スポンサーリンク

キングダム645話ネタバレ考察感想あらすじ!趙で新たな王が誕生する

漫画ネタバレ

2020年6月25日発売の週刊ヤングジャンプ2020年30号で、『キングダム』645話が掲載されました。

 

キングダム645話は、趙の領地の境界線付近に陣を構えている王翦は李信を始めとした将軍達を集結させて、防御線を抜いてから邯鄲攻略について話そうとしていました。

 

そこへ密偵の報告を受けた早馬がやって来て、趙の王であった悼襄王が命を落としたとの報告を受け、まさかの事態に全員が驚きを隠せませんでした。

 

その頃、邯鄲では悼襄王が命を落としてしまった事で、パニック状態に陥っていました。

 

果たして、趙の危機的状況の中で新たな王には誰がなるのでしょうか。

 

本記事では、キングダム645話『趙王の命』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 644話 一覧 646話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム645話のあらすじネタバレ

王翦軍は趙の国境付近で陣取っている趙軍の扈輒軍と対峙していました。

 

しかも王翦軍は扈輒軍の陣を突破するために、陣を広範囲に展開させている状態でした。

 

そして残りの軍勢が陣を敷き終えた後、指揮を執る王翦の元に将軍達が集まってきました。

 

集まった将軍は王翦を筆頭に亜光、倉央、田里弥、王賁、蒙恬、そして李信でした。

 

集まったのを確認した王翦は李信達に、これからの作戦を伝えようとした際に早馬が駆けつけました。

 

使者は、邯鄲に入っている密偵から知らせが届いた、と報告し、倉央は、李牧が命を落としたのか、と言うと彼と決着がつけたかった李信は悔しい表情を浮かべます。

 

王翦は使者に対して、申せ、と言ったので使者は、昨日邯鄲で悼襄王が命を落とした、と伝えたので全員は李牧が処刑されると思っていたのか、思いもよらない報告に唖然としていたのです。

 

その頃、邯鄲では案の定大騒ぎでした。

 

郭開を中心とした反李牧派の者達は李牧派の仕業だと思っており、李牧派は完全に濡れ衣だと思っているので否定しています。

 

しかし、事の収拾をするために郭開は近衛兵達に対して、李牧派の面々を一人残らず捕らえるように命じると、拷問をして吐かせる、と言いました。

 

そんな郭開の言葉とは裏腹に近衛兵達は誰一人動きませんでした。

 

近衛兵の隊長である燕蒙は、自分達は王に仕える兵士であって郭開の部下ではない、と言い放ち、郭開は、今は王がいない今自分に従うべきだ、と反論します。

 

対して燕蒙は、我らの仕えるべき王は既にいらっしゃる、と言ったので郭開はそれが誰なのか分かったみたいでした。

 

その王は悼襄王の息子である嘉であり、彼は早速悼襄王に諫言した事で牢獄されていた有能な家臣達を次々と解放させ、彼らは嘉に対して、この命を捧げる、と言いました。

 

勿論彼らだけでなく、処刑寸前だった李牧も解放されたのでカイネは大泣きして抱き着いたのでした。

 

嘉は李牧の元へと行き、話すべきことは山ほどあるが今は何をすればいい、と聞くと李牧は、王都の軍勢を動かしてほしい、と頼んだのでした。

 

その頃、王翦軍の本陣では悼襄王は李牧の配下が始末したんじゃないかと言う声が上がっていて、李信は否定していました。

 

そして李信は王翦達に対して、次に跡を継ぐのは嘉であり、名君の器があると言う噂しか聞かないが多くの賢人が嘉が王になるのを待っていたという噂もある、と伝えると王翦は、趙が生まれ変わる、と呟きます。

 

李信も、李牧が復帰するだけでなく更に強大な国になる、と言おうとした矢先、趙の王都軍が出撃してきました。

 

これでは計画の練り直しが必要と感じた王翦は李信達に、第二線まで後退するよう、に指示したのです。

 

その頃、嘉は皆の意見や報告を聞きながら的確な指示を飛ばしていく中、郭開を捕まえなければならない、と言いますが突如として近衛兵達が嘉達を包囲しました。

 

そうしたら郭開を始め、江姫と英がやって来ます。

 

嘉は燕蒙に、郭開を捕まえろ、と命じますが燕蒙は申し訳なさげにしながら動きませんでした。

 

英は、亡くなられる前に悼襄王が正式な遺言書がある、と言うとその内容を読み上げます。

 

その内容は、嘉ではなく末っ子の遷に王位を譲るというものでした。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム645話の感想と考察

本当に悼襄王は最後の最後まで迷惑と言うか、余計な事しかしないなと思いましたね。

 

遷は末っ子なので、目が痛くないように可愛がっていたと思いましたので、自分が死んだ後は跡を継がせたいなと考えていたのではないでしょうか。

 

有能で言えば嘉が一番だと思いますが、前回の話で悼襄王が諫言を述べる嘉に対して耳を噛みちぎると言った暴挙に出たという事は仲が良くなく、もし嘉が王になれば遷がどうなるか分からないから遷に王位を譲ると言う遺言書を遺したのでしょう。

 

偽物ではなく正式な遺言書であり、これに逆らえば反逆者になってしまうので皆は従わざるを得ないのだと思います。

 

次回は趙軍の動きに変化が起こるのではないかと思います。

 

悼襄王が亡くなって実験を握った嘉は早速活動し、多くの賢人達を解放をし、李牧も解放し、彼の指示で王都の軍勢を動かす等、的確な動きをしてきました。

 

しかし、悼襄王の遺言書によって遷が王になったので、すぐさまこの事は現在陣を敷いている趙軍や王都軍の耳に入ると思います。

 

聡明な嘉が王になると思っていたのですから、まさかの遷が王になるのですから必ず動揺するのではないでしょうか。

 

この隙を王翦が逃さずに攻めるよう命令するのではないかなと思います。

 

<< 644話 一覧 646話 >>
https://jpp-zoo.jp/archives/7155
https://jpp-zoo.jp/archives/6712



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました