スポンサーリンク

チェンソーマン74話ネタバレ考察感想あらすじ!マキマと契約!どうなる早川!?

漫画ネタバレ

2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ2020年29号で、「チェンソーマン」第74話が掲載されました。

 

前話の「チェンソーマン」73話では、銃の悪魔の討伐遠征に不参加を表明した事でマキマに呼び出されたデンジ、パワー、早川の3人。

 

デンジ、パワーが銃の悪魔との戦いに参加したいと申し出たことで、なし崩し的に参加することを早川も決意します。

 

マキマから明かされた真実、それは銃の悪魔はすでに倒されているという到底信じられないようなものでした。

 

しかも、世界各国がその本体を分けて所持しており、その事実を上層の人間は知りながらも、不都合な出来事は銃の悪魔のせいにしている現状に言葉を失う早川。

 

そんな中、早川の中の未来の悪魔が、デンジによって早川とパワーが殺されるという未来を告げるのでした・・・。

 

本記事では、「チェンソーマン」第74話「波の言う事」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 73話 一覧 75話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

チェンソーマン74話のあらすじネタバレ

相棒である天使の悪魔に、早川は未来の悪魔から聞かされた未来のことを伝えます。

 

デンジがパワーと早川を殺す、と変えられない未来について聞かされた天使の悪魔は、何をして欲しいのかと早川に返します。

 

しかし、早川は未来のことではなく、自身の死後の話をするためにやってきていました。

 

両腕を失ったデビルハンターは退職勧告を受けますが、悪魔の場合には処分される可能性もあります。

 

そうなったときのためにと、早川は自分と岸辺からの推薦状を持ってきていました。

 

公安と契約する悪魔となれれば、生き永らえることが出来ると考えてのことです。

 

看病してくれていた人から、早川は公安一の悪魔嫌いだという話を聞いていた天使の悪魔は、噂とはずいぶん違うと驚きます。

 

早川は、明日銃の悪魔のところへ行くため、会うのは最後になるかもしれない、と挨拶を済ませます。

 

すると、天使の悪魔から、早川を死なせたくないから協力をしたいと申し出がありました。

 

マキマであれば未来を変える方法を知っているかもしれないと聞いた早川は、天使の悪魔を連れ出しマキマのいる海へと向かいます。

 

海へと向かう道中で、公安を止めて地球の裏側まで逃げられればデンジに殺されることは無いはずだと早川に提案します。

 

しかし、さらりと聞き流す早川に、天使の悪魔は不満そうな表情を見せます。

 

人間なんだからどこへでも行けると言われても、デンジやパワー、マキマがいるから離れないと言い切る早川。

 

マキマのことを好きなのかと聞かれ、好きだと即答する早川ですが、理由を聞かれた時にそれを応えることが出来ません。

 

海岸でマキマを見つけ、なぜこんな場所にいるのかと尋ねると、そろそろ来るかと人を待っていたと彼女は言います。

 

しかしそれは、早川のことでは無いとも。

 

早川は未来の話をし、デンジとパワーには幸せに生きて欲しいと願います。

 

そして、どんな悪魔とどんな契約でも交わすから力を貸して欲しいと懇願します。

 

マキマは笑顔を見せながら、私と契約しようと言い放ちます。

 

早川の全てと引き換えに力をあげると淡々と話すマキマに、開いた口が塞がらない早川。

 

しかし、マキマから契約することを命令すると言われ、天使の悪魔の顔色が変わりました。

 

それはかつて、天使の悪魔が人間達と暮らしていた小さな集落の記憶。

 

自分の好きになった人、好きになってくれた人、そしてマキマが過去にしたことの全てを、天使の悪魔は思い出しました。

 

突然集落にやってきたマキマは、かつて力を見せろと言われて断った天使の悪魔に対して命令をしました。

 

すると、天使の悪魔が意識を取り戻した時には集落の人間は全員絶命しており、しかもそれは天使の悪魔の仕業だったのです。

 

あの時と同様に、早川は迷うことなく契約するとマキマに返事をしてみせるのでした・・・。

 

チェンソーマン漫画BANKやpdf無料ダウンロード以外で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では漫画『チェンソーマン』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後ま...
スポンサーリンク

チェンソーマン74話の感想と考察

いよいよ銃の悪魔との決戦まで残すところあと1日・・・。

 

戦いの行方もそうですが、早川が見た未来の正体についても気になるところです。

 

さて、今回気になるポイントとしては、マキマのこと以外あり得ませんよね。

 

海岸で待っていたのは早川たちでは無かったということでしたが、では一体誰を待っていたのでしょうか。

 

考えられるのは、まずデンジです。

 

だとすれば、この後早川が契約を結びそうになるところをデンジが止める。

 

あるいは、マキマとの契約のせいで早川とパワーを敵に回して、デンジは戦うことになるのかもしれません。

 

もう1つあるとすれば、岸辺か早川なんてどうでしょうか。

 

彼らはマキマのことをよくは思っていません。

 

全ての黒幕であるマキマを討とうとやってくるなんてことも考えられます。

 

にしても、マキマが他者に自身の言うことをきかせられる力を持っているとなると、これまでの登場キャラ全員がマキマのシナリオ通りに動かされている可能性があります。

 

もしかしてデンジに興味を持っているのは、マキマの言うことをきかせられない人物であるからではないか、という推測も出来ますね。

 

段々と回を重ねるごとにマキマが悪役の様に描写されていきますが、彼女の狙いは何なのでしょうか。

 

マキマが悪魔だと判明した今、デンジを利用して何か世界をひっくり返すようなことを考えているのかもしれませんね。

 

引き続き75話以降も目が離せないですね。

 

<< 73話 一覧 75話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました