スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊226話ネタバレ考察感想あらすじ!なぜ紅丸は覚悟を決めることができたのか?

漫画ネタバレ

2020年7月8日発売の週刊少年マガジン2020年32号で、『炎炎ノ消防隊』226話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』226話では、ついに紅丸が火鉢のように命を背負う覚悟を決めました。

 

そのきっかけに火鉢のいつもと違う行動がありました、その行動とは?

 

そして、火鉢は焔ビトになった節子を鎮魂しますが、そのことがきっかけで彼女の息子が火鉢に対してある行動に出ました。

 

果たして彼は何をしたのか?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊226話『背負った末に』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 225話 一覧 227話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊226話のあらすじネタバレ

「聖陽教の消防官と浅草の火消しは違う」

 

キセルを吹きながら違いと火消しが“大馬鹿野郎”しか務まらないことをを説明しようとする火鉢。

 

彼曰く、違いは焔ビトを鎮魂させるときの考え方でした。

 

聖陽教の消防官は、神(太陽神)の加護を受けて鎮魂しているので責任は神にある。

 

しかし、火消しは鎮魂により奪った命を自分たちで背負うという考えなので神の加護は全くありません。

 

「“日輪”を撃てねぇ」

 

続いて、紺炉が紅丸の欠点を指摘しますが、その理由は命を背負う重みを理解しているはずではあるが覚悟がないからと思っていた火鉢。

 

しかし、火鉢はそれでも彼を跡取りにしようとしていました。

 

「“日輪”を撃てたあかつきには俺が言ってやる」

 

自分の口から何かを紅丸に言おうとしていたので、紺炉にここでの話は他言無用にするよう指示しました。

 

ある日、焔ビトが出現したので現場に向かう火消し隊。

 

その中には紅丸や紺炉の姿もありました。

 

今回焔ビトになってしまったのは節子。

 

「ダメだ‼︎待ってくれ‼︎」

 

まだ悪いことを何もしていないので彼女の息子が必死に節子を鎮魂しないよう火鉢に頼みますが、火鉢はそれを拒否。

 

そして、彼を紅丸に抑えさえて、息子の目の前で焔ビトになった節子を一撃で鎮魂した火鉢。

 

鎮魂されること崩れる節子の体を目の前で見ていた彼女の息子は涙を流しますが、同時に火鉢を憎む表情をしていました。

 

「9568人だ」

 

帰宅した直後、火鉢は紅丸にこの数字の意味を質問しました。

 

この数字節子を鎮魂する前までに火消しが鎮魂した焔ビトの人数でしたが、紅丸はこのことを知っていました。

 

そして、今回で9569人になり火鉢の代では278人を鎮魂しました。

 

「出ていけ紅丸」

 

「日輪を背負う覚悟ができるまで帰ってくるんじゃねェ」

 

今後も鎮魂して奪った命を背負って鎮魂し続ける火鉢でしたが、自分の代がいつまで続くのかはわからないので、紅丸に早く人の死から逃げずに覚悟を決めてもらうために火鉢は彼にこのように指示しました。

 

「出て行け」と火鉢に言われたので、瓦屋根の上で浅草の街を眺めながら考え事をする紅丸。

 

彼は火鉢に言われたことを考えていました。

 

「浅草は俺の町だ」

 

いつまでも火鉢に浅草を託すわけにはいかないと思った紅丸はそのように思っていましたが、このとき彼の目から覚悟を決めたということが伝わってきました。

 

「やっと覚悟が決まったようだな」

 

紅丸の様子を見ていた火鉢は彼が覚悟を決めたことを知りますが、普段は暴力で教えていたのに今回は多くを語ってしまったことを後悔していました。

 

「大馬鹿野郎が…」

 

そんな自分のことをこのように思った火鉢に向かって誰かが駆けてきますが、次の瞬間、“トン“と音が響きます。

 

その音は、節子の息子が火鉢を背後から刺した音でした。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊226話の感想と考察

今まで、第7消防隊にシスターがいないのは原国主義だからだけと思っていました。

 

それも一つの理由かもしれませんが、火鉢が言った「死を背負う」というのも理由だと今回明らかになりました。

 

続いて、“日輪”にこだわる火鉢。

 

紅丸になにか伝えることや覚悟を持たせるために“日輪”というワードが出てきました。

 

ちなみに、紅丸は“日輪”を一度だけ使おうとしているところを単行本を調べたら見つかりました。

 

これは第8消防隊が初めて浅草にやってきたときのこと。

 

しかし、撃とうとしましたが紺炉によって止められたので不発に終わりました。

 

もしかすると、この時に不発に終わったことやその後も紅丸が使わなかったのは、ここで話題にするための布石だったのかもしれないと思いました。

 

そして、火鉢がドッペルゲンガーになって現れたのは紅丸の“日輪”を喰らってドッペルゲンガーではあるもの成仏したいためなのではないかと思いました。

 

そして、節子の息子に刺されてしまった火鉢。

 

この回想に入る前に“末路”というワードが出ていましたので、この一件がきっかけで火鉢は命を落としてしまったのではないかと思います。

 

次回ももう少し回想が続くと思うので、結末がどうなるのかとても気になりました。

 

<< 225話 一覧 227話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました