スポンサーリンク

キングダム647話ネタバレ考察感想あらすじ!力を蓄える事にした李牧

漫画ネタバレ

2020年7月9日発売の週刊ヤングジャンプ2020年32号で、『キングダム』647話が掲載されました。

 

キングダム647話は、意気消沈している李牧に抱き着いたカイネでしたが、我に返ったと同時におかしな事をしてしまったのではないかと、思っていました。

 

そんな彼女はこちらに合流してきた舜水樹、馬南慈、傅抵と共に李牧の元へと向かったのです。

 

自分達は反乱軍だから、降参するか、このまま逃げ続けるか、それとも謀反を起こして嘉を王にするか、嘉ではなく李牧自身が王になるかの選択肢を李牧に迫る舜水樹。

 

果たして、李牧は一体何の選択肢を下すのでしょうか。

 

本記事では、キングダム647話『河南の動き』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 646話 一覧 648話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム647話のあらすじネタバレ

カイネは一人、やばい、と連呼しながら歩いていました。

 

その理由は、意気消沈していた李牧に抱き着いてしまったからでした。

 

家臣として心配したつもりだったが、おかしいと思ったんじゃないか、気味悪いと思ったのではないか、とマイナスな事ばかりを考えるカイネ。

 

時は抱きしめた時に遡り、抱きしめたと同時に我に返ったカイネは、すみません、と謝罪して去ろうとするも、李牧から、有難う、と言われたのです。

 

現在に至り、有難うと言ったよな、李牧の声が抱き着く前よりも元気になっていたような、あの場にもっといればよかった、と考えるカイネ。

 

合流してきた舜水樹、馬南慈、傅抵は彼女の様子を見ていると、元気が残ってるな、と馬南慈は言うのでした。

 

3人は気まずい様子のカイネと共に李牧の元へと向かい、彼と謁見していました。

 

舜水樹は、自分達は王命に背いた反乱軍である、と言うとカイネは驚き、傅抵は、いきなり本題かよ、と言いながら呆れている様子でした。

 

舜水樹は、このまま降伏するか、尻尾撒いて逃げるか、邯鄲へ攻め入って郭開達を始末して嘉を王にするか、それとも3つ目の提案を少し変えて李牧自身が王になるか、の選択肢を述べます。

 

話を聞いていた李牧は、仮に邯鄲へ攻め入って郭開達を始末して嘉を王に据えたとしても、正式な王としては認められないし、それを自分が行うのはあり得ないと断じたのです。

 

傅抵は、仮に降伏しても始末されるだけだから逃走か、と聞くと李牧は、ただ逃走するのではなく自分が元の役職である軍司令部に戻るまでの間、軍を雌伏させる、と言います。

 

傅抵は、戻れるのか、と聞くと馬南慈は、李牧がいない状態で秦軍を止めることは不可能であり、郭開が本物の馬鹿ではなければ必ず自分達を頼るはず、と断言しました。

 

舜水樹も、今回の騒動はまだ正式に王が即位していない空白時の出来事であり、勘違いだったという言い訳が出来る、と言います。

 

話を聞いていた傅抵は、逃げて時を稼げば秦軍も攻めてくるし、色々あやふやになって復帰できるというわけか、と呟いたのです。

 

李牧は、その時に備えて根回しはしていく、と言いつつ、自分達は司馬尚がいる青歌へと行く、と告げました。

 

馬南慈は、司馬尚を取り込むつもりか、と言うと李牧は、その通り、と言いつつも、今の何倍もの力を蓄えてから立て直す、と宣言しました。

 

紀元前236年、秦軍は進軍しようとするも、郭開は李牧が提案した作戦である邯鄲軍を前線に送り込む事で動きを封じたのです。

 

戦に何の変化もないまま、235年となりました。

 

政を始めとした重臣達が会議をしていると、肆が駆けつけてきて、政を外へと連れていきます。

 

そして、かつて新王になろうと目論み、敗北した事で隠居へと追い込まれた呂不韋がいる河南で多くの人々、竭氏陣営や嫪毐陣営の残党達が集まっている、と報告する肆。

 

こうならないように色々な手を打ってきたが、それも限界だから始末したい、と肆は言うと政は、直接会って話をする、と言うのでした。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム647話の感想と考察

李牧達が一旦息を潜める事となったので、秦が優勢に戦を進めていくのではないかと思いましたが、思いのほか上手くいきませんね。

 

それよりも秦内部に呂不韋と言う爆弾が出現してしまい、このまま放置してしまえば何時爆発するか分かりませんので、政の手腕に期待しないなと思いました。

 

次回は政が呂不韋に会いに行くと思います。

 

その前に彼が隠居生活をしている河南の様子を見て回るのではないでしょうか。

 

見て回った結果、多くの人がおり、用心しておいたほうがいいと考えるのではないかと思います。

 

そして呂不韋に会って、事の真偽を問い詰める事になると思いますが呂不韋は自分は隠居している身であり、政に負けた者であるのだから秦国を脅かすような真似はしないと言う筈です。

 

政も一旦それを受け入れながらも、もしかしたら嘘かもしれないし、過去に新王になろうと目論んでいた事を踏まえると良からぬ事を目論んでいる筈だと考えるのではないでしょうか。

 

しかし、今彼と戦争を起こすような事をすれば、今前線で戦っている趙に隙を与える可能性があります。

 

それ故に、再び謀反を起こそうとした罪としてより辺境の土地へ隠居してもらうと言う命令書を作り、呂不韋の元へと送るのではないかと思います。

 

<< 646話 一覧 648話 >>
キングダム2期(アニメ)kissanimeやbilibiliで無料視聴は危ない?動画配信フルで全話見れる安全な方法!
アニメ『キングダム2期』のフル動画を安全に無料視聴する方法 アニメ『キングダム2期』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画を全話フルで無料視聴することができます。 U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられて...
キングダム(映画)9tsuやmiomioで無料視聴は危ない?動画配信フルで見れる安全な方法!
映画『キングダム』のフル動画を安全に無料視聴する方法 映画『キングダム』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。 U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました