スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊224話ネタバレ考察感想あらすじ!ついに始まった紅丸と火鉢のバトル

漫画ネタバレ

2020年6月24日発売の週刊少年マガジン2020年30号で、『炎炎ノ消防隊』224話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』224話では、7本目の柱の焔ビトとして現れた火鉢と紅丸のバトルが始まります。

 

しかし、紅丸が見ていた夢の時と同様に防戦一方の彼に対して、火鉢は何度も彼のことをバカにします。

 

そして、紅丸に関するあることを理由に地獄(アドラ)からやってきたと火鉢は彼に不満げに告げます。

 

彼がここにやってきた理由とは何なのか?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊224話『太陽と月』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 223話 一覧 225話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊224話のあらすじネタバレ

浅草の隅田湾沖に出現した7本目の柱。

 

その上空には今までの巨大な焔ビトとは違い鬼となった火鉢の姿がありました。

 

一方、柱の西の方から柱に向かって紅丸が纏に乗ってやってきましたが、火鉢は彼の到着を心待ちにしていました。

 

「まだ小せェまんまだ」

 

紅丸の姿を見るや否や成長を喜んだと思ったら、このようにいう火鉢。

 

一方の紅丸はここに火鉢がなぜいるのかを問うと何度も“破壊”と言い出します。

 

そして、腕を組んだ2人は互いに居合手刀の壱の型である“火月”を放ちました。

 

互いの手刀がぶつかり合うことで2人の周りには巨大な炎出現し、衝撃で海は激しく荒れてしました。

 

その頃地上では、“火月”の応酬による斬撃のようなものをカリムやフォイエンは見ていました。

 

そんな彼らのもとに紺炉と火華が到着。

 

紺炉は目視で上空にいる焔ビトが火鉢であるということを認識して、火華はそこにいる火鉢を“ドッペルゲンガー”であると断定します。

 

そして、焔ビトが何者か気になっていたフォイエンは紺炉に質問すると、火鉢であると答えます。

 

一方、上空では紅丸に接近した火鉢が組んだ腕を解放した衝撃で紅丸は海へと吹き飛ばされてしまいます。

 

さらに、追い討ちをかけて攻撃を放ちましたが、その一部が陸地に届いており、そこにいた民間人に負傷者が出ていました。

 

「相変わらずヒヨッコかァ⁉︎」

 

「嘆きにここに来たのかァ‼︎」

 

民間人に負傷者を出したことに怒る紅丸でしたが、そんなの関係ないと言うような反応を示す火鉢はまた技を放とうとしていました。

 

その構えから“赤日”を放つのではないかと察した紅丸はその攻撃を阻止するために猛スピードで火鉢に接近します。

 

「変わってねェなァ…」

 

接近した紅丸の表情を見て、幼い時の彼の姿を思い出した火鉢。

 

そして、紅丸は左手で火鉢の右腕を上げて、そこにできた腹部の隙間に攻撃を仕掛けましたが、ダメージを与えた気配は全然なく、火鉢はピンピンしていました。

 

「へなちょこの拍子抜けだ‼︎」

 

ここまでの攻撃で、昔と何も変わっていないと判断した火鉢はこのように言って紅丸をバカにします。

 

一方の紅丸は夢だけではなく現実世界にも火鉢が現れたことを告げると、火鉢不満そうツバではなく火を吐きました。

 

「紺炉も苦労が耐えねェだろうよォ」

 

さらに挑発する火鉢に対し怒る紅丸。

 

紅丸の前にいる火鉢は、自分の死後浅草を仕切っていることを察していましたが、そのことに納得がいっていないようです。

 

さらに、いまだに“日輪”をマスターしていないのではないかと思い激怒。

 

「そんなんだからこの俺が地獄から戻って来ちまった‼︎」

 

その話を聞いた紅丸はここにいる火鉢は“アドラ”からきた“ドッペルゲンガー”だと断定します。

 

「この火鉢‼︎忘れかけた本物の“日輪”を見せにやってきたのよ‼︎」

 

自分が何者か関係ないと内心思っているに違いないと思っていた紅丸に対して、攻撃を仕掛けようとする火鉢。

 

そんな彼の周りには大きな炎の輪が出現していました。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊224話の感想と考察

ついに紅丸と火鉢のバトルが始まりました。

 

まず、気になったのが紅丸と火鉢の関係性です。

 

“新門”ということで親子と思っていたのですが、火鉢が「拾ってきた」と言っているので、どうやら血の繋がりはないようです。

 

火鉢が登場した時から親子だと思っていたのでこれは予想外でした。

 

そして、夢の中同様、防戦一方の紅丸。

 

“赤日”を放つのを阻止する時に攻撃を仕掛けましたが、ノーダメージでした。

 

そして、“日輪”をマスターしていないから地獄(アドラ)からやってきたと言う火鉢。

 

今までの柱が出現したの巨大な焔ビトと違い、火鉢という人型の焔ビトが柱の守護者として現れたこと。

 

また、冒頭で破壊が目的と言っているものの、ここでは“日輪”というワードを出していることを踏まえると、“ドッペルゲンガー”ではあるものの火鉢は紅丸に“日輪”をマスターしてもらい、それで倒してもらうことで成仏したいという気持ちからここに現れたのかもしれません。

 

現に、第8消防隊が初めて浅草に来た時の伝道者との戦いで放った大技は“紅月”。

 

そして、府中大監獄で“むーんらいと仮面”として現れた時も、“火月”や“月光”のように使ったのは月にまつわる技のみでした。

 

紅丸は月が好きと言っているから太陽にまつわる技を使っていないのかもしれませんが、理由はどうあれ、教えた技を使いこなせていないのは師匠としては悲しいことです。

 

もし“日輪“をマスターしてもらいたいといことで火鉢が現れたのであれば、紅丸は彼の真意を理解できるのか?

 

次回が楽しみです。

 

<< 223話 一覧 225話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました