スポンサーリンク

ブラクロ254話ネタバレ考察感想あらすじ!全てを無に帰すメギキュラの力!

漫画ネタバレ

2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ2020年29号で、『ブラッククローバー』254話が掲載されました。

 

ブラッククローバー254話は、ネロの封緘魔法でヴァニカごとメギキュラを封印する事に成功しましたが、ヴァニカは表に出てきたメギキュラの力で封緘魔法を打ち破りました。

 

彼女は悪魔の力を70%にまで解放した際に、呪符魔法によってメギキュラに対する魔法の力を弱める事に成功していたのです。

 

メギキュラの意思を宿したヴァニカによってネロとノエルは叩き潰され、ウンディーネにも呪いをかけてロロペチカを戦意喪失に追い込まれてしまいます。

 

果たして、この状況下で勝つ事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、ブラッククローバー254話『力の差』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 253話 一覧 255話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ブラッククローバー254話のあらすじネタバレ

予めロロペチカが立てた作戦通りにヴァニカと戦うノエル達。

 

そして作戦通りに進んだ結果、冥域のネロの封緘魔法によってヴァニカの魔力と悪魔の力を封じ込め、この場にいる誰もが勝利を確信していました。

 

ノエルは、今のヴァニカはメギキュラの力が機能しない状態だからロロペチカの呪いも解けている筈だ、と思っており、ロロペチカもそう思って自身のお腹を確認したが呪いは消えていませんでした。

 

そうしたら封緘魔法の中にいるヴァニカが、自分達に劣ると言うのに予測を超えた魔法を使ってくるなんて人間は面白い、と言うと真っ黒な文字が封緘魔法から飛び出してネロに絡みつき、ウンディーネは嫌な予感を感じ始めていました。

 

やがてロロペチカの魔法も解除され、膨大な闇の光弾が発せられてノエルとネロは負傷してしまいます。

 

それによってネロの封緘魔法も解除され、悪魔の力を70%にまで引き上げたヴァニカが姿を現すが人格はメギキュラであり、あと少しで魔法を封じ込める寸前だったのだから素晴らしいよ、そんな人間をもっと弄りたくなっちゃう、と言います。

 

ロロペチカは驚愕の表情をしながら、封緘魔法は成功したはずなのにどうして、と聞きます。

 

対してメギキュラは、70%の力を発動したときに自分に影響する魔法の力を弱める呪符魔法・衰えた世界を発動していた、冥域の魔法でも上手くいったからいい実験だった、と満足そうに述べたのです。

 

そうしたらヴァニカの人格が出てきて、今は自分が楽しんでいるのだから邪魔しないで、と言います。

 

この状況でもピンチではあるのですが、呪いはウンディーネにもかけられていたのです。

 

精霊に呪いをかけるのも初めてだからこれもいい実験になった、と述べるメギキュラ。

 

この事に動揺しているロロペチカだったが、メギキュラが表に出ているせいなのかロロペチカの呪いの影響が強まって苦しみだしました。

 

メギキュラは、これでもう戦えない、と断じるもヴァニカはまだ戦い足りないので、まだ戦えるのよね、と言うが彼女は既に戦意喪失状態でした。

 

そんな彼女の様子を見たヴァニカはメギキュラの言う通りだなと思ったのか、興ざめと言わんばかりの表情で止めを刺そうとしていました。

 

そうしたらノエルが、いい加減にしなさい、と言って立ち上がり戦闘態勢を取っていましたが、ヴァニカは、ロロペチカがいないと大したことない相手、と思っているので眼中にありませんでした。

 

その証拠にノエルが迫っても、自身の攻撃をいとも簡単に当たってしまうので詰まらなく感じるヴァニカ。

 

しかし、それでもノエルは突っ込んできて、力の差なんか関係ない、と言い放ってヴァニカとメギキュラを驚愕させます。

 

メギキュラは、ノエルは自身が纏っているヴァルキリードレスで致命傷をギリギリ受け流している、と心の中で呟いたのです。

 

至近距離まで近づいたノエルは、あんた達のやることが許されていいわけない、と言い放って槍による一撃をヴァニカに浴びせ、貫いたのでした。

 

ブラッククローバー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやraw以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ブラッククローバー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ブラッククローバー254話の感想と考察

封じ込めに成功したと思いましたが、やはりそうは問屋が卸さなかったようですね。

 

メギキュラに対する魔法の力を弱める力とか、結構反則だなと思いましたし、精霊にも呪いをかけられるのですから悪魔が本当にどれ程化け物なのかが分かりますね。

 

使える手段を全部使い、作戦通りに事を進めたのに全部ひっくり返された上に窮地になってしまったのですからロロペチカが戦意喪失しちゃうのも無理ないかなと思います。

 

そんな中で、ノエルは諦めずに戦っていますが黒の暴牛で修羅場を潜り抜けてきたから戦えるのでしょうね。

 

思いも寄らないノエルの猛攻にヴァニカもメギキュラも驚いている様子なので、下手すれば逆転もあり得るのではないかと思います。

 

次回255話はノエルとの戦いで、メギキュラがノエルの母親の事を思い出すのではないでしょうか。

 

ヴァニカは弱い相手や強かったけど始末した相手にはまるで興味を抱いていませんが、メギキュラは思いも寄らぬ力を起こす人間に関してはある程度評価しているようですので、クローバー王国でもかなりの強さだったノエルの母親の事を覚えている可能性があります。

 

戦いの中でメギキュラは、ノエルはもしかしてあの女の娘かと思うのではないでしょうか。

 

<< 253話 一覧 255話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました