スポンサーリンク

ドクスト156話ネタバレ考察感想あらすじ!幼い頃の千空とNASA科学者Dr.X

漫画ネタバレ

2020年6月27日発売の週刊少年ジャンプ2020年30号で、『Dr.STONE(ドクターストーン)』156話が掲載されました。

 

ドクターストーン156話では、ゼノが千空の師匠と明らかになったその後から始まります。

 

ゼノ側のスパイとして潜入しているルーナは、早々にDr.大樹を見つけます。

 

後はスタンリーに合図を出すだけ。

 

龍水は、そんなルーナを懐柔するべく、アイスクリームをフランソワに発注。

 

アイスクリームに感動したルーナはゼノの言葉を借りると、と前置きをして「エクセレント」と千空に言います。

 

その言葉に、ゼノがかつての師匠だと気がつく千空でした。

 

本記事では、ドクターストーン156話「二人の科学者」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 155話 一覧 157話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドクターストーン156話のあらすじネタバレ

千空が10歳だった頃。

 

同じく幼い大樹と二人、河川敷でロケットの実験をしています。

 

結果は大爆発。

 

その後、千空の部屋で大樹はロケット工学の本を見るが、キャパオーバー。

 

千空はというと、パソコンで英語の論文を辞書片手に呼んでいます。

 

しかし、論文にも限界はあると言って、お仲間との情報共有のため世界中にメールを送る千空。

 

その頃、NASAのジョンソン宇宙センターにて。

 

小学生からきた、可愛い質問メールにほのぼのする職員達。

 

次にきたセンクウくんという日本の小学生からの質問メールを見て、一同は青ざめてしまいます。

 

そこには、「ロケット研究ー」から始まり、小学生らしからぬ知識量の文面と資料が映っていたのです。

 

NASAの職員たちは大人のイタズラと思い無視しますが、それを笑顔で見つめる男が1人。

 

その男は、Dr.X(ドクターエックス)として千空のメールに返信。

 

問題点とアドバイスを伝えてくれました。

 

Dr.Xによると、研究の先に進むためには小学生では手に入らない、高額な温度センサーを入手する必要があるとの事。

 

そこで千空は飛行機に乗り、アメリカで宇宙飛行士の訓練中の白夜の元に向かいます。

 

感動する白夜をよそに、「魔法のカードをよこせ」と千空。

 

千空は、アメリカで訓練する宇宙飛行士には、科学に関するものがタダで買える悪魔のクレカが与えらていることを知っていたのです。

 

そして、さっさと帰国。

 

高額な機材や用品をずらっと買い占めます。

 

無きゃ無いで、どうにかなると言いますが、イタダけるもんはおありがたく頂く千空節。

 

その上、さらにDr.X戦線による唆るオンライン講座で、ロケット研究が加速していきます。

 

ロケットに役に立つ科学だけを教えて貰えば良いんじゃ無いか、と言う大樹。

 

千空は、科学で何に役立つかなんて分からないと答えます。

 

千空が「カガクっつぅのはー」と言いかけた時、タブレットの向こうのDr.Xが言います。

 

「科学とは力だ」と。

 

ロケットと弾道ミサイルは本質的に同じものだと、Dr.X。

 

「科学があれば、賢い人間が衆愚を正しく導き支配することができる」と続けます。

 

Dr.Xの考えに対し、興味が無いと千空。

 

千空はただ、世界や宇宙の秘密を全部、100億%知りたいだけだと言います。

 

NASAジョンソン宇宙センターで食事をしている白夜達。

 

少し離れたところにDr.Xの姿も。

 

ある職が「もし石器時時代の世界にとばされたら?」と質問を投げかけます。

 

ゼロから科学の武器を作り独裁者になれる、と言うDr.X。

 

そんなDr.Xに、千空みたいな知りたいって言う欲張りが出てくると言う白夜。

 

それなら、その相手とどちらが科学を極めるのか勝負するとDr.Xは返します。

 

その後もDr.Xからの学びを生かし、科学力を磨く千空。

 

そために、海外へも渡り歩きます。

 

そして、魔法のカードの機嫌が切れたある日、千空がNASAジョンソン宇宙センターへ来ると話す白夜。

 

その話を偶然聞いたDr.Xは、その名を思わず声に出します。

 

センター内にある、ロケットパークでスペースシャトルのエンジンを眺める千

空。

 

その後ろからやってきたのは、Dr.X。

 

千空の隣に立ちますが、2人は言葉を交わす事も顔を負わせる事なく、ただ、エンジンを見上げています。

 

白夜がやってくるとDr.Xは去っていき、千空はその後ろ姿を見つめます。

 

そして、日本へと帰国していく千空。

 

Dr.Xはその飛行機を眺めています。

 

互いを思い、顔には笑みが溢れる2人です。

 

スポンサーリンク

ドクターストーン156話の感想と考察

NASAの職員だった頃のゼノが登場しました。

 

初めはとても柔らかい雰囲気です。

 

幼い千空とのオンライン講座では笑顔を見せる事もありました。

 

しかし、やはり根の部分はやはりダーク。

 

「衆愚を正しく導き支配する」「独裁者になれる」と言った時の表情が、完全に今のDr.ゼノです。

 

千空が師匠と呼ぶには、考え方が不一致な2人だなとは思っていましたが、やはり千空はDr.Xの考えには「興味なし」でしたね。

 

司が千空の前で、初めて石像を壊した時を思い出しました。

 

あの時も、司の考えに1mmも同意できないと言っていました。

 

幼い頃から千空は千空なんですね。安心しました。

 

Dr.Xがダークな面を見せつつも、千空に助言をするのは何故なのでしょうか。

 

独裁者を夢見る人が、他人に易々と科学の力を教えるようなことをするのでしょうか。

 

ストーンワールドでは千空のような相手がいたら、勝負すると言っていたDr.X。

 

とすれば、敵になりそうな相手を自分で育てていることになります。

 

そして、千空と始めて会った時、言葉は要らないと言わんばかりの2人の空気。

 

所々に見せるDr.Xの表情に、どこか完全にダークネスでは無いのかもしれないと思ってしまいます。

 

千空と分かり合える可能性はないのでしょうか。

 

そしてDr.Xと気づいた千空は、どんな風にゼノの前に姿を見せるのでしょうか。

 

この先の展開も見逃せません。

 

<< 155話 一覧 157話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました