スポンサーリンク

皆殺しのアーサー15話ネタバレ考察感想あらすじ!モルドレッド、躍動する!

漫画ネタバレ

2020年1月20日発売の週刊ヤングマガジン2020年8号で、『皆殺しのアーサー』15話が掲載されました。

 

皆殺しのアーサー15話は、倒した敵の遺体から鎧と盾を集めて自分と馬に纏わせる事でカタフラクトを作ったモルドレッドは敵陣に迫り、引きずり降ろされるも剣を振るって戦います。

 

敵を蹴散らしながら、サクソン人が使うサクスを取り出しての二刀流で敵を蹴散らしていくのです。

 

そして全てのサクソン人をこの世から葬るという思いを抱きながら、バルドゥルフスの元へと到着して彼の槍捌きを交わして目を切り裂きます。

 

果たして、勝負の行方はどうなるのでしょうか。

 

本記事では、皆殺しのアーサー15話『ブリトンとサクソン』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

皆殺しのアーサー15話のあらすじネタバレ

倒した敵の遺体から鎧と盾を集めて自分と馬に纏わせる事でカタフラクトを作ったモルドレッドは敵陣に迫り、軍勢が剣を突き立てるも効果はありませんでした。

 

勇猛果敢に攻め寄せるモルドレッドの姿を見て、バルドゥルフスは思わず興味深い様子でほぅと呟きます。

 

兵士達はモルドレッドを引きずり降ろそうと一斉にカタフラクトにしがみ付き、なぎ倒す事に成功したのです。

 

しかし、モルドレッドはなぎ倒される前に離脱しており、真剣な表情をしながら兵士達を睨みつけます。

 

兵士達は一斉に襲い掛かり、モルドレッドは剣を振るって蹴散らすのです。

 

戦いの様子を遠くから見ていたクロウは敵陣深くに一人でいたら確実に命を落とすと呟き、ランスロットもそうだなと同意します。

 

しかし、あの戦いがモルドレッドにとっては当たり前の光景だったとしたら、エクスターの町であんな戦い方を10年も続けて未だに生き残っているのだとしたらとまるでこの戦いでも生き残ると思っているような口ぶりをしたのです。

 

クロウはどう見ても勝ち目がないのか、ランスロットの言葉をやんわりと否定します。

 

ランスロットはモルドレッドを見据えて、お前の体に流れているサクソン人とブリトン人の血の力を思う存分見せつけろと心の中で思っていたのです。

 

モルドレッドは兵士達を確実に倒していき、敵の槍による突き攻撃を片手で止めると剣で貫いて倒します。

 

次に斧を持っている敵が現れ、振り落とすもモルドレッドは木の部分に腕に当たるようにして止めると顎を撃ち抜いたのです。

 

今度は剣を持った敵が背後から現れ、振り落とすとモルドレッドも即座に振り向いて大剣で受け止めます。

 

敵はくたばれブリトン人と私怨を込めた表情しながら言って押し込もうとするのです。

 

対してモルドレッドは自分はブリトン人だが、サクソン人のやりそうな事も頭の中に入っていると心の中で思いながら懐にあるサクスを取り出して敵の首を斬りつけて倒します。

 

続く敵の剣による攻撃も剣とサクスで防いで、二刀による斬撃を浴びせて倒すのです。

 

サクソン人の血をひいているモルドレッドはサクスがサクソン人の魂であると教えられており、来る日も来る日もサクスを振り続けたがそのせいで母親が命を落とす結果になりました。

 

敵もモルドレッドがサクスを使っている事に気づいたのです。

 

モルドレッドはサクソン人が全員あの世に逝くまで戦いが終わらないのなら、自分がするべきことはサクソン人を一人残さずあの世へと送るだけだと思いながら鎧を脱ぎ捨てます。

 

敵が全員騒然としているとモルドレッドは剣とサクスを振るって敵達を次々と蹴散らしていき、あっという間にバルドゥルフスとの距離を詰めたのです。

 

遂にバルドゥルフスとの一騎打ちの状況になり、彼は槍による突き攻撃を繰り出し、モルドレッドは回避します。

 

バルドゥルフスは槍を振るってモルドレッドに一撃を叩き込もうとし、モルドレッドは大剣を地面に突き刺して防ぐと槍の柄に乗ってサクスの一撃を彼の左目を斬りつけるのでした。

 

スポンサーリンク

皆殺しのアーサー15話の感想と考察

単騎だけで敵陣に切り込んで、敵軍の大将と相対する事が出来るのは正直凄いの一言です。

 

本来ならクロウのような考え方が常識ではありますが、ランスロットはモルドレッドがブリトン人とサクソン人の血を引いていて、これまでの戦い方から考えて生き残って勝つと思っていたのかなと思いましたね。

 

実際、モルドレッドはサクソン人の戦い方が大体分かっていてかつサクソン人特有のパワーを生かして敵を全部倒して、バルドゥルフスの片目を切り落とすことに成功したのです。

 

ここからモルドレッドとバルドゥルフスの一騎打ちが本格的になって来ると思いますので、どんな展開になるのか気になります。

 

次回は、モルドレッドがバルドゥルフスに勝利するのではないでしょうか。

 

最期の描写から察するに、バルドゥルフスは左目を失ったと思われます。

 

左目を失ったと仮定するとついさっきまで見えていた左目の景色が全く見えなくなるので、死角が出来るという事です。

 

それ故にモルドレッドからしてみれば、この利点を生かしてバルドゥルフスと戦う事が出来るという事ですので、間違いなくモルドレッドに分があります。

 

バルドゥルフスも必死に抵抗すると思いますが、余程の事がない限りモルドレッドが勝つのではないでしょうか。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました