スポンサーリンク

アクタージュ117話ネタバレ考察感想あらすじ!環に嫉妬心を抱いている景

アクタージュ

2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ2020年29号で、『アクタージュ』117話が掲載されました。

 

アクタージュ117話は、オーディションを終えた景は黒山と柊と共に鍋パーティーをしますが、環の一件が気になる景は不機嫌でした。

 

黒山が環の事を喋ると、景は益々不機嫌になっていき、それなら自分じゃなくて環を主演にすればいいのにとまで言う状態になっていました。

 

そんな景を見た黒山は、景の出番はほんの少しかもしれないが少なくとも環よりも先に登場できるのだからその間に大河の主役は自分だと証明するように景に言います。

 

果たして、黒山の言葉は景に届くのでしょうか。

 

本記事では、アクタージュ117話『奪う』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 116話 一覧 118話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

アクタージュ117話のあらすじネタバレ

オーディションが終わり、景の自宅には黒山、柊、景の弟妹が景が作る鍋を待っている状態にありました。

 

しかし、景は料理しながらも環の煽りが効いているのか、不機嫌でした。

 

何かあったのか、と黒山が言ったので柊が環の事を聞こうとしたらその前に景が出来上がった鍋を置いたので柊は、黒山には聞く必要はないって事なの、と心の中で呟きます。

 

黒山は、オーディション通ったのに何で不機嫌なんだよ、主演の少女時代の役なのだからこんな良い話もねぇ、と言って景を褒めますが当の本人は、あの人の少女時代の役ね、とまだ不機嫌そうな感じで言いました。

 

黒山は、環な、と言いながらもそれ以上は何も言わなかったので景はムカッとし、柊は、気になっているのにこっちから聞くのは嫌なのか、と心の中で呟くと共に面倒くさいなと言う表情をしたのです。

 

そんな中、黒山は、偉くなったよな環は、と呟いたので景も少しわざとらしく、そうなの、別に興味ないけど、と言ったので柊は、誘導作戦に移ったな、と心の中で呟きました。

 

大作映画の主演を張るような連中が何十と出演する規格外のドラマである大河に、環は主演を張れるくらい成長したんだ、この前までガキだったのに、と感慨深げに言う黒山。

 

そこまで環の事を称賛したのが面白くないのか景は、自分じゃなくて環を主演にして映画を撮ればいいのに、と呟いたのだが黒山には聞こえていませんでした。

 

それ故に黒山は、何か言ったか、と聞くと景は、別に、と返したので柊は、そう言うすね方をしているのか、と心の中で呟きながらも環の言葉を思い出すと、あんな煽られ方をされてしまえば自分が2番手なんじゃないかと不安になるよね、と心の中で呟いたのです。

 

景は、環の人気に乗っかって有名にして貰えばいいんでしょ、と呟き、柊は、何て卑屈な子になってしまったんだ、と心の中で思っていました。

 

しかし、黒山はそういう考えではなく、環から人気を奪え、と景に言いました。

 

黒山は、景の出番は前半の少しくらいだが裏を返せば、環よりも先に目立つことが出来るのだからそれを利用して何が出来るのか考えろ、と言うと景は、環ではなくて大河の主役は自分であると視聴者に刷り込ませる、と答えると黒山は、それがお前の仕事だ、と言います。

 

そうすれば後の本編を担う環に視聴者は景の影を追う、と言う黒山と、環の活躍は自分の活躍になる、と言う景の会話を聞いていた柊は、海賊みたいな会話、と思っている様子です。

 

しかし、話をしていくうえに不機嫌だった筈の景の表情に笑顔が戻り、その様子を見ていた柊は、気になるならちゃんと聞けばいいのに、と心の中で呟きました。

 

その後、景は柊に、環は自分を怒らせるためにわざとああいっただけだと、売られた喧嘩は買うまで、と言ったのでした。

 

一先ず敵情視察という事で環のこれまでの経歴を調べ、かなり有名な女優である事を知る景達。

 

そして一般人とよく飲んでいるお店へと行くと、そこでは野球拳を無傷で勝っていて、対戦相手に男性達の身ぐるみを剥いでいる環の姿がありました。

 

環と取りあえず飲む事にした景は、環の過去を演じるなら環の事を知らないといけないと思って、と言うと環は、思った以上に甘ちゃんでがっかり、と言います。

 

環は、自分の過去の前に役である薬師寺真波を知る方が先だと、薬師寺真波の8歳の時を演じる子役には興味がないのか、と言い、まさにその通りだと思っているのか景は返す言葉が見つかりませんでした。

 

そして、ちょっと煽られたくらいで周りが見えなくなっちゃうなんて可愛い、と環は言うのでした。

 

因みに真波の子役を演じるのは皐月でした。

 

そう言う事だから3人で仲良くやっていこう、と環は景に言いました。

 

スポンサーリンク

アクタージュ117話の感想と考察

まぁ、確かに役を演じるにあたって大河の役は大体実在している人物なので、その人物がどんなことをしてきたのか、どんな人生を送ったのか、どんな性格をしていたのか等を知る必要があります。

 

環は景に自分の事を調べる前に、演じる役についてじっくり学んでからでも遅くないという事と景が演じる役の子供の頃もちゃんと知っておくべきだと言う事を教えたかったのだと思います。

 

景も本来の状態であれば、環の言う通りにしていたとは思いますが今の彼女は環から受けた煽りによって冷静とは言えない状態です。

 

その煽りがかなり影響を及ぼしていて、黒山達との鍋パーティーの際に、ここで活躍しないと黒山は環をメインとした映画を撮るのではないかと言う不安やどうせ自分より環の方がいいんでしょうと言う嫉妬を抱く結果を招いてしまっています。

 

環から仲良くやろうとしようと言われても、景の脳内では未だに煽りの記憶がくすぶっていると思いますので、そう簡単には消えないと思いますし、景は当面の間は環とまともに接するのは難しくなるのではないでしょうか。

 

次回118話は環や景、そして皐月が顔を合わせるのではないかと思います。

 

この3人が合わさった時、どんな化学反応になるのか、楽しみです。

 

<< 116話 一覧 118話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました