スポンサーリンク

あやトラ5話ネタバレ考察感想あらすじ!二ノ曲家の祓忍の宗牙、登場!

あやかしトライアングル

2020年7月13日発売の週刊少年ジャンプ2020年32号で、『あやかしトライアングル』5話が掲載されました。

 

あやかしトライアングル5話は、かつて男の頃の祭里は、初任務の際に先輩である宗牙と組んで妖を祓い、祭里の活躍ぶりを見た宗牙は彼とは良き戦友になれるのではないかと思っていました。

 

同時に同じ学校に進学すると聞いて会うのを楽しみにしていましたが、今の祭里は女になっていて、しかも弥生に弄ばれている光景を見て、幻滅してしまったのです。

 

そしてあるターゲットを仕留める決意をしましたが、果たしてそのターゲットは何者なのでしょうか。

 

本記事では、あやかしトライアングル5話『神速の祓忍』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

あやかしトライアングル5話のあらすじネタバレ

今から半年前、男だった頃の祭里は清弦の命令で、二ノ曲家の祓忍と組んで初任務に臨みます。

 

よろしくな、と挨拶する祭里でしたが、二ノ曲家の祓忍は、任務は馴れ合いではないし、師匠から同行を頼まれただけだ、と言います。

 

祓忍の名前は二ノ曲宗牙と言い、自分達は人に害をもたらす妖を退治するのが役目だから、足手まといになるようなら捨てる、と言い放ったのです。

 

対する祭里は、かっこいいな、と言ったので宗牙は困惑の表情をします。

 

こうして任務が始まり、宗牙は当時の祭里は風巻家の後を継いだばかりの浮かれたただのガキという第一印象でしたが、任務での祭里の獅子奮迅の活躍を見て評価を改めます。

 

宗牙は心の中で、同じ祓忍同士で鎬を削る戦友かつ好敵手になれるかもしれない、と思っていたのです。

 

しかし、現実は残酷でした。

 

半年後、同じ学校に入学してきた祭里は女になっていて、友達になった弥生に胸を触られていてしまっていたからでした。

 

入学してくると知った宗牙は、祭里と共に修行に励めると期待していたので、正直ショックでした。

 

そんな中、昨日祭里に手裏剣を投げた妖で宗牙の相棒ともいえる相手であるポ之助が現れます。

 

ポ之助からターゲットの居場所を聞いた宗牙は、この手で討ってもいいのか、と聞くとポ之助は、自分の主は宗牙だけ、と答えたのです。

 

宗牙がターゲットにしている相手は、妖の王であるシロガネでした。

 

まさかターゲットにされている事等知る由もないシロガネは、巻物を手に入れるために飼い猫として様子を伺おう、と考えており、そんな彼の元に宗牙が現れたのです。

 

その頃、祭里は弥生に胸を触られたので少し苦手意識が湧いており、すずは弥生をフォローするかのように、スキンシップが強めな子だから、と言います。

 

そして、シロガネは何処だろう、お昼のきびだんごを与えようとしていたのに、と呟くすずだったが突然シロガネの悲鳴を耳にします。

 

祭里と共に外を見ると、宗牙に襲われているシロガネを目撃し、慌てるすずに対して祭里は宗牙の事を覚えている様子でした、

 

シロガネは、二ノ曲家は風巻家と並んで腕の立つ祓の一族、と心の中で呟き、今の自分では勝ち目がないと察して逃げていきました。

 

祭里は宗牙の元に向かうも、彼ははっきりと、失望した、と言います。

 

宗牙は、半年前の任務の際に妖の軍団に襲われたが、祭里のどんな苦境に陥っても妖はこの手で倒すという信念と吹き止まない熱い風を感じたから一目置くようになった、と口にします。

 

女になったのは兎も角、男に戻るためだけにシロガネを生かしているのは解せない、と言って着装して自慢の神速でシロガネを追跡します。

 

やがて森の中でシロガネに追いつき、始末しようとする宗牙。

 

しかし、看板に乗って風の力を使って最短距離で移動してきた祭里に阻止されます。

 

我儘なすずが自分を女から男に戻れるように、本気でシロガネと仲良くしようとしているから、そんなすずの気持ちを否定したくないし、彼女の存在が自分の風の中心だ、と言い放つ祭里。

 

しかし、宗牙は力ずくで始末しようとしますが、祭里が穿いているふんどしを見てしまい、赤面してしまいます。

 

そして、事情は分かったから一旦保留にする、と言って撤退しました。

 

祭里は何で逃げたのか分かっていなかったが、シロガネに指摘されて初めて気づいたのです。

 

そして、ポ之助の元に戻った宗牙は窓から外の景色を見て、未熟だ、と呟くのでした。

 

スポンサーリンク

あやかしトライアングル5話の感想と考察

今回の話で、前回の話の最後に現れたニノ曲家の宗牙が本格的に登場しました。

 

シロガネの話ではこの地域で風巻家と並ぶ程の家との事でしたが、その実力に見合う神速ぶりで凄かったです。

 

シロガネの言葉が正しければ、各地域には2つ以上に祓忍の家があるという事になるのではないでしょうか。

 

もしそうだとすれば、他の地域の祓忍も祭里がシロガネによって女にされ、男に戻るためだけに生かしていると言う情報を仕入れているかもしれないので、これからもシロガネが狙われる可能性がありそうですね。

 

次回6話は、遠足が始まるのではないかと思います。

 

祭里とすずが高校に進学してからはシロガネの事やら、今回の宗牙の事やらで学校に通っている感じが余りしない話ばかりでした。

 

2人が進学してまだそれ程月日が経っていないと思いますし、恐らく4月の後半か5月の前半くらいではないかと思います。

 

その時期と言えば、遠足の時期なので遠足をする事になるのではないかと思います。

 

今の祭里は女性なので、すず、弥生、ルーシーと班になって行動する事になるのではないでしょうか。

 

シロガネもすずが他の妖に喰われないように見張るため、こっそり後をつける事になるのではないでしょうか。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました