ日向と影山。

 

強くなればより強い者が立ち塞がると思いながら日向は、影山のブロックを避けてスパイクを打ちます。

 

しかし、影山は辛うじて手で触れて止める事で、ボールは相手のコートに落ちず、日向達のコートへと落ちていったのです。

 

ブラックジャッカルの面々は万事休すと言った表情をしていましたが、日向は諦めずに足を伸ばして、踵にボールを上げました。

 

果たして、ボールの行方はどうなるのでしょうか。

 

本記事では、ハイキュー401話『約束』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 400話 一覧 402話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ハイキュー401話のあらすじネタバレ

スパイクを打とうとジャンプする日向と、ブロックを決めようとジャンプする影山。

 

強くなれば絶対に目の前にはもっと強い誰かが現れる、と言う過去の自分が言った言葉を思い出す日向。

 

そして影山のブロックを見て、日向は右側にスパイクを打ちます。

 

しかし、影山は何とか手を伸ばして落とすことに成功したのです。

 

木兎、侑、佐久早は拾いたくても間に合わない状況なので、万事休すと言った状態です。

 

そんな中、日向はブラジルの時の経験を生かして、足を伸ばして踵を使ってボールを拾いました。

 

何とか上がったのでボールの下に入った侑はトスを上げようとし、日向は着地したと同時に逆サイドへと走り出しました。

 

その姿に影山と昼神は気を取られてしまい、我に返った時には侑が木兎にトスを上げていて、その木兎はスパイクを打とうとしていたのです。

 

そして木兎の渾身のスパイクが決まったので、ブラックジャッカルの勝利と終わりました。

 

入団したばかりの日向は嬉しそうな表情をしており、影山は悔しそうではあるものの悔いはありませんでした。

 

両チームの選手は握手を交わし、影山は日向に対して、来たな、と言うと日向は、来たぜ、と言いつつ、俺の1096勝1100敗、と言いました。

 

勝敗の事が耳に入った侑と木兎が日向に尋ねると日向は、影山とは高校時代からあらゆる競争から試合出場回数まで全部勝負している、と答えたのです。

 

日向は、ビーチの試合数を足してないから野良試合も入れていいか、と聞くと影山は、それなら練習試合分も足す、と言ったので侑は、聞いているだけで疲れる、と零します。

 

観戦していた谷地は、終わったね、と言うと山口も頷きますが、月島は、まだシーズンは始まったばかりだけど、と言ったので2人は、応援に行く、と言いましたが月島は、結構、と素っ気なく言います。

 

その頃、日向はクールダウンしていて、そんな彼の元にニコラスが子供のルーベンを引き連れて声を掛けます。

 

ルーベンと写真を撮ってくれないか、と頼むニコラスを前に日向はブラジル語で、勿論、と答えます。

 

このやり取りを聞いていた影山は、日向は何か国語喋れるんだ、と心の中で呟きます。

 

赤葦と宇内は木兎の取材をしていて、調子がムラムラだった頃の自分はもういない、普通になった、と言う木兎に対して赤葦は、普通ではないと思います、と答えたのです。

 

木兎は、まさか普通になった自分を見逃したのか、と言うと赤葦は、木兎と自分では普通のワードの認識に齟齬があるのでは、と思って、凄く普通だなと言う意味で、と訂正しました。

 

この話に宇内はついていけていませんでした。

 

その頃、日向は女性から、バレーボール協会の方が見えている、と言われて会うと、その人物は元音駒高校のキャプテンであった黒尾でした。

 

今の黒尾は日本バレーボール協会の競技普及事業部の一人で活躍しており、日向に名刺を渡します。

 

そして昔みたくフランクな感じで接しつつ、金が動いて経済が回って、沢山の人が熱狂して元気になって、人があんまし死なないのがスポーツであり、こんなにいたり尽くせりなものがあるか、と日向に言う黒尾。

 

その頃、影山は中学時代のチームメイトである国見と金田一に声をかけ、おっさんになってからでもじいさんになってからでもいいからまた一緒にバレーしよう、と言います。

 

金田一は即答で、やろう、と言うと国見は、仕事とかが休みだったら、と答えたのです。

 

この答えを聞いて笑む影山でした。

 

星海は柄長からインタビューを受けており、彼女から日向のことを聞かれると逆にそっちはどう思ったと星海は質問し返します。

 

柄長は、全てにおいてバランスが良くてあの体幹があらゆる事を可能にしている、と言うと星海は、セッティングと守備は日向に若干抜かれた感じがある、と答えます。

 

そして柄長の、凄いライバルが現れましたね、と言う質問に対する答えは、そうだけどそうじゃない、自分達が共に世界に倒す、と言うものでした。

 

それから月日が流れ、2021年になった事で東京2020年オリオンピックが始まり、有明アリーナでは日本代表になった日向と影山がいました。

 

ハイキュー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやhanascan以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ハイキュー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKやhanascanなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ハイキュー401話の感想と考察

日向や影山を始めとした妖怪世代が一同に会した長い試合は、日向が加入したばかりのブラックジャッカルの勝利で終わりましたね。

 

最後のプレーはブラジルでの経験がある日向の技術があったから、上げられたのではないかなと思いましたね。

 

日向がブラジルに行っていなかったら、まだ勝負は分からなくなっていたのではないでしょうか。

 

それ故に紙一重と言ったところだと思います。

 

そして試合を決めた木兎のスパイクも、日向が囮として動いたから決まったと思いますし、まさしく日向のファインプレーでしょう。

 

試合が決まった際の影山が笑顔だったのも、ブラジルでの経験を経て日向が大きくしていて、これからの日向達との試合を十二分に楽しむ事が出来るかもしれないという意味での笑みだと思います。

 

それ故に、来たなと言ったのでしょう。

 

そして黒尾がバレーボール協会の関係者になっている事には驚きでしたね。

 

殆どの卒業後の音駒の面々が誰も登場しなかったので、余計に驚いてしまいましたね。

 

次回はいよいよ最終回であり、日向と影山がオリンピック日本代表の一員として加わっているので、世界の強豪を相手に変人速攻を決めて、世界をあっと言わせてくれるのではないかなと思います。

 

<< 400話 一覧 402話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレハイキュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました