スポンサーリンク

ハイキュー400話ネタバレ考察感想あらすじ!実力を発揮する妖怪世代!

漫画ネタバレ

2020年7月6日発売の週刊少年ジャンプ2020年31号で、『ハイキュー』400話が掲載されました。

 

ハイキュー400話は、木兎の渾身のスパイクを昼神がブロックした事でアドラーズが、19対18と逆転しました。

 

影山が打つサーブを拾った佐久早は、コートの心地よさを感じながらもスパイクを決めますが、井闥山学院の「努力」のスローガンが見えたのです。

 

佐久早のプレーがきっかけになり、妖怪世代(モンスタージェネレーション)がそれぞれの持ち味を引き出す度にスローガンが見え、試合も最終局面を迎えていました。

 

果たして、勝利するのはどのチームなのでしょうか。

 

本記事では、ハイキュー400話『妖怪大戦争・2』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 399話 一覧 401話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ハイキュー400話のあらすじネタバレ

日向は、影山がサーブトスの後に自分達のコートを確認した、と心の中で思っていました。

 

脳内で如何来るかを考えていると逆側に来ると思って、犬鳴の名前を叫ぶ日向。

 

そうしたら犬鳴は影山のサーブを難なく拾うと、妖怪世代(モンスタージェネレーション)なんぼのものだ、と言って拾います。

 

侑がトスをスパイクを打つ体勢になっている木兎に上げると、木兎はスパイクを打とうとします。

 

そんな中、ニコラスと共にブロックをする昼神は、木兎がブロックの間を抜くのではないかと察し、木兎がスパイクを打ったと同時に間を潰す事で、防ぐ事に成功したのです。

 

これによって、19対18とアドラーズが逆転したのです。

 

そして影山が4本目のサーブを打つと佐久早は、この研ぎ澄まされたものだけの窒息しそうなコートは不快なものがなくてとてもいい、と思いながらサーブを拾い、すぐスパイクの準備をします。

 

そして佐久早はスパイクを打ち、ブロックした牛島だったが回転が強かったせいでボールは遠くに行ってしまい、ブラックジャッカルの得点となります。

 

その際に佐久早の母校である井闥山学院の「努力」のスローガンが浮かび上がり、止められなかった牛島はイラッとしているような表情をしているようです。

 

木兎がサーブを打つ番になると、彼は手を叩くことで先程のミスに関する反省を打ち消します。

 

これは悔恨を挟む隙を無くすタクスフォーカス、と観客席に座りながら心の中で呟く赤葦。

 

母校である梟谷学園の「一球入魂」のスローガンを浮かばせながら、木兎はサーブを打ちます。

 

星海が拾うも、余りの威力にブラックジャッカルのコートに戻ります。

 

侑は、自分で取り返せ、と思って木兎にトスを上げると木兎は再び強烈なスパイクを打つと誰もが思っていたが、木兎はそれを逆手に取ったフェイントを仕掛けました。

 

不意を喰らったアドラーズは誰も拾えませんでした。

 

この光景を見た赤葦は立ち上がると、世界よ、梟谷のエースを見てくれ、と心の中で思いました。

 

そこから試合は進んでいき、牛島は強烈なスパイクを打って得点を決めます。

 

牛島の後ろには「強者であれ」と言う白鳥沢学園のスローガンが浮かび上がっていたのです。

 

星海のサーブをトマスが片手で上げるもコントロールが乱れてしまい、侑が走るも、日向もスパイクを打とうと走り出します。

 

侑は後ろ向きでトスを上げると共に、母校である稲荷崎高校の「思い出なんかいらん」と言うスローガンが浮かび上がります。

 

しかし、影山がこれを読んでいたのかブロックしようとしていましたが、日向は打つコースを変える事でブロックをかわして、得点を決めたのです。

 

これでブラックジャッカルがマッチポイントを迎えるも、アドラーズも引き下がりませんでした。

 

点の取り合いを繰り広げ、25対24とブラックジャッカル優勢の中、侑がサーブを打ったが星海が拾い、影山がトスを上げると、ニコラスがフェイントを繰り出します。

 

しかし、日向が何とか拾ったみたいです。

 

すぐさま日向はスパイクを打つ体勢を取り、木兎のトスを受けてスパイクを打とうとするも影山がブロックしようとします。

 

そして2人の間に「飛べ」と言う烏野高校のスローガンが出てきたのです。

 

ハイキュー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやhanascan以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ハイキュー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKやhanascanなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ハイキュー400話の感想と考察

影山の活躍でアドラーズが優勢になっていくと思いましたが、佐久早が影山のサーブを受けてから流れが変わった感じがしました。

 

ブラックジャッカル不利から優勢になったが、アドラーズもまだ勢いが落ちていない事でシーソーゲームとなり、見応えのある試合展開になって興奮しました。

 

試合の流れが変わるきっかけを作った佐久早ですが、牛島の強烈なサーブをなんぼも受けた事がある佐久早にとって、影山のサーブも強烈ではあるが牛島程ではないと感じているのでしょうね。

 

そして佐久早もそうでしたが、侑、牛島、木兎、影山、日向が何らかのアクションを起こす際に、それぞれのバレー部が掲げているスローガンが浮かび上がったのが印象的でしたね。

 

試合展開も両チームがシーソーゲームを繰り広げているので、物語自体ももう終わりに差し掛かっているのかなと思いましたね。

 

そう思うと、もの悲しくも感じてしまいましたね。

 

しかし、スローガンが浮かび上がっていく中、星海のバレー部のスローガンだけ出なかったのが気になりましたね。

 

今回の話では、スローガンが出る程活躍はしていなかったので出なかったのかもしれませんが、もしかしたら次の話の際に出るかもしれない可能性があるので、次回に期待したいですね。

 

<< 399話 一覧 401話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました