スポンサーリンク

ドクスト157話ネタバレ考察感想あらすじ!ゼノの石化前夜から目覚めまで

漫画ネタバレ

2020年7月6日発売の週刊少年ジャンプ2020年31号で、『Dr.STONE(ドクターストーン)』157話が掲載されました。

 

ドクターストーン157話では、石化前夜からの様子が描かれています。

 

Dr.ゼノの正体は、幼い千空に唆る科学のオンライン講座をしてくれたNASA科学者のDr.Xでした。

 

NASAにいた頃から、科学の力があれば独裁者になれると豪語していたゼノ。

 

成長した千空とゼノはNASAジョンソン宇宙センターにて、直接顔を合わせますが、2人は直接言葉を交わすことがありません。

 

しかし、2人の表情には笑みが溢れていました。

 

本記事では、ドクターストーン157話「同じ刻同じ場所で」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 156話 一覧 158話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドクターストーン157話のあらすじネタバレ

全人類の石化前夜、ゼノは年配の科学者と世界中で発見されたツバメの石像について話をしています。

 

SNSの書き込み地域とツバメの世界分布が比例していることから、本物のツバメが石化したもので間違いないとゼノ。

 

それを聞いた、年配の科学者は面白い切り口でいかにも若者の科学だと言います。

 

ゼノは、その分布データをアップしたのは自分ではなく、日本の高校生だと伝えます。

 

CDC(アメリカ防疫センター)にて、石化したツバメの解析や解剖が進められ、その結果が出ます。

 

内臓まで作られていることから、彫刻ではない。

 

細かい部分ほど硬度が高く、中心から抹消にかけて強度に著しい差がある。

 

水を弾く疎水性で、鉄・微量の金・炭素・窒素で構成されている。

 

ほぼ全ての薬剤に不反応性だが、唯一硝酸に微量なイオン流出がある。

 

短波長の電磁波での脆化は見られない。

 

これらの結果に、科学者達は構造が全く分からず驚きを隠せません。

 

これは地球規模・宇宙規模の異常現象だと、ゼノの叡智の力も借りたいとゼノの元に連絡が入ります。

 

一方その頃、日本にいる千空も石化したツバメを調べ、試しまくっていました。

 

石化当日、アメリカでは国防研究局DARPA(ダーパ)による技術の祭典が行われています。

 

そこに軍人スタンリーの姿が。

 

他にもアメリカの腕利きスーパーヒーローが集められたとの事。

 

その中で、ゼノはみんなに1体のツバメの石像を見せます。

 

「未知の兵器によるテロ、あるいは他国の攻撃か」と。

 

そして、このツバメには脳波が見られると話すゼノ。

 

時と共に、1体また1体と眠るよう脳波が消えていくものもある中で、このツバメはまだ起き続けている、と。

 

それを聞き、その新兵器で石化されても気合で起きていればワンチャンあると察するスタンリー。

 

その時、会場がざわめきます。

 

その中にはルーナと家臣2人の姿も。

 

そして、ルーナの視線の先から光が現れます。

 

即座に石化は不可避と判断したスタンリー。

 

その場にいた者達に、石化した後絶対に意識を飛ばすなと叫びます。

 

スタンリーはゼノの顔を手で覆い、庇うように石化。

 

ゼノは石化中、自分達がいたピナクルズ国立公園は硝石の洞窟だらけで硝酸も取れるため、復活の可能性を考えます。

 

時同じくして、千空は意識を保ったまま石化中の秒数を数え続けています。

 

千空とゼノは2人とも脳を限界まで動かし続けていたため、エネルギー消費は同じ。

 

つまり、石化が解ける日も同等といえます。

 

石化中のゼノは目覚めたら、イエローデントコーンを目指すべきと考えます。

 

何故なら、畜産の飼料と燃料のアルコールを同時に生み出せるからです。

 

そして、他に科学家がいればそこに集まることになるかもしれないと予想するゼノ。

 

そして数千年後、目覚める千空とゼノ。

 

運命でも偶然でもない、科学という再現性・必然を手繰り寄せた2人の科学者は邂逅する事となるのです。

 

「同じ刻、同じ場所でー」

 

スポンサーリンク

ドクターストーン157話の感想と考察

全人類石化前夜、そして当日、さらに科学者2人の目覚めの刻が描かれていました。

 

ツバメの石化について、千空の分析データを認めているゼノや他の科学者。

 

高校生である千空の叡智が、この時点ですでに認められています。

 

千空、恐るべし。

 

やはり、ツバメの石化に気がついていたのは千空だけではありませんでした。

 

最先端のアメリカではしっかりと調査。

 

復活に必要な硝酸のことも調査済みだったようです。

 

石化当日にはスタンリーが登場しました。

 

ここで新たに分かったことが、スタンリーは軍人の中でも特殊部隊。

 

さらに「隊長」と呼ばれていました。

 

今までに見た強さや圧に納得です。

 

ゼノの石化時にはスタンリーが側におり、ゼノを庇うような姿で石化しています。

 

2人には何か特別な絆を感じました。

 

ゼノとスタンリーの関係性も今後明らかになっていくのでしょうか。

 

そして、千空とゼノの覚醒。

 

ゼノは目覚めてまず必要なのは、畜産の飼料と燃料のアルコールと考えていたようです。

 

確かに、生きていくには欠かせない物です。

 

一方、千空は目覚めは絶対的に春という事。

 

そして、目覚めてからは衣食住は最低限に、石化を解く事を優先していたように思います。

 

ここにも、少し2人の考え方の違いが垣間見えます。

 

この2人がタッグを組めば、物凄いことになるんだろうなと考えてしまいますが、やはり相対することになってしまうのでしょうか。

 

ゼノが千空だと気が付く瞬間にも注目したいです。

 

<< 156話 一覧 158話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました