スポンサーリンク

アクタージュ96話ネタバレ考察感想あらすじ!白石の本当の実力

アクタージュ

2020年1月4日発売の週刊少年ジャンプ2020年6・7合併号で、アクタージュ96話が掲載されました。

 

95話では、まるで火焔山のように燃え盛るさまを見せる舞台上の夜凪たちに対して、観客たちは自然と引き込まれていきます。

 

しかしそれでも夜凪のうちに秘める感情は未だに行き場を失っていたのです。

 

そしてその時に登場してくるのが、三蔵法師の白石でした。

 

白石は一体どうやって夜凪に対峙するのでしょうか。

 

本記事ではアクタージュ96話「限界」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

アクタージュ96話のあらすじネタバレ

白石が登場するものの、夜凪の頭の中は花子のことでいっぱいになってしまっています。

 

お芝居のために、ひいては、花子のために、羅刹女として抱えている怒りをほどき、許すことをしなければならないことに対して、夜凪の中で死んだ母との顔が交互に思い浮かび、交錯します。

 

その気持ちがとうとう夜凪の行動に現れてしまいます。

 

まるで花子をその芭蕉扇で殴りつけるかのように振り上げるものの、それは花子にはもちろん当たらず、舞台上のリノリウムを叩くだけでした。

 

ふと我に返った夜凪はすぐに立て直すものの、共演者たちは気付いていました。

 

その一瞬、夜凪が芝居を投げ出しかけたこと、そして今彼女自身がかなり不安定な状態で演じていることに、です。

 

それを見ていた白石は、集中の欠落を一瞬で立て直す夜凪の精神力を驚異と称します。

 

さらに自ら怒りを煽り許して見せろと命じるその姿は、先ほどまで共に舞台裏に居た花子をほうふつとさせたのです。

 

だからこそ、花子の二の舞にさせるものかと、もう復讐の権化を生むものかと白石は考えるのでした。

 

羅刹女は何度も三蔵法師の仲間を刺しながら許せるかと問い、それに対して三蔵法師は優しく微笑んで許す、それが現在のシーンでした。

 

これは微笑みを浮かべて許すという三蔵法師に心を動かされた羅刹女が、牛魔王や孫悟空への怒りを封じ込め忘れることによって炎を鎮める解釈でもありました。

 

しかし現在、その解釈をするだけの余裕は夜凪にはなく、もちろんそれを分かっていながら花子はたきつけたのでした。

 

万事休す、舞台の破綻も考えられたその時、白石が動きます。

 

舞台裏で聞いた花子の話も踏まえたうえで、それでも夜凪をその復讐の権化にしてはならないと白石は思っていたのです。

 

この若い才能を失うのは役者人生が長い彼自身、かなり多く見てきたものだと思います。

 

それを再度、この舞台で、しかも演出家の勝手な都合でつぶされるのはもう見たくないのだと彼はずっと思っていたのです。

 

羅刹女よ、そういった白石の顔を見た羅刹女、夜凪はあっけにとられます。

 

何かを憎むような強い表情に、夜凪がひるみます。

 

なおもその表情のまま、貴方を許します、と三蔵法師は続けます。

 

それを見た黒山は、不思議がるチーム乙のメンバーに「泣いている赤ん坊をあやす方法」を説くのです。

 

泣いている赤ん坊を泣き止ますための方法は同じように泣いている赤ん坊を見せること、です。

 

自分と同じ感情に陥った人を前にすると、自分の醜さに気付いて我に返るという現象です。

 

これにより、しっかりと夜凪の意識が復讐から戻ってくることになったのです。

 

一時は舞台を投げ出そうとしたものの、自分の力で我に返り、さらに白石の力でなんとか演じる状態にまで夜凪が戻ってきたのでした。

 

白石の起点によって光明が見えたと、立ち上がりながら王賀美、市子、武光は心を決めます。

 

白石を含めた四人で、なんとか夜凪を御し、ラストシーンまでもっていくことをしっかりと決めたのです。

 

スポンサーリンク

アクタージュ96話の感想と考察

白石さんの本当の魅力、そして強さがあきらかになりました。

 

年の功、ともいうべきか、とっさの機転や判断力はぴかいちな印象を受けますね。

 

以前、任侠物の出演が多いとありましたが、このただにこにこしている人がどうやって任侠物で人気を取っているんだろうと不過ぎに思っていましたが、なるほど、この表情ができるのであれば納得です。

 

最近のテレビドラマでは任侠物はあまり多くはありませんが、いわゆるアウトレイジに出ている俳優さんなんかを見ていると、白石さんのような、普段はニコニコしているけれど、という俳優さんがいかに怖い存在かが分かりますね。

 

そして白石さんの想いもまた見えてきました。

 

この舞台において、出演シーンが少ないがゆえに裏で花子と会話することが多かった白石さんだからこそ、花子の想いも理解した上だったのでしょう。

 

しかしそれを良いこととはしない強さ、そして若い才能である夜凪を必死に守り、なんとか最後まで演じさせようとするその後輩への想いは、今の夜凪には伝わらなくともいつか必ず彼女自身が気付くはずだと信じています。

 

ここまで来たら、あとはきっと白石をはじめとする共演者たちがなんとか終演までもっていってくれると信じたいものです。

 

市子も武光も考えながら演じる、という気持ちは同じですし、白石、王賀美の目論見も大方功を奏していると言ってもいいでしょう。

 

次回が非常に気になるところです。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました