スポンサーリンク

彼女お借りします146話ネタバレ考察感想あらすじ!水原に聞きたいこと

漫画ネタバレ

2020年7月1日発売の週刊少年マガジン2020年31号で、『彼女、お借りします』146話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』146話では、水原の映画が上映される劇場の下見にきた3人。

 

和也は水原への今の気持ちを、おばあちゃんに伝えます。

 

おばあちゃんはおじいちゃんから頼まれていたことを思い出し、水原に聞きたいことがあると言います。

 

本記事では、『彼女、お借りします』146話「家族と彼女②」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 145話 一覧 147話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

彼女、お借りします146話のあらすじネタバレ

おばあちゃんの問いかけに、水原は少し不安な表情で聞き返します。

 

おばあちゃんが聞きたいこととは、夢を見続けることに苦しんでいるのではないかということです。

 

思いがけない質問に驚く水原。

 

以前、おじいちゃんの言葉を思い出し、涙を流したことがある水原はその時のことを思い出します。

 

しかしいつも通りの振る舞いに戻り、辛いことももちろんあるが夢を見るのは好きで、それはこれからも変わらないと少し照れたように話します。

 

コーヒーを手伝ってくると、照れ隠しのようにその場を離れる水原。

 

その水原の後ろ姿を見ながら、おばあちゃんは昔、おじいちゃんと話した時のことを思い出します。

 

 

水原の女優という夢を応援するおじいちゃんに、無責任だと怒るおばあちゃん。

 

女優の道は険しく、簡単になれるものではないというのがおばあちゃんの意見です。

 

おじいちゃんは、それなら夢は叶わないのかと聞きます。

 

その質問におばあちゃんは困ります。

 

おじいちゃんは夢が叶う叶わないではなく、夢が叶うという希望を持ち続ければ、辛く厳しい現実を進めるのではないかと話します。

 

そんな時、夢は叶うと言い続ける人が、そばに一人くらいいてもいいのではないかと思いを伝えます。

 

しかしそんなおじいちゃんでも、一つ不安なことがありました。

 

それは自分が応援し続けることが、重荷になることがあるのではないかということです。

 

夢を見続けることに苦しんでいるのではないか、それだけが心配でした。

 

 

おじいちゃんは間違っていなかったと、立派になった水原を見て納得するおばあちゃん。

 

おじいちゃんに、今の水原の姿を見ているかと問いかけます。

 

大きな劇場で、たくさんのお客さんに囲まれて、少し照れたような笑顔でみんなに会釈をする水原を想像します。

 

 

トイレを済ませている和也は、先ほどおばあちゃんに言ったことを思い出し、恥ずかしくなっていました。

 

あと少しでおばあちゃんに映画を見せられると、気を引き締める和也。

 

トイレから出ると水原が待っていました。

 

水原はおばあちゃんが喜んでいるのを見て、もう一度和也にお礼を伝えたくなったようです。

 

それだけ伝え、コーヒーを買いに行くと先に歩いていく水原。

 

水原の思いがけない行動にドキッとする和也ですが、嬉しくなり笑顔で水原の後を追いかけます。

 

 

お客さんたちがざわざわとしています。

 

救急車を呼んだ方がいい、家族は近くに居ないのかなど心配しています。

 

そのお客さんたちが見ていたのは、倒れているおばあちゃんでした。

 

水原と和也はまだ騒ぎに気づいておらず、コーヒーを買っています。

 

スポンサーリンク

彼女、お借りします146話の感想と考察

おばあちゃんが聞きたかったことは、自分達の応援が重荷になっていないかということでした。

 

まだ水原は子供で、色んな夢をみることが出来ます。

 

いつ水原が夢を諦めるかわからないし、違う夢を追うかもしれません。

 

そんな時、精一杯応援してくれるおじいちゃんたちのことを思い出して、水原は言い辛いかもしれませんよね。

 

そうやって自分たちのせいで、水原が好きに生きられないのは嫌ですよね。

 

優しいおじいちゃんだからこそ、そうゆう思いがあったのでしょう。

 

こんなおじいちゃんが居たら素敵ですよね。

 

二人の心配はよそに、水原は夢を追うことが好きだと言ってくれました。

 

なんていい家族の話なんでしょうか。

 

すごくジーンとしてしまいました。

 

しかし最後おばあちゃんが倒れてしまいました。

 

やはり久しぶりの外出はきつかったのでしょうか。

 

水原たちがちょうど離れているときにこんなことになるなんて、、、。

 

映画ももう間近なのに、劇場で見ることは出来ないのでしょうか。

 

そんなの悲しすぎます。

 

次回の話をみるのが怖いです。

 

最悪の展開になるのか、いつもの元気なおばあちゃんの姿がみられるのか、ドキドキと不安でいっぱいです。

 

次回はどうなるのでしょうか。

 

<< 145話 一覧 147話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました