スポンサーリンク

ドクスト158話ネタバレ考察感想あらすじ!Dr.ゼノ、敵のリーダーに気づく

漫画ネタバレ

2020年7月13日 発売の週刊少年ジャンプ2020年32号で、『Dr.STONE(ドクターストーン)』158話が掲載されました。

 

ドクターストーン158話では、千空とゼノの回想から現代に話が移ります。

 

全人類石化前、千空と同じくアメリカでもツバメの石像が調査されていました。

 

そして、ゼノはとあるツバメに脳波が見られることを発見します。

 

つまり、石化しても意識を保ち続ければ目覚める可能性があると考えるゼノ。

 

石化中、千空とゼノは脳を限界まで動かし続け、エネルギー消費は同じ。

 

数千年後、二人は刻同じくして目を覚ます事になったのです。

 

本記事では、ドクターストーン158話「科学者は誰だ」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 157話 一覧 159話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドクターストーン158話のあらすじネタバレ

千空の話を聞き、千空とゼノが元師弟で同じ頃に目を覚ましたことを理解する龍水。

 

二人は硫酸に目をつけ、千空は人を生かす科学を、ゼノは人を殺す科学を作り続けていました。

 

ゼノが目覚めた後、スタンリーやその他の特殊部隊員も次々と目を覚ましていきます。

 

その中で目を覚ましたルーナの手下、カルロス。

 

カルロスは、石化から目覚めるなり口から指輪を吐き出します。

 

石化直前、誕生日プレゼントとしてルーナに渡そうと思っていた指輪を飲み込んでいたのです。

 

そのプラチナの指輪を見て、「エレガントだ!」とゼノ。

 

格闘技世界チャンピオンのような人間が復活すると、たちまちその人の物になってしまうストーンワールド。

 

しかし、プラチナが一つあれば硝酸を大量生産でき、科学武力で先行できると言います。

 

そして、見る見るうちに完成する科学要塞。

 

ゼノは、自身の科学力とスタンリーの銃の腕があれば、世界を導く独裁者になれると高揚感を露わにします。

 

同意を求められたスタンリーもそれが「できる」と答えました。

 

現在のペルセウスにて。

 

甲板で千空の周りに集まり、話をしている様子に目を向けるルーナ。

 

千空とゼノの関係を探ろうとさりげなく近づきますが、そこに大樹の姿を見つけます。

 

スタンリーに合図を送る絶好のチャンス。

 

そうとは知らず、千空達はゼノに対する切り札について話しています。

 

科学武器の強さを死ぬほど知っているゼノは、メデューサとゆう超科学武器を無視できるはずがない、と千空。

 

とっくに電池切れのメデューサですが、ゼノが有能すぎる科学使いだからこそハッタリの最終兵器に化けると考えます。

 

一方、スタンリーに合図を送るミッションを遂行しようとするルーナ。

 

ただ指を動かすだけですが、自分を助けてくれた大樹が狙撃されるのを想像したルーナはそれができません。

 

しかし、そんなルーナの様子を見ていたスタンリーは照準を大樹に合わせます。

 

ルーナは、せめて情報だけでも伝えなくてはと、千空のことをカルロス達に口パクで伝えます。

 

それに察したマックスが、ゼノに連絡。

 

科学要塞にいるゼノは、その言葉に目を見開きます。

 

ペルセウスでは、通信機からスクランブル音がすることから、敵が暗号機を使った通信をしている事に気がつく千空。

 

暗号を解読できないかと話している横で龍水は、内容は重要じゃないと勘付きます。

 

ルーナが何か動いたのを見て通信が行われたという事は、近くに敵が潜んでいる、と。

 

銃の照準を大樹に定め、それがDr.大樹だと確信するスタンリー。

 

引き金を引く指に力を入れたその時、「打つなスタン!」と声を荒げるゼノ。

 

千空の名を聞いたゼノは、Dr.大樹は影武者だと気がつきます。

 

敵の本当のリーダーは石神千空だと。

 

しかし、その声はスタンリーには届いていません。

 

龍水は、狙撃がくると察しスナイパーがいると皆に叫びます。

 

スポンサーリンク

ドクターストーン158話の感想と考察

ついに、ゼノが千空の存在を知る事になりました。

 

千空が敵のリーダーだと気がついた時のゼノがなんとも言えない表情をしています。

 

確実に言えるのは、敵意には見えないということ。

 

敵の地にいる千空を思い浮かべるように上を見上げるゼノ。

 

幼い千空の姿も、ゼノの脳裏に浮かんでいます。

 

ゼノにとって、千空の存在は何か特別なものなのでしょう。

 

スタンリーに向かって「打つな」と声を荒げ指示をすることからも、千空は殺したくないと思っていることがわかります。

 

千空とゼノは考え方が正反対。

 

ゼノもそれを理解しているとは思うのですが、殺したくないほどの思いが千空に対してあるように思います。

 

独裁者になりたいゼノには千空は邪魔なはずです。

 

もし貸したら、千空の科学力を知っているゼノだからこそ、それを利用しようとしているのかもしれません。

 

まだまだ謎は多いですが、ゼノが千空に対してある程度の好意を持っている事は確かです。

 

そして、狙撃を中止するよう指示が出ますが、どうやらスタンリーには聞こえていない様子。

 

狙撃直前、スタンリーの綺麗な顔が歪み般若のようです。

 

狙撃好きなのでしょう。その表情からウキウキ感も伝わってくるようです。

 

その狙撃に気が付く龍水ですが、回避する事はできるのでしょうか。

 

また、ゼノの狙撃中止の指示はスタンリーに届くのでしょうか。

 

<< 157話 一覧 159話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました