スポンサーリンク

推しの子10話ネタバレ考察感想あらすじ!アクアの目に復讐の火が灯る

漫画ネタバレ

2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ2020年31号で、『推しの子』10話が掲載されました。

 

突然、ファンに刺されてこの世を去ってしまったアイ。

 

アイを失ったアクアとルビーはこれからどうなってしまうのか・・・。

 

本記事では、『推しの子』10話『イントロダクション』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 9話 一覧 11話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

推しの子10話のあらすじネタバレ

――――― 赤ちゃんのアクアとルビーを抱っこしながら自撮りで動画を撮影していたアイ。

 

「大人になった時にこの動画を見ながら一緒にお酒を飲めたら嬉しいな。」と言うアイは微笑みながら、母の願いとしては元気に育ってくれたらそれでいいと話します。―――――

 

アイドルのアイがファンに殺害され、そのファンもその後自殺したというニュースは、事件の後1時間もしないうちに世間に広まりました。

 

ネット上では、ほとんどがアイに対する同情する書き込みが多かったけれど、なかにはアイを誹謗中傷するものもありました。

 

アクアとルビーの戸籍は事務所社長夫婦に移していたので世間にバレることはありませんでした。

 

書き込みの中には真実に近いものもあり、「ストーカーの男はアイに男がいることに気付いていた」という内容もあり、それに対して「刺されて死んだのもしゃーなし」と書き込む人もいました。

 

ルビーは「アイドルが恋愛して殺されても仕方ないなんてそんなことはおかしい!」「自分は散々アイドルに恋しておいて!」と泣き叫びます。

 

どうしてネットではこんなに死にたくなるようなことばっかり言うのか、有名だったら何を言ってもいいのかと怒りを爆発させていました。

 

しかし3日もすると、少し早い雪が交通を麻痺したというニュースに代わり、アイの死亡のニュースは世の中から消え去りました。

 

世間からは忘れられてしまったアイの死亡ですが、アクアたちにとっては現実と向き合う日がつづきました。

 

ミヤコはアクアとルビーに、2人がよければ本当にうちの子にならないかと言います。

 

もちろん母親はアイしかいないけれど、自分も2人の母親のように思っていると涙を浮かべながら言うミヤコに、ルビーも涙を浮かべながらミヤコに抱きつきます。

 

アイのお葬式ではしめやかに執り行われ、終わった後、ルビーはママは私がアイドルになるんじゃないかって言ってたけれどアクアはどう思う?と尋ねます。

 

アクアはアイドルになっても仕方がない、儲けたいなら他の仕事の方がいいし、ファンは常に身勝手だと言います。

 

するとルビーはそれでもママはキラキラしていたと言います。

 

そんなルビーを見ながらアクアは、ここ数年一緒に双子として過ごしてきてルビーは純粋だし少しずつ立ち直っていくのだろうと思いました。

 

アクアは、どうせ死んだ身だしアイのいない世界にいても仕方がないと一瞬思います。

 

しかしアクアの頭の中は様々な考察で溢れてきました。

 

前世のゴローの時、殺された犯人と今回のアイを殺害した犯人は同一人物に違いない。

 

どうしてアイの病院が分かったのか、犯人の男は無能な学生だったから探偵のようなことはできるはずがない。

 

情報提供者がいる、とアクアは考えます。

 

病院のことを知っていたのは社長だけだし、アイを大事にしていたからそんなことをするはずはない。

 

B小町のアイドルの同僚は、アイとは仲が良くなかったしアイに友人はいなかった。

 

アイは施設育ちで親族もいない。

 

となると、残るのはアクアとルビーの父親。

 

アイの交友関係が狭いことを思うと、相手は芸能人に違いない。

 

アイをあんな目にあわせた人物を見つけ出して殺すまで、俺はまだ死ねない、とアクアの目は復讐の目に変わっていました。

 

その後、お葬式に参列していた、かつてアクアを子役として映画に出演させた監督に声をかけるアクア。

 

アクアは監督にお願い事があると言います。

 

アクアは「俺を育ててみる気はないか」と尋ねます。

 

月日が流れ、双子たちの幼少期は過ぎ去り、アクアとルビーは成長し、制服姿が様になっていました。

 

制服のスカートが短くないかと言うアクアに、ルビーはお兄ちゃんは昔からおっさんくさいと言います。

 

出かける前にルビーは亡き母アイの遺影に「いってきます」と声をかけて出かけていきました。

 

スポンサーリンク

推しの子10話の感想と考察

やっぱり本当に犯人はアクアとルビーの父親のようですね。

 

それも父親は芸能人に間違いないと考えていたアクアは、復讐のために役者になるのですね。

 

もしそれで父親が見つかったら本当に殺すつもりなんでしょうか。

 

実の父親であっても確かに情とかはないだろうし、それよりも前世でも自分を殺され、今世では大好きなアイドルで母親を殺されたのだから、殺したいと思うのは当然ですよね。

 

もしかしたらアクアは殺したいと思っていても、ルビーの場合は違うかもしれません。

 

実の父親に会ったらルビーは嬉しいかもしれませんよね。

 

アクアが殺人犯になることの方がルビーを悲しませると思うので、殺人まではしてほしくないなと思います。

 

ただなぜアイは殺されないといけなかったのかその動機は知りたいですよね。

 

幼少期の双子は可愛かったけれど、最後のほうに書かれていた高校生くらいの2人はさすがアイの血を引いていて美男美女でしたね。

 

アイが死んでしまってもう可愛い姿が見られないんだとちょっと寂しくなっていましたが、ルビーがアイのようにとっても可愛かったので、アイと同じようにアイドルになっていて欲しいです。

 

2人はどんな活躍をするのか、そして父親は見つかるのか、次回が楽しみです。

 

<< 9話 一覧 11話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました