スポンサーリンク

エデンズゼロ99話ネタバレ考察感想あらすじ!なぜシビルがペンダントを持っていたのか?

漫画ネタバレ

2020年6月24日発売の週刊少年マガジン2020年30号で、『エデンズゼロ』99話が掲載されました。

 

『エデンズゼロ』99話は、ついにベリアル・ゴア編が完結します。

 

果たして、ドラッケンはどうなってしまうのでしょうか?

 

続いて、ワイズは形見のペンダントを受け取りますが、なぜシビルが持っていたのか?

 

そして、エデンズゼロに戻ったレベッカはシキたちがある人物をを知らないことに対して驚きました。

 

果たしてその人物とは?

 

本記事では、エデンズゼロ99話『ペンダント』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 98話 一覧 100話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

エデンズゼロ99話のあらすじネタバレ

ドラッケンを倒したのと同時にオーバードライブの状態が解けるシキ。

 

一方、ドラッケンの髪の毛は白髪になり年老いた姿になってしまいました。

 

そんな彼に銃を持って近づくワイズ。

 

ワイズは母親だけでなく今まで彼の犠牲になった人の敵討ちで銃口をドラッケンに向けますが、そんな彼を止めるためにシキは説得します。

 

「手を伸ばしてきたら…どんなやつだって友達になれるかもしれないだろ」

 

時間がかかっても友達になることができるかもしれないと思っていたシキ。

 

しかし、ドラッケンはワイズに今まで手を差し伸べていませんが、突然を差し伸べてきました。

 

「命を…よこせ」

 

生きることに固執するドラッケンに対して発砲したワイズでしたが、ドラッケンには一発も当てることができませんでした。

 

ドラッケンを射殺できなかった悔しさから銃を捨てるワイズ。

 

「そりゃお前が命の大切さを知っとるからだ」

 

ワイズたちの前に現れたのはシビルでした。

 

さらにピーノとモスコ、そしてアミラもやってきました。

 

続いて、レベッカとホムラにハッピーも到着。

 

「オレはもう友達を泣かせない絶対に…」

 

レベッカの顔を見たシキはレベッカが泣く姿が頭に浮かんだ瞬間泣き出しました。

 

そして、エデンズゼロに戻った一同。

 

ピーノによると、ドラッケンはアミラが身柄を預かることになりました。

 

その話を聞いたシスターはアミラが星系連盟軍、つまり政府の人間だったことに驚いていました。

 

一方、自分の部屋でシビルとの会話を思い出すワイズ。

 

ベリアルゴアにに捜査が入ることになったものの、アミラがなんとかしてくれることを知り安堵するシビル。

 

「そうだ…こいつをお前に返さなきゃな」

 

そう言ってシビルが出したのはワイズの母親の形見のネックレスでした。

 

ワイズはシビルが盗んだ犯人だと思っていましたが、このネックレスはシビルがワイズから預かったものでした。

 

「そいつはオレが友達を信じられなかった証だ」

 

自分の部下が盗んだことを知ったシビルは返しに行こうとしますが、ワイズは受け取りを拒否して自分が許すことができる時まで預かってもらうことにしていました。

 

しかし、シビルが知るワイズとは結局疎遠になってしまいたので、今ここにるワイズにネックレスを渡しました。

 

一方、艦内を散策するラビリアは目の前にあった部屋の扉を開けます。

 

開けた部屋のそこにはクリス(ジン)がいたのでラビリアは激怒していました。

 

そのころ、今回の感想戦をしていたシキ・レベッカ・ピーノ・ハッピー。

 

「みんなで力を合わせて」

 

ハッピーたちが“みんな”というもののコナーの姿が見えずどこにいるのか尋ねます。

 

しかし、ピーノとハッピーはコナーが何者かわからない反応をしたのでレベッカは彼のことを説明します。

 

「そんな奴は知らねーぞ」

 

30号世界のシキたちがコナーを知らないことにレベッカは驚いていました。

 

スポンサーリンク

エデンズゼロ99話の感想と考察

ついにベリアル・ゴア編完結!

 

ドラッケンは星系連盟軍が身柄を確保しましたが、この先どうなるのかとても気になります。

 

ちなみに、『RAVE』や『フェアリーテイル』と言った真島先生の過去作では、敵だったキャラが味方として登場するということがありました。

 

もしかすると、ドラッケンもシキの味方として再登場するする可能性もあるかもしれません。

 

続いて、シキが泣いた時にレベッカの姿が頭によぎっていましたが、オーバードライブで記憶も吸い取ったのではないかとドラッケンが言っていたので、もしかするとその時に吸い取った記憶だったに違いないと思います。

 

そして、今回のタイトルにもあった『ペンダント』を手に入れたワイズ。

 

シビルは仲間を信じることできた彼に返すべきということで返したのでしょう。

 

無事ベリアル・ゴア編が終わると思ったらラビリアがクリスと遭遇。

 

そもそもなぜ彼がエデンズゼロにいるのかとても気になりした。

 

それ以上に気になったのは30号世界のシキたちがコナーを知らないということ。

 

先日発売された単行本(10巻)の表紙にもコナーがいなかったので、これは何かありそうです。

 

そして、次回のタイトルが『EDENZ ONE』となっています。

 

なぜ“ONE”なのかとても気になります。

 

もしかすると、30号世界にはエデンズゼロに似たエデンズワンという戦艦があり、そこにコナーはいるのではないかと想像しました。

 

<< 98話 一覧 100話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレエデンズゼロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました