スポンサーリンク

ブラクロ256話ネタバレ考察感想あらすじ!限界を超えようとするヤミ!

漫画ネタバレ

2020年7月6日発売の週刊少年ジャンプ2020年31号で、『ブラッククローバー』256話が掲載されました。

 

ブラッククローバー256話は、ヤミはダンテに立ち向かいますが、悪魔の力を80%にまで発動させたダンテを前にして、苦戦を強いられます。

 

避けていく中で攻撃を喰らってしまったヤミは、ダンテを倒すためには今以上に強力な攻撃が必要かつ今限界を超えなければいけないと考えていたのです。

 

そのためにヤミは魔力を凝縮させ、突きの構えを取りました。

 

果たして、繰り出されるヤミの渾身の一撃は無事にダンテに届く事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、ブラッククローバー256話『団長の務め』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 255話 一覧 257話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ブラッククローバー256話のあらすじネタバレ

悪魔の力を最大限まで発動させようとするダンテと、それを迎え撃とうとするヤミの姿をフィンラル達は遠くから見ていました。

 

自分達はスペード王国を攻めるために偵察していたのに何でこうなったんだ、と思うフィンラル。

 

ここはヤミのために動くか、他の騎士団長を呼ぶべきか、と思案するフィンラルでしたが、全部駄目だ、と断じました。

 

どちらの選択肢を取ったとしても動いた瞬間に始末される、と考えに行きついたからでした。

 

そしてダンテは悪魔の角を生やし、4つの羽根を生やし、真ん中に紋様がある状態になり、この状態を80%と称します。

 

ヤミは、それが本気かよ顔面ラインマンほぼ黒さん、と言いますが心の中では、何て魔力してくれてんだよ、と呟いていました。

 

ダンテは自分達は冥府の悪魔と力を共有するので、この世と冥府と言う別の世界でやり取りをしている以上冥府の扉を開かないと100%の力は出せない、と言います。

 

心の中で、そこにいるアスタはよくわからない、と呟くダンテ。

 

早速ダンテは重力魔法・重力特異点を発動させると、自らの掌に黒いエネルギー球体を生成します。

 

生きていれば問題ないから抵抗しないように足ぐらい捥いでおこう、と言って球体を投げつけると、球体が通った道は大きくえぐれていました。

 

ヤミは球体をかわすも、球体はあちこちを抉り、山をも貫いたのでフィンラルは驚いている様子です。

 

そしてヤミは闇魔法・闇纏・次元斬りを発動させるが、ダンテは重力を使って斬撃自体を歪ませて回避したのです。

 

ヤミはこの事に驚愕しながら、黒月をぶつければ相殺できるかもしれない、と考えますが、重力が発生している限り失うわけにもいかない、とも考えます。

 

それ故にマナゾーンを凝縮させて攻撃を避け、自分の間合いに入りこもう、と考えに辿り着くヤミ。

 

ヤミの行く手をダンテは重力魔法で大地を隆起させて遮り、ヤミは大地に着地して、斬っても再生してしまっては意味ないから速くて強くて威力がある一撃が欲しい、と思います。

 

そうしたら重力で作られたブラックホールが大地を崩し、その破片がヤミに向かっていったので、ヤミは刀で防いでいくも確実にブラックホールに近づきます。

 

ヤミは辛うじて避けるも、掠ってしまったので血を流してしまったのです。

 

そしてブラックホールに気を取られ過ぎたせいで、上空の大岩に気づけずに潰されてしまいました。

 

人間にしては楽しませてもらった、と笑みを浮かべるダンテ。

 

アスタ達もヤミの心配をするが、ヤミは頭から血を流しながらも立っており、限界をここで超える、と呟きました。

 

団長の前でやれないと団長は務まらない、と言って斬突の構えを取るヤミ。

 

凝縮させているマナゾーンを更に凝縮させるヤミに対してダンテは、素晴らしい、と評しながらも、自分を倒す事は出来ない、と豪語します。

 

そしてより凝縮させたヤミは闇魔法・死突を繰り出すと、ダンテは首と手と翼以外の上半身が消し飛んでしまったのです。

 

この事にダンテは驚き、フィンラル達は茫然としていました。

 

そして、突き攻撃のつもりが、大砲になってしまった、とヤミ自身も驚いている様子でした。

 

ブラッククローバー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやraw以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ブラッククローバー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ブラッククローバー256話の感想と考察

フィンラルは元々クローバー王国からスペード王国へ攻め入るために偵察していたけど、スペード王国が堂々と攻め入った事に驚いていました。

 

この事を加味したら、もしかしたらスペード王国に侵入していた面々の一人がフィンラルかもしれませんね。

 

大分前の話で、黒の暴牛の団員がスペード王国に侵入して偵察をしていました。

 

空間魔法の使い手であるフィンラルなら、空間を移動しながら情報を集められますし、見つかったとしてもすぐさま逃げる事が出来るので偵察には向いていると言えるでしょう。

 

それにしてもダンテを始め、ゼノンやヴァニカが悪魔の力を100%使えない事には驚きでしたね。

 

100%の力を使うためにヤミとヴァンジャンスの魔法が必要なのでしょうけど、何か怪しい感じがしますね。

 

そもそも悪魔は人間に対して弱い生き物と思っている輩が多いと思いますし、実際スペード王国が攻め入る前にアスタ達が戦った悪魔も人間やエルフの運命を弄んでいました。

 

ダンテ達に憑いている悪魔達は今のところはダンテ達に従ってはいますが、もしかしたら計画通りヤミを捕まえ、ヴァンジャンスの魔法とヤミの魔法を使ってセフィロスの樹を出現させたと同時に、もう用済みと判断して即座に切り捨てるのではないでしょうか。

 

<< 255話 一覧 257話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました