スポンサーリンク

恋と嘘ネタバレ6巻(23話24話25話26話)感想考察も!由佳吏と莉々奈の決断

漫画ネタバレ

漫画『恋と嘘』は、2014年8月からマンガボックスにて連載されているムサヲ先生による人気漫画です。

 

恋と嘘6巻は、由佳吏の家族と莉々奈の家族は合同で温泉旅行に行くことになりました。

 

そこで二人の気持ちが・・・。

 

本記事では、『恋と嘘』6巻のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 5巻 一覧 7巻 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画『恋と嘘』6巻のあらすじネタバレ

第23話「恋した相手は」

莉々奈が図書館にいると、有紗がやってきました。

 

有紗は莉々奈と一緒に帰りながら、莉々奈の元担当医で有紗の兄のことが、有紗は好きだったと話します。

 

有紗は政府通知が来た兄が今は幸せにしているので、自分が辛くても相手が幸せで笑顔になってくれていたらそれでいいと言い、それを聞いた莉々奈は共感できる部分がありました。

 

それから2人は他愛もない話をしながら笑いながら帰っていきました。

 

ある日の夜、由佳吏の家のチャイムが鳴ったので由佳吏が玄関に出ると、そこには五十嵐柊が雨の中傘も差さずに立っていました。

 

五十嵐は、この間猫カフェで話したことを美咲に言ったか?と尋ねるので、由佳吏は言ってないし五十嵐と会ったことも言ってないと言います。

 

五十嵐が美咲から連絡がきたと言うと、なんてきたのか尋ねる由佳吏にそれは言えないと言い、そればっかりだなと言うと、五十嵐は猫カフェで話し事を今後も美咲には言わないでほしい、美咲が知ったら絶交されるからと言って帰っていきました。

 

それから週末になり、由佳吏の家族と莉々奈の家族は合同で温泉旅行にやってきました。

 

スポンサーリンク

第24話「真実に繋がる嘘」

莉々奈と由佳吏は、川辺に行ったり、温泉まんじゅうを食べたりして2人の時間を楽しんでいました。

 

そして由佳吏がトイレに行ってくると莉々奈を待たせている時、トイレから帰ってくると、見知らぬ男性と莉々奈が楽しそうに話しているのを見かけました。

 

その男と莉々奈はどこかへ出かけようとしていたので、由佳吏が慌てて「莉々奈!」と声をかけます。

 

由佳吏は莉々奈が他の男と話しているところを見て、なんとも言えない気持ちになったのでした。

 

2人が旅館に戻ると、親から由佳吏と莉々奈の部屋の鍵だと言って渡されます。

 

そして夜になり、それぞれの布団で寝ているも由佳吏はなかなか寝付けずにいました。

 

すると突然莉々奈が由佳吏の枕元に来て、話があると言います。

 

莉々奈は、「由佳吏は美咲を選ぶべきだと思う」と言いました。

 

莉々奈は由佳吏と美咲に出会ったおかげで、自分は毎日がとても楽しくなって変わったと話します。

 

だから美咲と由佳吏の恋は叶うべきだと思うと言い、さらに政府通知について調べたら、お互いこの人とは無理だと厚労省の人に嘘を言い続けたら、経歴に傷が付くことはないと言いました。

 

由佳吏はずっと莉々奈のことが嫌いって嘘をつき続けるのは辛いなと言うと、急に由佳吏の目から涙が止まらなくなり、「嫌だよ」と言います。

 

それを見て、莉々奈も涙が止まらなくなりますが、由佳吏に美咲のことが好きなんでしょと言います。

 

由佳吏は美咲のことが好きだと言うと、莉々奈も美咲のことが好きだと言います。

 

2人はお互いが美咲のことが好きで美咲に笑顔でいて欲しい、同じ気持ちだからこそ、由佳吏と莉々奈は政府通知の関係をやめることを決断しました。

 

そして莉々奈は、由佳吏との解消がうまくいったらまた次の政府通知の人と会って、今度はその人に恋をすると思うと言います。

 

手を繋いだりキスをしたりした時失敗したら困るから、だから練習をさせてほしいと由佳吏にお願いしました。

 

そして2人は何度も何度もキスをしました。

 

莉々奈の目にはいっぱいの涙が浮かんでいてそれを見た由佳吏は、莉々奈を抱きしめました。

 

これが恋だと2人は知らぬまま、政府通知解消の道を歩んでしまったのでした。

 

スポンサーリンク

第25話「恋の鎖」

矢嶋が由佳吏に連絡をしようとしていると、たまたま目の前のカフェから由佳吏と莉々奈が出てくるのを見つけ、莉々奈が去った後、由佳吏に声をかけました。

 

矢嶋が今度二人の将来の聞き取り調査があるからその説明にきたと言うと、少し様子がおかしい由佳吏が気になります。

 

そして由佳吏は矢嶋に「僕たちの味方ですか?」と尋ねます。

 

矢嶋はわかんねーと言い、由佳吏にちょっと時間はあるか?と言って自分の昔の話を始めました。

 

――――― 矢嶋は小学生の時、遠足で点呼を忘れた担任においてけぼりをくらっていました。

 

そこへもう一人クラスの女の子一条が自分もおいてけぼりをくらったと泣いて矢嶋のところへやってきました。

 

矢嶋は一条を連れて電車に乗って学校へ帰ったのが、一条との出会いでした。

 

それから中学になり、2人は付き合うようになり、キスをしてHをして、お互いなくてはならない存在になっていきました。

 

無事に同じ高校に入学し、もうすぐ誕生日の一条にくまのキーホルダーのプレゼントを買って準備をしていた時、一条の誕生日の日、慌てて矢嶋の家にやってきた一条。

 

プレゼントを渡すと、一条は涙ながらに政府通知がきた、私は矢嶋が好き、矢嶋が結婚してくれるなら政府通知は断ると言いました。

 

矢嶋は「そんな先のことわかんねぇ」と言うと、一条は「あ、そう」と言ってそのまま矢嶋の前から姿を消しました。

 

それから矢嶋にも政府通知がきて、相手と会って過ごすものの、何をやってもうまくいかない矢嶋。

 

そして厚労省に入ると、職場に一条が、昔のあの笑顔とあの甘い匂いと何も変わらず、ただ左手の薬指には指輪が光っていたのでした。―――――

 

それを聞いた由佳吏は、矢嶋に相手のことが本当に好きだったんですねと言い、自分も踏ん切りがつきましたと由佳吏は言いました。

 

厚労省に戻った矢嶋は、一条のかばんがひっくり返って中身が出てしまったので、片づけようとすると、あの日プレゼントしたくまのキーホルダーがあることに驚くのでした。

 

第26話「嘘のない想いを」

学校に突然莉々奈がやってきて、美咲を屋上へと誘います。

 

莉々奈は美咲に、由佳吏と話し合って政府通知を破棄することにしたと言います。

 

美咲は、誰も頼んでないと言うも、莉々奈は自分の気持ちに嘘をつかないでと言います。

 

涙ながらにうなずく美咲。

 

そして次の日は創立記念日だったので、莉々奈に押され、由佳吏と美咲は二人で出かけることになりました。

 

電車の中ではずっと由佳吏は一人でしゃべりっぱなしで、由佳吏が話さないと沈黙になってしまうと美咲が帰ってしまうのではないかと思っていました。

 

美咲は両親が離婚した時はショックだったけど、父親についてきて、父親が政府通知で再婚してお互い波長が合っているから良かったと思っていると言います。

 

そして美咲は、もし自分を選んだら不幸になるとしてもそれでも私を選んでくれる?と由佳吏に尋ねます。

 

一瞬沈黙が流れるも、由佳吏はそれでもいいと言うと、美咲は何も分かってないと言って黙ってしまいました。

 

それから電車が到着し、小学校の修学旅行で来た場所へやってきた2人。

 

一緒に修学旅行で回りたかったという美咲の言葉を覚えていた由佳吏は、今日は一緒にお願いしますと手を差し出します。

 

すると美咲は「守りたいものがあるの」と言います。

 

由佳吏はそれは僕や莉々奈より大事なもの?と聞くと、同じくらい大事と言います。

 

由佳吏はそれに勝ってみせるからと言い、僕と付き合ってくださいと言います。

 

美咲は私も好きと言って泣きだし、2人はキスをしました。

 

それから、由佳吏の携帯に矢嶋から電話がかかってきました。

 

2人の今後の展望の書類を提出してほしいという内容で、由佳吏は莉々奈ともすり合わせないといけないと思いながらも書き方が分からないから教えてほしいと言います。

 

そして今厚労省の近くにいると言うと矢嶋は入ってきてほしいと言い、由佳吏は厚労省の中にやってきました。

 

矢嶋のいる部屋に向かっていると一人の男性が慌てて走ってきて由佳吏の肩にぶつかって去っていきました。

 

すみませんと言って振り返るとそれはなんと仁坂でした。

 

恋と嘘を漫画バンクや漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『恋と嘘』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後までしっ...
スポンサーリンク

漫画『恋と嘘』6巻の感想と考察

6巻はなんだか切なくてやるせない気持ちになったのは私だけでしょうか。

 

莉々奈の気持ちが切ないですよね。

 

由佳吏のことが好きだと気付いてきているのに、大好きな美咲のために自分は身を引くというか、それが自然にできてしまっているところが、なんとも胸が痛いです。

 

美咲の「守りたいもの」ってなんなんでしょうか。

 

前の巻では美咲は不治の病とかなのかなと思ったのですが、どうやら違うようですね。

 

美咲は父親に引き取られているので、産みの母親に、政府通知の相手と結婚しないとだめと約束させられたとかそういう意味なのかもしれませんね。

 

もしその母親がもう死んでいてそれが遺言だとしたら、美咲にとっては守りたいものなのかもしれません。

 

それと矢嶋の過去の話がかなり心に残りましたね。

 

まさかそんな過去があったとは、そして一条のキーホルダーも気になりますね。

 

政府通知の相手と結婚しても、みんながみんな幸せになっているとは限らないし、矢嶋のように離婚せずに夫婦関係が破綻している場合もあるんだと思うと、政府通知のシステムは本当に良いものなのかどうかと考えてしまいます。

 

政府通知がある世界でも、メリットデメリットはあって、運命ってなんなんだろうと思ってしまいました。

 

次の7巻では莉々奈の気持ちはどうなってしまうのか、美咲と由佳吏の関係はどうなるのかがとても気になります。

 

<< 5巻 一覧 7巻 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 恋と嘘
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました