スポンサーリンク

彼女お借りします145話ネタバレ考察感想あらすじ!映画鑑賞目前、和也の心境は?

漫画ネタバレ

2020年6月24日発売の週刊少年マガジン2020年30号で、『彼女、お借りします』145話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』145話では、八重森の突撃訪問に振り回される和也。

 

水原も部屋から出てきて、瑠夏も合流しました。

 

和也のことを呼び捨てにする瑠夏に衝撃を受ける二人。

 

仮でも彼女という立場を思い知らされた水原は、どう受け止めるのでしょうか。

 

本記事では、『彼女、お借りします』145話「家族と彼女①」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 144話 一覧 146話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

彼女、お借りします145話のあらすじネタバレ

イオンシネマの前で水原を待つ和也。

 

水原は車椅子に乗ったおばあちゃんを押しながら、こちらに歩いてきます。

 

おばあちゃんは、久しぶりに会う和也の顔を見て喜んでいます。

 

今日は劇場の下見だけですが、どうしても一緒に行きたいとおばあちゃんが水原に頼み、連れてきてもらったそうです。

 

和也はおばあちゃんに寄り添う水原が、映画みたいに絵になるなと、横目でチラチラと見ていました。

 

おばあちゃんの嬉しそうな顔を見た和也は、気を引き締め劇場に入っていきます。

 

 

劇場で3番目に大きなシアターを利用させてもらい、おばあちゃんは車椅子に座ったまま映画を見られる席で観ることになります。

 

当日は水原もおばあちゃんの横で見られるよう、椅子を用意してもらいます。

 

今はまだ編集中だが、必ず間に合うからと説明をする和也。

 

おばあちゃんは喜びで体を震わせ、こんなに大きなスクリーンで大勢の人が見てくれるなんてと大喜びです。

 

そんなおばあちゃんの目に涙が溢れます。

 

水原は恥ずかしいのか、トイレに行ってくるとシアターを出ます。

 

シアターから出て、嬉しそうに笑う水原。

 

 

おばあちゃんは和也にお礼を言います。

 

和也のおかげで水原の映画を見ることが出来る、自分たちは幸せだと話します。

 

和也はこんないい人に、自分達は嘘をついているのだと胸が痛みます。

 

水原はいつまでも高嶺の花だと話し始める和也。

 

こんな自分はいつ愛想をつかされてもおかしくないとこぼすと、おばあちゃんは和也を励まします。

 

しかし和也は、今はそれでもいいかと思うようになり、もし恋人じゃなくなっても頑張っている彼女を一生支えていきたい、そう思っていると言います。

 

嬉しそうな優しい目で、和也を見るおばあちゃん。

 

録音し忘れたからもう一度言ってとスマホを出します。

 

恥ずかしくなった和也は、おばあちゃんの車椅子を押してシアターを出ます。

 

 

和也に車椅子を押されながら、おじいちゃんのことを思い出すおばあちゃん。

 

おじいちゃんはおばあちゃんに、自分が死んだら水原に聞いて欲しいことがあると、一つ頼んでいたことがあります。

 

和也もトイレに行ってくると言い、水原と二人になったおばあちゃんは、真剣な表情で聞きたいことがあると問いかけます。

 

スポンサーリンク

彼女、お借りします145話の感想と考察

映画鑑賞会まであと少し、今回は劇場の下見でした。

 

おばあちゃんも凄い楽しみですよね。

 

しかも劇場で3番目に大きなシアターです。

 

こんな大きなスクリーンで自分の孫が見られるなんて、涙も出ますよね。

 

そして今回和也の心境が分かり、私も少しうるっときました。

 

撮影期間の時、和也は水原と自分は釣り合わない、夢に向かって進んでいく水原が遠くに行ってしまうような気持ちになっていました。

 

それから撮影で忙しい毎日を送り、女優としての水原を近くで見てきた和也は、釣り合うとかの問題ではなく、頑張って夢を追う水原を支えていきたいと思い始めていたのです。

 

この映画製作にあたって和也は、すごく大人になりましたよね。

 

初めてのことばかりで何もわからなかった撮影を経験し、色んなことを学んだんですよね。

 

その和也が言葉にしてはっきりと言えたとこが、うるっときました。

 

そして最後、おじいちゃんがおばあちゃんに何を頼んだのでしょうか。

 

何を水原に聞いて欲しかったのでしょうか。

 

凄く気になります。

 

次回はその質問がなにか分かるといいですね。

 

<< 144話 一覧 146話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました