スポンサーリンク

呪術廻戦113話ネタバレ考察感想あらすじ!伏黒VS甚爾!父子対決の行方!

漫画ネタバレ

2020年7月6日発売の週刊少年ジャンプ2020年31号で、「呪術廻戦」第113話が掲載されました。

 

前話の「呪術廻戦」112話では、宿儺を呼び出すために虎杖に指を飲み込ませた漏瑚。

 

宿儺は出現しましたが、漏瑚は腕を吹き飛ばされ膝まづかされてしまいます。

 

宿儺の力を利用して夏油を倒そうと考えていた菜々子、美々子はバラバラに千切られ殺されてしまいました。

 

圧倒的な力の前に戦慄する漏瑚でしたが、宿儺は指をくれた例に相手をしてやると漏瑚を挑発。

 

一撃でも攻撃を喰らわせることが出来れば、漏瑚達の下につき、その証として渋谷中の人間を1人を除いて皆殺しにするとも宿儺は言い放ちます。

 

漏瑚は宿儺の言葉に表情を変え、二言は無いなと確認をしてみせるのでした・・・。

 

本記事では、「呪術廻戦」第113話「渋谷事変㉛」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 112話 一覧 114話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

呪術廻戦113話のあらすじネタバレ

甚爾の次なる標的に選ばれ、渋谷駅の外で対峙していた伏黒。

 

呪言師の狗巻の力で、改造人間や一般人が紛れ込むことは考えにくく、あとは勝利のイメージを固めるだけだと意気込みます。

 

しかし、甚爾の醸し出すオーラの前にそんなイメージを持つことは出来ず、伏黒は苦し紛れに「脱兎」を呼び出そうとします。

 

その時、奇妙な感覚を伏黒と甚爾はともに感じました。

 

大量の「脱兎」を呼び出しながら、先程の感覚は宿儺の指だと確信する伏黒。

 

「脱兎」を纏い影に隠れて走る伏黒を、突進してきた甚爾が襲います。

 

甚爾は完全に勘を頼りに攻撃してきており、伏黒は防戦一方を強いられます。

 

領域展開をするには呪力が足りず、「脱兎」を使ったかく乱も通じません。

 

考えに考えた伏黒は、ある作戦を思いつくのでした。

 

その頃、首都高速の渋谷料金所に、複数の呪骸に守られた拠点がありました。

 

そこにいたのは、夜蛾学長と家入硝子。

 

家入は五条でさえ成し得ない、反転術式による人の治療が可能であり、その力で伊地知と猪野を治療して救っていました。

 

夜蛾学長にこの場は任せるように家入は話しますが、家入が狙われることを恐れて離れないと返します。

やめたはずの煙草を吸いながら、家入は学生時代のことを思い出していました。

 

伏黒は、甚爾の攻撃を避けながら、ある場所へと誘導を試みていました。

 

これ以上、式神を破壊されればこの後の戦いに支障がでると考えた伏黒は、家入に回復させてもらうことを前提に、自分自身を犠牲にしようと考えたのです。

 

家入の居所に近く、かつ現場へすぐ戻ることが出来る場所を絞り、再び甚爾と対峙する伏黒。

 

宿儺並みの超スピードであり、真希の完成形である甚爾の攻撃に合わせるには、タイミングしかない。

 

「脱兎」を敷き詰めて操作し、甚爾の攻撃の軌道を逸らして自身の腹部で受け止めて見せます。

 

そのまま影から剣を出し、甚爾に突き刺しますが、甚爾は超スピードで攻撃を回避することに成功します。

 

いよいよ打つ手の無くなった伏黒の頬を、冷たい汗が流れました。

 

その頃、甚爾は昔のことを思い出していました。

 

それは直毘人とのやり取りで、まだ幼い伏黒を売ろうとしていた時のやりとりでした。

 

相伝の術式なら8、それ以外でも7もらうと話す甚爾に、直毘人は相伝なら10やろうと応えます。

 

呪力の無い自分にとってはゴミ溜めでも、術式があれば幾分マシだと考え、甚爾は伏黒のもとを去ったのです。

 

唐突に甚爾に名前を尋ねられた伏黒が名乗ると、苗字が禪院でなかったことを喜び、甚爾は自分の頭部に游雲を突き刺しました。

 

満足そうな笑みを浮かべて甚爾は倒れ、何が起きたのか分からず伏黒はただ立ち尽くすのでした・・・。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦113話の感想と考察

まさかの宿儺はスルーなんですね!

 

先週からのあの流れですから、漏瑚と宿儺との戦いを期待していましたが・・・見事に裏切られました。

 

とはいえ、伏黒と甚爾との父子対決も重要な戦いではあるのですが、それにしてはアッサリしていたなあという印象です。

 

最終的には残っていた人の情が決着をつけたというのは悪い話じゃないんですが、今後も主要キャラとして暗躍するのかなと思っていただけに・・・。

 

むしろ、驚いたのは家入の術式の方でした。

 

彼女がいれば、七海や真希、直毘人はどうにか回復させられるかもしれませんので、どうにか退場しないように話を持って行って欲しいところです。

 

この流れだと、伏黒が家入のもとへ報告しに行きそうですかね。

 

夏油との決着はやはり五条につけて欲しいところですから、そうなるとこの後の残りの戦いは宿儺VS漏瑚、真人VS虎杖という形になりそうですね。

 

漏瑚が宿儺に勝てるとは微塵も思いませんが、一泡吹かせて欲しいという願いに応えて欲しいものです・・・!

 

以上、引き続き114話以降も目が離せないですね。

 

<< 112話 一覧 114話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました