スポンサーリンク

チェンソーマン75話ネタバレ考察感想あらすじ!明かされるマキマの正体!銃の悪魔現る!

漫画ネタバレ

2020年6月27日発売の週刊少年ジャンプ2020年30号で、「チェンソーマン」第75話が掲載されました。

 

前話の「チェンソーマン」74話では、未来の悪魔が見せたのは、デンジがパワーと自分を殺すという最悪の未来。

 

その未来をどうにかしたいと考えた早川は、相棒である天使の悪魔を伴ってマキマのもとを訪ねます。

 

海岸でマキマに、デンジとパワーの生きられる世界を守りたいと想いを伝える早川。

 

マキマは、早川に自分と契約して全てを捧げれば力を渡すと話します。

 

その直後、天使の悪魔は失っていた記憶を取り戻し、かつて自身がマキマの命令によって大切なものを奪われたことを思い出しました。

 

そして現在、マキマに命令された早川は契約することを宣言してしまい・・・。

 

本記事では、「チェンソーマン」第75話「9,12」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 74話 一覧 76話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

チェンソーマン75話のあらすじネタバレ

マキマの言う通りに契約を宣言した早川に、天使の悪魔は違和感を覚えます。

 

マキマは天使の悪魔が記憶を取り戻していることに気付き、気付かれたことに気付いた天使の悪魔。

 

天使の悪魔は寿命を10年使用し剣を創り出すと、失った両腕に代わり、口で咥えてマキマに切りかかりました。

 

しかし、マキマからの命令に逆らうことが出来ず伏せってしまい、マキマに全てを捧げることを誓わされてしまいます。

 

再び支配下に置かれた天使の悪魔を見つめて、いい子だとマキマは不敵に笑います。

 

日本には各国の諜報員が溢れており、銃の悪魔の討伐作戦は知られていたから、こうなるのは仕方ないと漏らすマキマ。

 

ブラフにもならず、結果的に一番被害が出る形になってしまったと意味深に嘆きます。

 

一方、アメリカでは大統領が決断を迫られ、何者かと電話で話していました。

 

今決着をつけないと、マキマによって人類に最悪の平和が訪れると大統領は憂います。

 

他の国は諦めて受け入れているが、自由の国を背負う者として屈するわけにはいかないと話す大統領。

 

また、マキマが力を増してきたのは、人類が彼女を恐れさせ大きくしてきたからだとも話します。

 

彼は、銃の悪魔に対して全てのアメリカ国民の寿命を1年与え、それと引き換えにマキマを殺して欲しいと依頼します。

 

さらに大統領はマキマの事を、支配の悪魔だと呼びました。

 

まるで大統領にでも言うかのように、おいでとマキマが手を差し出します。

 

この日、1997年9月12日の午後3時に、秋田県に銃の悪魔が姿を現しました。

 

銃の悪魔は凄まじい巨体を持った悪魔で、頭部には巨大な銃がくっついています。

 

両腕には様々な種類の銃が無数に絡みついており、胴体は無数の人の顔により構成されています。

 

まるで尾の様に無数の銃弾が連なっており、まさに銃の悪魔を名乗るに相応しい姿が確認されました。

 

銃の悪魔は出現した直後に能力を発動し、周囲1000メートル以内にいる全ての男性、そして周囲1500メートル以内にいる12歳以下の子供の頭部を銃撃します。

 

海岸沿いにある教会で、聖歌を歌っていた子供達の頭が次々と千切れて空に舞い、一瞬にして大勢の人命が失われました。

 

慰霊碑の様に、死んだ人達の名前が紙面に並んでいく中、銃の悪魔が静かに宙を揺らめいていました・・・。

 

チェンソーマン漫画BANKやpdf無料ダウンロード以外で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では漫画『チェンソーマン』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後ま...
スポンサーリンク

チェンソーマン75話の感想と考察

怒涛の展開で、色々なことが分かってきましたね。

 

やはりマキマの正体は悪魔であり、しかも支配の悪魔であるとのことでした。

 

これまで、小動物を介して盗聴をしたり、異常な強さを見せてきたのは支配の能力だと考えれば辻褄は合いそうです。

 

アメリカの大領領がマキマのことを知っており、殺そうとしていますが、それはマキマが公安を使って銃の悪魔の肉体を奪おうとしているからだと思われます。

 

しかし、サンタクロースのように以前からマキマのことを狙っていた悪魔はいたことを考えると・・・やはり黒幕はマキマで決まりですね。

 

彼女はその力で他の生物全ての動きを支配して操っていたとすれば、全てがマキマのシナリオ通りに進んでいるということになります。

 

つまり、誰もが自覚なくマキマに支配されている世界が、今のこの世界であるということです。

 

そのことを自覚できているのは、銃の悪魔と契約しているものと、恐らくデンジだけなのでは無いでしょうか。

 

世界をマキマから解放するために彼女を狙うのだとすれば繋がりますし、デンジをわざと狙わせて、対抗し得る力を消そうとしていたのはマキマだったという推測も立ちます。

 

引き続き76話以降も目が離せないですね。

 

<< 74話 一覧 76話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました